無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
使いこなし
僕は常々、人と違っているとよく言われる。
それはおそらく考え方が変わっているからに違いないと思う。

例えば、何か趣味になるものでも何でもいいから買おうとする、するとよく考えるのは
そのモノの100%有意義な使用方法はどうなんだろう?逆に考えたらそのモノは僕に買ってもらって
満足しているだろうか?と言う事である。

c0145198_20215548.jpg



僕は今まで趣味と言えば、ゴルフ、写真撮影、時計収集、ギターを弾く&集める、車運転と
こんな感じであった。

ゴルフならプロが使うような高級アイアンやドライバーを買っても、ハンデー18程度では使いこなせない。
写真撮影なら、EOS-1DXに高級Lレンズをつけてもプロのように上手く撮れない。
ギターなら100万円以上もするMartinのギターを買っても押尾君のように上手く弾けない。
車なら300ps以上のスポーツカーを買っても、公道で走る限りはその動作能力を出せない。

これらは使い手を完全に選ぶ趣味である。
ようするに買われた人によってそれらの本来持つポテンシャルを発揮できるかどうかはそのオーナーの
技量に身を委ねなければならない。

しかし、時計はどうだろうか??
時計は腕にはめて時間を読むだけで100%使いこなしているとは言えないだろうか?
例えば100万円の時計でも、1000円の時計でも1日にそう狂うわけではない。
逆に言えば、「時間を計る」機械であるから時間さえ正確に測定出来ればそれでいい訳である。


携帯電話がもう完全に普及して何年経つだろう。
多くの人は時間を携帯電話で知るという。
しかし、僕はだからこそ腕時計が好きである。

時計だけは私でも、100%使いこなせることが出来るからである。
by eos1d3 | 2012-12-12 20:43 | 徒然に | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード