無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
uemuraさん、書き込..
by ゼク at 10:23
ご無沙汰しています。 ..
by uemura at 09:30
wataru-wataさ..
by ゼク at 21:20
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 08:20
K先輩さん、ジュリエッタ..
by ゼク at 00:44
長い2年間になりそうです..
by K先輩 at 23:33
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
F1世界選手権 第15戦日本グランプリ Sunday
ついに迎えた決勝。
F1世界選手権の決勝を目前にしていつもと違う鼓動に戸惑う。

やがてフォーメーションラップが始まり各車グリッドにつく。
可夢偉が好スタートを切ったのは分かったが、2コーナーにたどり着くまでに数台かがクラッシュしたようだ。

ヘアピンで構えたいた私の前をセバスチャンが一番に通り過ぎ、続いて可夢偉がやってきたのだった。

c0145198_19245299.jpg
c0145198_19252411.jpg
c0145198_19253561.jpg
c0145198_19261295.jpg



残り10ラップになっても可夢偉選手は已然表彰台圏内の3位だ。
サーキット内の全ての可夢偉ファンが「ひょっとして?」と思い始めた。
4位を走るバトン選手もジリジリと間を積めて来る。

まわりで観戦している人も撮影している人も、もう浮き足立っているのが分かる。


ファイナルラップ

可夢偉は確かにまだ3位である。
c0145198_19412957.jpg


次の瞬間、サーキットが沸き返る。
c0145198_1944327.jpg


日本人22年ぶりの表彰台が決まった瞬間だ!!
数分後、誇らしげに腕を挙げた可夢偉がスプーンにあらわれた。
c0145198_19433148.jpg




c0145198_19445935.jpg



初めて行ったF1決勝で、22年ぶりの日本人表彰台に包まれることになった。

最後にもう一度。
これはF1世界選手権である。
素晴らしい瞬間を共有することが出来て、実に幸せな週末であった。




撮影機材
1:EOS-1DMarkIII + EF70-200mmF2.8LIS
Others:EOS-1DMarkIV + EF500mmF4LIS
by eos1d3 | 2012-10-10 19:53 | EOS1DMarkⅣ | Comments(4)
Commented by wataru-wata at 2012-10-10 21:00 x
こんばんは!

サーキットの興奮が伝わってきました!!!
最後のトロフィー片手のシーンは、サーキットに足を運んだ者だけが共有する事が出来る瞬間なのでしょうね。

可夢偉も、もっともっと上位のチームに移籍して、活躍して欲しいですね!!!
Commented by ゼク at 2012-10-10 21:15 x
wataru-wataさん、実際はSUPER GT等とは撮影場所が
比べものにならないくらいに少ないので苦労しました。
しかしこれはF1です。
見れるだけで最高です!
Commented by 御多忙男 at 2012-10-11 09:19 x
ピットでの可夢偉の写真、同じ場所にいたのにSDカードのトラブルで撮れませんでした・・・
今回一番残念な出来事でした・・・
Commented by ゼク at 2012-10-11 21:59 x
御多忙男さん、僕もこんなに早く出てくるとは思わずに
一瞬撮り損ねるところでした。