無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
それにしても暑い
c0145198_19433013.jpg




それにしても毎日暑い。暦の上では秋になっているはずだがまだまだ日中は30度を越えている。
稲刈りも始まり、もう一ヶ月もしたら朝晩は寒さも感じるだろう。

今年はほとんど写真を撮っていない。
この写真は4年前の写真であるが、この頃はよく写真を撮りに行った。
機材はEOS -1DMarkIII + SIGMA 50mmF1.4である。
4年経ってもこの機材はまだまだ僕の主力機材である。

昨今、キヤノンもニコンも優れたデジタル一眼やレンズをたくさん発表し発売している。
私も2年前にEOS-1DMarkIVまでは追いかけて行ったがその後、機材に対する物欲は消えていった。
どうも、写真と言うのは機材だけでは表現できない何かがあると気付く。

同じ人が同じ場所で同じ機材で撮影しても、露出やシャッター速度、そして何より切り取り方で
全く違うモノに仕上がる。まさに個性が出るのである。
きっと写真の上手い下手というのが存在するなら、これらの全ての要素を掌握し、頭の中に像を作り出し
それを、出来る限り忠実に再現できる能力が長けてるかどうかで決まるような気がする。
もちろん、事前に頭に浮かべた像にセンスがなければいけないが・・・。

まず、優れた作品をたくさん見て、また美しい景色を目の当たりにし、その中で自分の中でそれを醸造し
限りなく像と近いものを生み出す。
磨かざるべきは、感性であり、美しい景色を把握するセンスである。

う~む、どれも本当に難しい。
でも、だから写真は誰からも愛されて、その愛好者は数多である。
例えば、今年のキヤノンフォトコンの入賞作品が発表されたらそれをじっくり見てみよう。
作者の写真に対する真摯な気持ちと、純粋な心が垣間見られるであろう。
by eos1d3 | 2012-09-14 19:58 | 徒然に | Comments(2)
Commented by 御多忙男 at 2012-09-15 09:09 x
能勢の長谷ですな!ここにはちょっとぼけたおじいさんがいて、エンドレスでこの付近の解説をしてくれたなあ!
この茅葺の家の人は、無礼なカメラマンもいて、迷惑してると言ってました。写真撮影の礼儀はきっちりしないといけないですね。
Commented by ゼク at 2012-09-16 10:11 x
御多忙男さん!僕が行ったときは既に稲刈りがおわりかけで
撮影しているのは僕一人でしたが、ここは有名なのでカメラマンは多いと思います!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード