無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
uemuraさん、書き込..
by ゼク at 10:23
ご無沙汰しています。 ..
by uemura at 09:30
wataru-wataさ..
by ゼク at 21:20
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 08:20
K先輩さん、ジュリエッタ..
by ゼク at 00:44
長い2年間になりそうです..
by K先輩 at 23:33
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
ローパスフィルタークリーニングW
レースを撮影して帰ってくるといつもガックリさせられることがあります。
それはローパスフィルターに付いたゴミがいつも同じ場所に写っていることです。
小さなゴミであればF8くらいまではほとんど写りこまない。逆にF8で写りこむってことは
よほど大きなゴミであることが多い。

ところが好天時に超スローシャッターを切ろうとすると絞りはF20を楽に越えることがあります。
そんな時は背景が薄い色の時、ハッキリクッキリとゴミが写るのであります。

まぁ、その日は既に撮影が終わって家でチェックしているのだから仕方ないが、次回からの撮影は
キレイな状態でしたいと思うのが普通の考えだろう。そこでセンサーをむき出しにしてブロアーで
吹いてもどうやっても取れない・・・・・・。僕の持っているデジタルEOSにはゴミ取り機構が付いて
いるのですがそれを何度やってもやっぱり取れない。

これはもう「アレ」しかない!!とそう決意して購入することにしました。
エツミのローパスフィルタークリーニングW(E-1675)であります。

c0145198_17152185.jpg


このタイプは粘着力の高いゴムのようなものでローパスフィルターに付いたゴミをくっつけて取る
という実に原始的なものであります。

Wとは大きく取れるものとスポット的なものと2本付いているからそういうネーミングになったようです。

もちろん、キヤノンのサービスに持って行けば保証期間内のカメラは無料で、それ以外のカメラは1050円で
1時間ほど待てばクリーニングしてくれるのでありますが、その持っていく手間と時間は結構ナーバスな
問題になります。しかも最も大事な撮影中に付いた場合はどうしようもないという事実が残るのであります。

当然、ゴミが付いても現像ソフト等で画像的に消すことは出来ても根本的な解消にはなっていないのが
よくわかると思います。



さて、どうしても取れないゴミを狙って約50~70gの力でペッタンしました!!
この力は家庭用のデジタル秤で何度も練習です!!
そして画像チェックするとゴミが取れているではありませんか!!
僕は嬉しくなって全部をきれいにしようとしました!それが凶と出ました。今度は最初になかった場所に
ゴミが付いてしまって取れなくなったのです。

後から分かったのですが僕は使い方を間違っていました。
このゴムのようなものに付いたゴミは写真右下の四角いパッドのようなもので取らなくてはいけなのですが
どうもこの四角いパッドには薄い保護ビニールが被せてあったようです。本当はそれを剥がしてそこに
ペッタンしなければならなかったのがその保護ビニールの上からペッタンしたものですから余計に
吸着面が汚れてしまったようなのです。
簡単に分かりやすく言えば昔学校に持って行ったギョウ虫検査のお尻ペッタンのあのテスターをビニールを
剥がさないでやったのも同然の愚行だったのです!(食事中の方すいません)


結局、最後はキヤノンサービスに持って行って1D3と5D2の両方をクリーニングしてもらいました。
1D3はミラー駆動部分のグリスが飛んでローパスフィルターを汚すという欠陥がありましたので
今回は保証期間外でも無料でグリス調整とクリーニングを両方してくれました。
5D2はまだ保証期間内なので無料でした。

これで家に帰ってチェックしてみると、それはそれはピッカピカになっているではありませんか!
さすがプロの仕事は完璧だと思いました。

しかし、僕は次回からまた失敗するかもしれませんが自分でやってみようと思います。
やってみた方ならわかると思いますがローパスフィルターって結構丈夫で固いのです。
もちろんセンサーの上に乗っているガラス製?の保護フィルターみたいなものだと思っているのですが
慣れれば誰でもできそうなくらいに頑丈に出来ているんですね!!

とは言ってもかなりの自己責任になって失敗しても間違いなく有償修理になるので自信のない場合は
サービスに持って行く方がいいと思います!!
by eos1d3 | 2009-07-15 17:23 | 徒然に | Comments(20)
Commented by wisteria_apr at 2009-07-15 21:20
こんばんは。
フィルターの清掃は結構勇気が要りますよね^^;
私は幸いにして暇が多い仕事なので、休みに行ってしまう事が多いですね。
値段も値段なので、何かあった時のショックが大きいですし・・・。

とはいえ、自分で簡単にできるのなら、わざわざ行かなくても良いのかな?
とも思ってしまう訳ですよね。プロは見事に綺麗にしてくれますね^^
Commented by パイロン at 2009-07-15 21:23 x
こんばんは。

私もスプーンで撮影したものに、ゴミが複数写っていました。
ソフトで修正できる場所だったのでOKでしたが、ドライバーのヘルメットにピントがバッチリだったのにゴミが~だったらショックですよね。クリーニングキットを購入したもののまだ一度も怖くて自分ではやっていません。元来不器用なので、レンズの保護フィルターで練習してるんですが、上手く行かないので本番に臨めません。ブロアー吹いてしまってあるので、明るい所で絞って撮影して、ゴミが飛んでくれる事を願ってます。
Commented by ゼク at 2009-07-15 21:24 x
wisteria_aprさん!もちろん次の撮影までに時間があればいいのですが
例えば土日の撮影で土曜日にゴミが見つかったとしてもどうにようもありません。

また次の日ゴミの付いたまま1000枚以上撮らなくてはいけないのです。
なんとかいい方法はないかと思って今回買ってみました。
ローパスフィルターは意外と丈夫な硬い素材なんですね。
まぁ、出来る限りやりたくないですがどうしようもない大物のゴミが取れない場合は
やってみる価値はあると思います!
Commented by ゼク at 2009-07-15 21:29 x
パイロンさん!この取れないゴミは絞って撮れば当たり前ですがいつも同じ場所に
全部写っています。現像ごとにソフトで消せばいいですが面倒です。
それにゴミをいつか取らなければ基本的にいつまでたっても解決しません。

一度やってみたらローパスFは結構硬いですよ。
最初はゆっくり、しかもスポット的にやれば簡単に出来ると思います!!
逆にブロアーで吹くとローパスFとセンサーの間にゴミが行ってしまうことがあるようです。
その場合はキヤノンですと12600円かかるそうです。
Commented by lappy_man at 2009-07-15 21:30
こんばんは。
田舎住まいの自分には、持ち込める選択肢のあるゼクさんがうらやましい・・・。

とは言いつつも、今のところはゴミがそれほど気になっていないので(単なる鈍感??)
何もしてません。

ローパスフィルターってそんな丈夫なんですね。
今度、買ってみようかな~。
Commented by ゼク at 2009-07-15 21:45 x
lappy_manさん!大抵この方式(乾式の吸着式)ではローパスFに押さえる強さは
50~100gと書いています。一度家庭用の秤(はかり)でエンピツを持って押さえてみます。
100gってちょっと押さえたら行ってしまうので本当に軽い力で押さえます。

おそらくローパスフィルターって触れたとこがある人は少ないかもしれませんが
昔、液晶の時計バラしたことないですかね??
液晶の上に硬いプラスティック製の板があると思います。あんな感じです。
結局、押さえつける力より、逆に引っ張って取るときの方が5倍以上怖いです!
この吸着率は表面積に比例します。ですので最初はスポット的に使うことをお勧めします!
Commented by MOGU at 2009-07-15 22:42 x
こんばんは。

すっかり鈴鹿は周回遅れになりましたが、写真見事ですね。流石です。
最近やること多すぎで、どうにも巡回してる時間が…

このペタンとつける便利なのは知ってましたが、抜かりましたね?!
一個持ってると、現場で出来る手軽さはありそうですね。

私のは完全にプロ用のKITなのでアルコールでやりますから、手軽ではないです。
ただ、清掃すれば完璧に綺麗になりますよ。
ゼクさんのコメントにもあるように、練習すればそれ程恐れるものではないと思います。

勿論自己責任ではありますが、私もお金が惜しいより、待つ時間が嫌です。


Commented by なんちゃってブルーズマン at 2009-07-15 23:47 x
こんばんは~
ゴミは重大な問題ですよね・・・。
私は、先日レンズの修理と一緒にピント調整・センサーの清掃をCANONでやってもらったので
安心していたんですが・・・。
ゴミ、写ってました・・・。
かなり、凹みましたよ(涙)

で、ゼクさんのおっしゃるとおり、いちいちSCに持って行くのはメンドーなので、
私も自分でローパスの掃除をしようと思っていました。
本当にタイムリーな記事です!

今度、買って来ようと思います!
Commented by ゼク at 2009-07-16 00:32 x
MOGUさんのBLOGを見て僕も考えていました!僕の場合アルコールはやっていませんが
別にアルコールでも出来そうなくらいにローパスフィルターは硬かったです。
普通に売っているローパス洗浄用のアルコールを買ってやってみようかと思いました。

おそらく思っているよりは簡単だと思います!ただ拭き残しがないか最初にガラスか
なにかで練習したほうがいいかもしれませんが基本的にアルコールなので大丈夫と思います!
Commented by ゼク at 2009-07-16 00:36 x
なんちゃってさん!レンズを交換している限りサービスセンターで洗浄してもらっても
次の瞬間で入る可能性もあります。例えば旅行に行っていたらずっとゴミは写りっぱなしです。
これほどの苦痛はないですよね!もちろんブロアーで取れればいいですが・・・・。

この粘着棒だととりあえずは取れます。本当はアルコールも持っていたほうがいいかも
しれませんが今はこれだけです。だいたいキヤノンでもサービスセンターでキットが
売っているくらいだからそんなに難しくはないと思うのです!
Commented by カメハッピー at 2009-07-16 05:57 x
ニコンのクリーニングキットを使っていますが、あれは基本的に水拭き、雑巾掛けみたいなもので、上手に拭かないと隅に寄せられたゴミが残ることもしばしばあります。ぺたぺたはラクチンそうですね、今のは面倒くさいのでこっちに変えてみることにします。
Commented by saito at 2009-07-16 09:56 x
こんにちは~いつも楽しく拝見しています。
センサー清掃は気使いますね、私もニコンキットのシルボン氏で拭き拭きした後DDProで清掃していますが、
やはり一度では綺麗にならないです。
エツミのローパスフィルタークリーニングも良さそうですね、次回正しく使われたときご感想教えてください。

>ギョウ虫検査のお尻ペッタンのあのテスターをビニールを・・・
確かに納得できる例えで笑えました。^^)
Commented by kotodaddy at 2009-07-16 11:19
おっ、買ったんですね^^
いやー、紙で一回ずつキレイにしてからという事を付け加えるのを
忘れていました^^; あの紙はちょっとベトついていて、グミ部分(笑)に
付いたゴミを取ってくれるんですが、粘着性を維持する為に透明の
シートがかぶせてある形になってるんですよね。
Commented by ゼク at 2009-07-16 11:27 x
カメハッピーさん!このタイプのものはやっぱり油系のゴミは取れないみたいです。
ようするに乾いた普通のゴミに有効で吸着面に付いたごみをしっかり取らないといけないみたいですね!
Commented by ゼク at 2009-07-16 11:30 x
saitoさん!このキットは2本入って3980円でしたので購入しました。
まぁ、この類似品もそうですが原価は一体なんぼやねん??って言うくらい粗利率が
いいですよね!しかし付いたゴミを取るほうのパッドに薄いビニールが張ってあったなんて
気がつきませんでした。なるほどきれいになる訳がないです。
saitoさんところからもおそらく中之島のSCまで1時間以内と思います。
クリーニングに失敗したときはすぐに駆け込む用意はできています!
Commented by ゼク at 2009-07-16 11:32 x
kotodaddyさん!事前にいろいろありがとうございました。
しかしくっつけた時より離す時の方が不安がありますよね??
次回はしっかりやってみようと思います!!
Commented by マスター紅 at 2009-07-17 00:58 x
こんばんは~。
私が最後にローパス清掃してもらったのは確かGT開幕前だったような気がします。
それからはあまり撮影できてないのとそこまで絞り込んだ撮り方をしてないので自分では気づいてないですね。

いつもは時間のある時にキタムラ経由でSCへ送ってもらってます。
こういったアイテムは昔から色んなところから発売されてますよね!
私自身は手先が不器用なのでやはりリスクを考えてプロにお願いする事にしています(笑)。

近々大阪方面に行くのでその時ついでにSCに行ってみようかな~。
Commented by photomoments at 2009-07-17 01:23
ゼクさん、こんばんは。
クリーニングキットを買われたんですね。
私にはローパスフィルタークリーニングを自分でやる勇気がありません…。
1D3はセルフクリーニングしてくれるから、かなり気にならなくなりましたけど、
この時期、砂塵舞う球場で連日撮影していると、やはり写り込んでいました。
野球の大会が終わったら、西梅田に持っていって清掃をしてもらいたいと思っています。
Commented by ゼク at 2009-07-17 09:46 x
マスターさん!おそらく絞りも9くらいまでなら大丈夫と思うのです。
しかしピーカンで超スローSSにするにはほとんど最少絞りまでいきますので
どうしてもゴミが目立ちます。もちろんNDを付ければいいですが瞬時に
着けたり外したりできないので難しいですね。

このクリーニングですが自信がない場合は絶対にやらない方がいいと思います。
やってみた感じ的に失敗はしそうな感じではないですがやっぱり気持ちいいものではありません。

僕の場合、旅行中に大きなゴミが付いた時限定で使おうと思っています!
Commented by ゼク at 2009-07-17 09:47 x
photomomentsさん!おそらく1D3は大きなゴミはつきにくくなっていると思います!
でも絞ればいつも同じ位置にゴミがあるのが分かります。
まぁ、ちょっと取るにはいいかもしれませんが、自信がない場合は絶対にやらない方が
いいでしょう。別にゴミが付いたままでもソフトで消せますので!