無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
pakkunさん、そうだ..
by ゼク at 11:52
何かの縁ですね。。。 ..
by pakkun-house at 20:17
Because here..
by Smithd214 at 04:16
wataru-wataさ..
by ゼク at 18:55
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:32
カギコメさんコメントあり..
by ゼク(管理人) at 18:54
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
いやぁ~、今日もいい天気!!
昨日の今日で悪いのですが、今日もいい天気!
今日は昼から自転車で1時間弱走ってきました!!

僕は自分の通ってた小学校の校区から近い場所に住んでいて自転車で行ける距離に
あります。今日は25年ぶりに通学路の旅をしてきました。

イチョウがキレイに紅葉していて本当に気持ちいい天気です!
特に紅葉は太陽の光で余計に輝いて見えますね!
c0145198_16113513.jpg

c0145198_16114874.jpg


最近思うのですが、僕らが小学校に通っていた25年~30年前と比べて格段に川の水がきれいになっている!
やはり法の整理のをした為に企業から出る汚水がキレイになった事と、下水道の完備により
家庭からの下水が川に流れなくなった為と思うのですが、みなさんの近くの川はどうでしょうか?
c0145198_16153311.jpg


この川もあの川も水が透けて底が見えています!
昔はドロドロの臭気漂うドブ川だったのに・・・・・。

この川は30年前は死の川と言われてヘドロしか無かった生き物のいない川でした!
それが今ではカモさんが泳いでいるではありませんか!小魚もいるんでしょうね!
c0145198_1617477.jpg


さて、学校に向かう通学路で昔はたくさんあった田圃が既に無くなっていることに気付きました。
その横を通るたびに田植えから稲刈りまで毎年季節を感じれたのに、川の水はキレイになったけど
田圃はなくなるって複雑ですね・・・・。

学校の横にある神社です!
小学校6年の時にこの神社で書いた絵が校内絵画コンテストで金賞に選ばれてから
横を車で通るたびに思い出しました!!ここは今も全くかわりません!!
明治時代からありそうな建物は寺子屋の跡と聞いていましたが、今は集会所のようです!
c0145198_16221858.jpg

c0145198_16223881.jpg

ALL PHOTO to EOS1D3 + TAMRON17-35mmF2.8-4


ここで、あるオバちゃんに会いました!そうですよく言われる「緑のおばさん」です。
子供たちの登下校時に安全を見守るっていう素晴らしい方たちです。

実はこのオバちゃんは私の同級生の母で既に30年間毎日立ち続けておられるのです。
もちろん僕が小学生の時も既に立っておられました!

そして今日僕は声を掛けました!
ゼク「おばちゃん!久しぶりやなぁ~」
オバ「って、あんたは??」

ゼ 「〇〇君の同級生です!毎日毎日本当にありがとう!!あれからずっと立ってるんですね」
オ 「あ~、うちの子の同級生か!声掛けてくれてありがとう!オバちゃんまだ頑張ってんで!」

ゼ 「ほんまに30年間も素晴らしいな!誰にも出来るもんちゃうで!ほんまに凄いわ」
オ 「なんで~や、オバちゃん、ただ立ってただけやで!な~んも凄ないで」

ゼ 「・・・・・・・・・・!」

そうです、このオバちゃんは自分の子を見守った後も今まで25年間、雨の日も雪の日も
毎日毎日、子供達を見守っているのです。計30年経った今でもまだ子供たちに声を掛けている

オ 「気~付けて帰り~や!」

この30年前と変わらない一言から果てしない愛情を感じます。
誰に頼まれた訳でもなく、誰の強制でもなく今もこれからも立ち続けるそうです!!

そして15分ほど、オバちゃんと話した帰り際、こう言われました。
「もう年金もらう年になってもうたわ、昔は若かったけどな!だからもう後30年は無理やなぁ~~」


その言葉には逆に後30年でもしたいと僕には聞こえました。
本当に尊い素晴らしいオバちゃん!いつもでも元気で子供たちを見守ってあげてください!


今日、秋風に誘われるまま自転車に乗り、本当に最高の一日でした。
by eos1d3 | 2008-11-13 16:39 | TAM 17-35mmF2.8-4 | Comments(10)
Commented by kotodaddy at 2008-11-13 17:45
小魚もいる川・・・・。それはすなわちカワセミも・・・(笑)。
私が通ってた小学校も結構近くて、徒歩10分もなかったですねぇ。
そこにもいましたよ、「緑のおばちゃん」。「緑のおばさん」って、口に出してみて
どうもしっくり来なかったのですが、ウチの方では「緑のおばちゃん」って呼び方
だったからだと判明しました(笑)。あれは小学校側で任命されて派遣されている
方だとばかり思っていましたが、ゼクさんのところの「緑のおばさん」は自主的に
立っておられるのでしょうか。雨の日・風の日、暑い日・寒い日。「今日はいい陽気
だねぇ」なんていう日は年間通じてもなかな無くて、大変な仕事ですよ、実際・・・。
Commented by ゼク at 2008-11-13 18:07 x
おそらく最初は地域の子供会かPTA関係だったかもしれませんが、今は子供が既に
40歳近いので関係ないと思います。ひょっとして何かの役かもしれませんが30年間は
本当に凄いです!もちろんボランティアだと思います。
ただ30年間立ってただけ、と言う言葉の裏には強い誇りのようなものを感じましたよ!
Commented by ジュニアユース at 2008-11-13 22:23 x
こんにちは。
素晴らしい方ですね、その「緑のおばちゃん」。誰にでもできることではないですね。
私が小学生の頃は、そんな緑のおばちゃんは見かけませんでしたが、それでも朝の
登下校時には、家の前を掃除している人や店の開店準備の人など、多くの大人の眼に
見守られて登校していたことを、今振り返ると思いだします。最近は、核家族化や
共働きの家庭が増えたせいでしょうか、子供たちの通学路に大人の眼が少なくなって
いるような気がしますね。先日、自分が通っていた通学路を歩いたことがあるのですが、
その辺りは高齢化が進み、店も無くなってしまっていたせいか、まったく人通りも無く
寂しいところになってました。市の中心部に近いところなんですがね。
今の息子の通う通学路にも、危ない交差点があって、地域の当番で順番に立つように
なってます。でも、当番に当たっていても、何かと理由を付けて出てこない人って、
いますよね。半年に一度くらいなんだから、皆で協力し合っていきたいものです。
Commented by ゼク at 2008-11-13 22:58 x
そうですよね!このオバちゃんは同級生のお母さんなので僕が小学生のときから知っていました!
卒業して中学生や高校になってもこのオバちゃんがずっと立っていることは知っていました。
この前の道は結構通るものですから。
大学、社会人になり僕もほとんど地元から離れずに生活していますのでこのオバちゃんは
凄いといつも思っていました。
そして今日、25年ぶりに声を掛けたのでした!
オバちゃんの言う「30年ずっと立ってただけで何もしてない」というこの言葉の大きさが理解できたと
言うことは、僕も大人になったという証拠かと自尊しました・・・(笑)

でも、本当に市の名誉賞をもらってもいいくらいの凄さです!
きっとオバちゃんは「そんなんいらんわ!」と言うに違いないですが・・・・。
Commented by パイロン at 2008-11-13 23:58 x
こんばんは。
紅葉が非常に綺麗に撮れていますね。
立派な地域の方がおられて、子供たちにとっても頼もしいでしょうね。
30年もの間、子供たちの安全を見守っているなんて、本当、名誉市民ですね。

良いお話と綺麗な写真に感動しました。
Commented by ゼク at 2008-11-14 00:02 x
どうもいつもありがとうございます!そろそろ平地でもイチョウが紅葉してきましたね!
眩しいばかりの美しさですね!!
オバちゃんもいつまでも元気でいて欲しいですね!
Commented by F1ましーん at 2008-11-14 00:05 x
こんばんは~!
凄いオバちゃんですね^^近所付き合いの薄れた昨今、
こういうエピソードは心温まります^^
いい1日だったようですね!自分も通学路を歩いてみたくなりました!
Commented by ゼク at 2008-11-14 00:11 x
僕は自分の小学校の校区とは少し離れたところに住んでいるのですが、
自転車で十分行ける距離なんです!
通学路を自転車で走ると(車ではダメですよ)懐かしい風景が蘇ります!!
汚かった川がきれいになっていること、たくさんあった田んぼがなくなって家が建ってること、
たくさんあった文化住宅がなくなり大きなマンションになっていること、全て変わっていることばかりでした!

ただ、このオバちゃんを見て変わらないものもあると実感しました!
いつも世にも「本物」は存在します!このオバちゃんは「本物」なんです。
Commented by 紅のぷた at 2008-11-14 00:22 x
こんばんは!
いいお話ですね~。
晩秋を飾るには十分すぎるくらいのお話です。
私もいまだ独り身の上実家で生活していますが通学路は方向的に通りません。
私がガキの頃はその辺の川?でするめを使ってザリガニを捕ったりしてましたね。
当時も緑のおばちゃんと呼べる方はいなくもなかったですが、基本的には交通安全運動の時期に各学区で親御さんが交代で交差点に立ち登下校の間送り迎えしてくれてました。
ただ、最近は交通安全というよりも防犯の意味合いで生徒を見届けているようです。
時には先生までもが一緒に送ってる光景を目にします。
そういう世相になったのかと思うと悲しくなりますが、こういうおばちゃんがいらっしゃるというお話を聞いて何だか暖かくなりました。

久しぶりに通学路を通ってみようかな・・・と思いましたが小・中学校ともに歩いて10分以内という好立地の私にはあまり思い出が残っていません(涙)。
Commented by ゼク at 2008-11-14 10:07 x
紅のぷたさん!どうもありがとうございます。
オバちゃんもいってましたが「アンタらが子供の頃は登校の列もずーーと長かったけど
今は子供も少なくなったわ」と言う風に児童数自体が減って寂しそうでした!
逆に変な犯罪ばかりが増えて、人をみたら疑えみたいなところがありますのでいい世の中じゃ
ないですね!

これから先30年経つとどうなるんでしょうか・・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード