無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
青春の一曲
僕には忘れなれない曲があります。

それは僕が高校受験に向けて成績が落ちてきたので、それまで通っていた進学塾をやめて
家庭教師をつけた事に始まります。

時期にして僕が中学3年生の春、1985年の5月くらいだったと記憶しています。

当時、立命館大学の3年生だった人が僕の人生最初で最後の家庭教師の先生になりました。
それから、マンツーマンによる受験勉強が始まったのですが、問題はここからなのです!

その先生は趣味でフォークギターを弾いておりました!
当然、時間が経って打ち解けてくるとそう言った趣味の話もするようになります!
そこで、ギターの話にも当然なって、

先生、「ギターはええでぇ~、ゼク君も始めたらええねん!受験勉強の合間に教えたるでぇ~」

僕、「そうですかっっ!それは良い考えですね!今、学校でギターが流行っているから僕もやりたいです!」

てな、具合で受験勉強も最後の追い込みに入らねばならない中学3年生のクリスマスにギターを買うことに
なったのです!まぁ、それはタイミングの悪いこと!!僕は勉強よりギターにのめり込んでしまったのです!

まぁ、何とか高校にも受かったのですが成績は上がることなく中学を終えました・・・・・・。

両親は今でも、あの先生はアンタに勉強よりギターを教えたっっ!と呆れ顔で言っていますが、
僕にとってそこから25年経った今でもギターを9本所有し毎日ちょっとでも弾いていることから、
あの時、先生に出会ってギターを始めたことは、人生の財産だったと思っている。

そんな先生も僕が高校に進学したときに、大学4年生で就職が決まったらしく別れを言いに来ました。
「就職が決まって、東京に行ってからは転勤の生活になると思う」との事でした!
1986年の夏ごろでしょうか・・・・?あれから早くも24年!一度も再会出来ておりません!
僕が既に39歳!先生はさらに中年で45~6歳になっているはずです!

そんな先生と25年前に勉強の合間によく聴き、練習した曲が、
先生の大好きだった、浜田省吾さんの「丘の上の愛」であります。
ハマショウの中でも名曲中の名曲に挙げられており、1980年の作品と言う事で私よりちょっと年上の
方には思い出深い曲ではないかと思うのです!この曲好きなかたおられますでしょうか??



曲の題名になっている「丘の上」とはお金持ちが住む場所という事です。
笑顔一つでどんな恋でも簡単に手に入れることが出来た彼女は、貧しいのが嫌でやがてお金持ちにへと
嫁いで行きます。でも、たった一度だけ彼女が愛した人は夢以外は何も持たない貧しい学生でした。
曲の内容では、きっと彼女は丘を駆け下りてくることはなかったんでしょうね・・・、

中学生ながら、本当に良い歌だと思いました。
このYouTubeの「丘の上の愛」は1981年のものと書いてあります。
ほとんどLPの原曲に近い演奏で、僕にとっては当時を思い出す最高のバージョンです。

この曲を聴けば、25年前に一気に戻ります。

今考えたら、僕にとってギターとは日常生活の一部になっている。
あの時、先生との出会いがなかったらギターを弾くこともなかったに違いない。
もう一度、先生に会ったら9台のギターを見せて「ありがとう、ございました!」と言いたい!

狭い団地の部屋でギターを教えてもらった事を決して忘れてはいけない!とこの曲を聴くと当時が
思い出されてならない・・・・。
by eos1d3 | 2010-04-15 09:54 | 徒然に | Comments(10)
Commented by group_c at 2010-04-15 13:44
こんにちは。
楽器は全くダメな私ですが、浜田省吾はよく知ってます!
4歳上の姉が聴いてると強制的に耳に入ってきました。
そんな私に刺さった曲は「東京」です。
当時の曲は綺麗な作品とドギツイ作品が極端な記憶がありますが、
「東京」は後者でした。
うろ覚えですが、
高速道路の下で生まれて、地下鉄の上で死んでいく
という詩がグサリと子供心に刺さり、今でも印象に残っています。
一般的に浜省の名曲といわれるものは綺麗系なのですが、
私は鋭くて危うい浜省作品が好きだったりします。
ちょっと変わってるかも知れませんね。
Commented by ゼク at 2010-04-15 13:55 x
group_cさん!僕もこの「丘の上の愛」「東京」の入っているLP「Home Bound」しか
知らないので東京は知っていますよ!
なかなかインパクトのある曲ですよね!

浜省はほとんどTVで見ることがないですが、自分のスタンスを守っている
数少ない「本物」のニュージシャンの一人だと思います。
Commented by wataru-wata at 2010-04-15 17:48 x
こんばんは!

青春の一曲・・・。私には何でしょう???音楽は聴いていましたが、BGM的要素だったので”あぁ~、これ知ってる!”と答えられても歌手や曲名を答えられないんですよ(汗)なので、”思い出の一曲!”とかってエピソード付きの話を聞くと羨ましいです。でも、強いて言うなればエルトンジョンでしょうか。伴奏等のピアノに”上手だな~”と思った事を覚えています。ただ、歌詞は全く分からなかったですけどね(笑)
Commented by ゼク at 2010-04-15 17:55 x
wataru-wataさん!青春の一曲というのは誰にでも何曲かあると思うのですが、
やっぱりいいもんですよね~!最近は家でじっくり歌を聴くことがないので
余計にどこからか流れてきたらドキッっとします!
Commented by tetra_k at 2010-04-16 01:17
masaです!
浜田省吾、レンタルレコード屋で借りてよく聞いてました!
今は、You Tubeがあってなつかしの曲がすぐ聴けるから便利ですよねー。
私の青春の1曲は佐野元春の「SOMEDAY」です。
初めて自分のこづかいで佐野元春のコンサートに行った時の感動は、今も昨日の時のように覚えています。
私も昔バンド組んでたりして、へたくそながら今もアコギをポロポロひいてるんですよー。
Commented by ゼク at 2010-04-16 09:37 x
masaさん!そうですよね、僕らの時代はレンタルレコードですよね!!
返すときにレコードをチェックしてスプレーをかけるんですよね!!懐かしいっっ。

SOMEDAYは最近でもCMで流れていましたね!
僕は最初に買ったCDがカフェボヘミアなんですよ!

それにしてもmasaさんがギターを弾くとはしりませんでした!
Commented by wonderfullifewith at 2010-04-16 22:22
ハマショーは大学生の頃、ドンピシャでした。
友人から教えて貰って聴いたのですが、ブロークンハート(笑)にぐさっと刺さってくる歌詞は、本当に強烈でした。
夏休み、アルバイトに向かう車の中は勿論「マネー」がガンガン響きまくっていました。

今もビッグマネーを手に入れることもなく、細々と日々の暮らしを送っています。
Commented by yasumari1018 at 2010-04-17 00:19
ハマショーは私が高校時代からはまって、今も聴き続けています。
私が日本人アーティストの中でもっとも好きな方です。
コンサートにも何度も足を運びました。
「丘の上の愛」も当然知っています。
何というか、メロディーでだけではなく、歌詞を本当に大事にされている方ですね。
浜田省吾かかつて語っていました。
「メロディーは洋服のようなファッション性の高いもの、歌詞は人間で言えば内面を表す人間性のようなもの」この言葉に妙に納得しました。
また機会があればハマショーについて語りましょう。
Commented by ゼク at 2010-04-17 04:11 x
wonderfullifewithさん、この歌は本当にいいですよね!
僕も中学生の時から聴いていますが今でも大好きです。
ハマショーはなかなかTVで見ることができないのでYouTubeの映像は貴重ですね。
Commented by ゼク at 2010-04-17 04:16 x
yasuさんがハマショーの大ファンであることを全く知りませんでした。
僕はそう言う理由で「HomeBound」だけを知っているのですが、素晴らしい歌詞ですね!
特にこの丘の上の愛の中に出てくる、「だけど9月の雨の夜君は、丘の上に住む誰かの
氷のような腕に抱かれて、未来を手に入れた愛と引き換えに」というところは胸を突き刺しますね!
この歌のテーマは永遠に不滅です。どの時代でも人の心を揺さぶる名曲になると思います。

それは、自分のスタンス、アイデンティティを大事にするハマショーですので、余計に
深く突き刺さるのでしょうね。彼は本物のシンガーですよ!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード