無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
pakkunさん、そうだ..
by ゼク at 11:52
何かの縁ですね。。。 ..
by pakkun-house at 20:17
Because here..
by Smithd214 at 04:16
wataru-wataさ..
by ゼク at 18:55
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:32
カギコメさんコメントあり..
by ゼク(管理人) at 18:54
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
中学 卒業式
c0145198_19475346.jpg



娘が名前を呼ばれ返事をした。
やがて彼女に義務教育終了の、そして同時に新しい旅立ちの門出の証しとなる
卒業証書が校長先生の手から渡された。

小学校から9年間見慣れた仲間たちともついに訣別の時を迎えた。
4月からは別々の道を別々の歩幅で歩んでゆくことになる。

それは私達保護者も同じことが言える。
学校に行けば馴染みのお父さんお母さんがいて、9年間のお付き合いに感謝を述べあった。
小学1年生のヨチヨチの子供だった彼らがもう親の背丈にも達し立派に成長したことを喜び合う。
娘は小学時代は1クラスしかなかったのでずっと持ち上がりで当然保護者も知った顔ばかりだった。
子供たちの別れは同時に親たちの別れでもある。


今日、ここで別れた級友は永遠ではなく、もう二度と会うことが無い事がまぎれもない事実である。
昨日まで当たり前にいたことが、明日からはそうではない激動の季節だろう。
しかし、次の新しいステージに立ち、新しい仲間を見つけることこそが人生の喜びの一つだと思う。


式の後、卒業生は校庭に集まり互いに喜び合い、写真撮影をする。
義務教育からの卒業。
つまり、教育を受ける権利からの卒業である。
これからは、少し自由になるかもしれないが責任も負わなければならない。
学業を怠れば留年もするし、学校に行かなければ退学にもなるだろう。
卒業が当たり前ではなく、自分の努力によるものだときっと知るだろう。

春になれば、電車に乗り未知の世界へ通うことになる。
高校の同級生と結婚した私としては、高校の3年間は実に充実したものであったと記憶している。
娘もまた、一生涯の親友と呼ばれる仲間を一人でも多く見つけて欲しいと願います。


卒業証書を持った子供たちの残像は、何年たっても記憶に残るだろう。
26年前同じく中学の卒業式で別れて以来、決して会うことのない仲間達のように・・・・・・・。
by eos1d3 | 2013-03-14 20:36 | EOS5DMarkII | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード