無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataru-wataさ..
by ゼク at 21:20
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 08:20
K先輩さん、ジュリエッタ..
by ゼク at 00:44
長い2年間になりそうです..
by K先輩 at 23:33
wataru-wataさ..
by ゼク at 19:50
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:38
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
先生、ありがとうございました。
高校1年から40歳になった今まで本当にお世話になった先生との最後のお別れから戻ってきました。
思えば最初に先生に出会ったのは高1の入学式の前の日でしたか??
初めての高校登校にドキドキして、どんな担任かな?と楽しみにしていましたが、自分のクラスの前に
立ったのは本当に怖そうなスポーツ刈りの男性教諭でした。
そして怖そうなこの先生と、25年間の長いお付き合いが始まるのです。

高校では1年生と3年生の担任をしてもらいました。
そして何より高校3年の時のクラスが僕の人生で大きな意味を持ったのは妻の存在と友人夫婦の存在があるのです。
僕は毎朝、早めに家を出ていましたので教室に着いてもほとんど誰もいませんでした。
妻も早めに着ていたのでよく話をしていました。まさかそのときこの同級生と結婚するとは夢にも思っていなかったですが、
実際にそうなったのです。それと、さらに妻の友人と私の友人も結婚したので同じクラスから、2つの夫婦が
誕生したことになります。私達夫婦は1995年に、友人夫婦は1997年に結婚しそれぞれ先生に仲人をお願いしたのでした。

1995年から2年間は私達夫婦だけで先生のところに年2回、お中元、お歳暮を持って遊びに行きました。
1997年からは友人夫婦も入れて4人に増えました。さらに1997年以降はお互い夫婦に子供が出来ましたから
5人になり、6人になり、7人になり、最後は8人で行くようになりました。
そうやってどんどん増えていく私達の子供にも行くごとにプレゼントをしてくれてまさに生まれたときから
先生に大事にされてきたのです。


c0145198_1327596.jpg



最後のお別れをと、棺の中にお花を入れて、「先生、25年間どうもありがとうございました」と心からお礼を言いました。
私の瞳からは止めどなく涙が溢れました。そして、最後にもう一言、「お世話になりました・・・・。」とお別れを言いました。

私は常々感情を表さないとよく人に言われますが、私の今となってはたった1人の先生を亡くしてその重大さが
ふつふつと込み上げて来たのです。これで本当の意味での高校生からの卒業かもしれません。
先生の前では我々夫婦はいつまでも高校生であり、先生の生徒でした。

この辺りで、高校の思い出を一区切りつけて新たに歩いていかねばなりません。
先生本当に、25年間どうもお世話になりました。そして、ありがとうございました。

私達夫婦と子供達、また友人夫婦とその子供達もしっかり歩いていきますよ!大丈夫ですよ!!


さようなら。

 

 
by eos1d3 | 2011-05-16 19:30 | 徒然に | Comments(12)
Commented by sky at 2011-05-16 21:33 x
いい先生に出会えたんですね。
Commented by ゼク at 2011-05-16 21:39 x
skyさん、どうもありがとうございます。
そうですね、40歳にもなれば高校や中学の先生との付き合いもなくなると思いますが、
うちの場合は本当に稀なケースだと思います。今でも色々思い出しますよ~~
Commented by すずかのパパ at 2011-05-16 22:06 x
blogを読んでいて涙が出てきそうになりました。
あのとき、鈴鹿で ここに書かれたなれそめを説明していただき、その時に訃報を聞かれていたにもかかわらず、ピットウォークに行かれたんですが、本当は直ぐにでも駆けつけたかったんだろうと、今思えばそう感じます。なので急遽予定を変更して大阪に帰られたんだと...

私は母校の近くに住んでいて、3年間お世話になった野球部の顧問の先生と今でも会います。時々食事にも連れて行ってくれます。
これまでは”恩師”と言う人が分からなかったんですが、高校を卒業して19年。恩師が分かった気がします。先生というのは、いつまでも忘れない存在だと思いました。
最後に涙を流してくれる卒業生がいる。先生も幸せだったんだと思います。
ご冥福をお祈りいたします。
Commented by MOGU at 2011-05-16 22:11 x
こんばんは。

心よりご冥福お祈りします。
でもゼクさん夫婦は良い先生に巡りあえて幸せでしたね。
人間最後にどう生きたかが現れると思ってます。

ゼクさん夫婦の想いは先生にもきっと届いているでしょし、そいう生徒を
送り出した先生の人柄が偲ばれます。
Commented by ゼク at 2011-05-16 22:47 x
すずかのパパさん、どうもありがとうございます。
土曜日が終わりホテルをキャンセルして帰っても良かったんですが、
当日はキャンセル代がかかるので泊まって、朝一番で帰りました。

先生の前ではいつまで経っても生徒なんですよね!25年経っても生徒なんです。
だから会っていても楽なのかもしれません。何も飾る事無く生徒でいればいいのですから!

もうこれで僕にとっての先生はいなくなりました。寂しい限りです・・・・。
Commented by ゼク at 2011-05-16 22:50 x
MOGUさん、僕にとっては先生は一人ですが、先生は長い教師生活で
たくさんの教え子を持っています。上は50代の方、下は20代の方、本当に
たくさんの教え子が来ていました。

お葬式に出て最後のお別れが出来て今は良かったと思っていますよ!
Commented by group_c at 2011-05-16 23:57
こんばんは。
かけがえのない恩師とのお別れ、色々な思いがあったことでしょう。
土曜日に訃報があって大阪に帰られると聞いた時に
本当に大切な方なのだろうな、と想像する事しか出来ませんでした。
最後のお別れに行き伝えた思い、必ず届いていますよ!

心よりご冥福をお祈り致します。
Commented by ゼク at 2011-05-17 00:26 x
group_cさん、普通なら日曜日の決勝終ってから帰って
お通夜終ってからでも行くのですが、さすがにそう言うわけにも行かずに
すぐに帰りました。私の担任、仲人と言う事で私達夫婦の両親も同時に25年の付き合いです。
この訃報を両親に告げると、両親とも「すぐに鈴鹿から帰りなさい」と言われました。
もちろんそのつもりでしたので「すぐに帰るよ」と答えました。

今頃先生は星になって輝いていることでしょう。
Commented by Aero08 at 2011-05-17 03:00
こんばんは。
恩師ですか。辛いですね・・。
心よりご冥福をお祈りいたします。

僕も小1-2年と担任をして頂いた先生は、恩師とも言える方で
転校前の自分に色々な事をしてくださいました。
年賀状も最近届いてないので、少し気になりました。
Commented by ゼク at 2011-05-17 13:39 x
Aero08クン!どうもありがとう!!
いやぁ~、高校一年から40歳になった今まで付き合いのある先生は
この先生だけなんですよ!ようするに今のAeroくんの年から40歳までお世話になるって
ことなんで、いかに凄いかわかるでしょう?

Aeroくんの先生もお元気ならいいですね!
Commented by benkei-5523 at 2011-05-17 15:48
ゼクさん、こんにちは。
2日間一度もお会いできないと思っていたら、辛い週末だったんですね。
故人との25年間の思い出も一生の宝物ですね。

故人のご冥福を心よりお祈りいたします。
Commented by ゼク at 2011-05-17 18:55 x
benkeiさん、鈴鹿は土曜日に帰りましたのでお会いできませんでしたね!
でもFNとバイクの2本だけでも本当に空いていましたね・・・。


25年間お世話になって本当にありがとうございましたと言いたいです。