無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

BLOGリンク
another piece of my life
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
2013年 全日本選手権 スーパーフォーミュラ開幕戦 KONDO Racing編
そもそも私がなぜサーキットに行っているかを、初心に戻って整理しなければならない。
それは、KONDO Racingを応援するためであった。
まだ何も知らなかった私は2006年真夏の鈴鹿サーキットに行った。
その年からSUPER GTに参戦したKONDO Racingを応援するためだ。
もちろん企画したのは妻である。

妻は監督のデビューからの大ファンで、就職、結婚、出産と監督の現役レーサー時代は
サーキットに行くことが出来なかった。そこで監督が2005年に芸能25周年を記念して
活動を再開したことをきっかけに、今まで行けなかったサーキットにも足を延ばそうと決意したのだった。


それから、私は見るだけでは事足りず、カメラ機材を買って撮影を初め、2009年国内初優勝岡山SGT
2010年開幕戦鈴鹿SGTにも現地観戦でき、2013年を以ってしても出来る限り現地応援しようと
考えているものであります。

c0145198_1102132.jpg
c0145198_112288.jpg

c0145198_11242348.jpg



それにしても、サーキットでは監督を身近で見る機会が何度かある。
ピットウォークやグリッドウォークのときである。
しかし、そういった時でさえ実際は監督を見ることはもちろん、写真撮影などはもっと難しいものになる。
c0145198_11834100.jpg

ひとたび監督が出てくるとこういった状態になるからである。
色紙や、パンフレットを持ったファンが殺到し現場は凄い状態になる。


さて、そんな中で何とか監督の表情を撮ることが出来た。
時間にして僅か2~3分かもしれないが言葉が伝わってくるようである。




これらの一連の写真は監督とドライバーとエンジニアとのレース直前の会話風景である。
c0145198_1126239.jpg

安田選手が監督やエンジニアに何か言っています。
安田選手は監督が言うには「ネガティブ」らしいです。僕も超マイナス思考なので安田選手の
気持ちは痛いほど分かりますが・・・。
この時もきっとなにか不安要素を言ったのかもしれません・・・。

c0145198_11285553.jpg

それを聞いた監督は、「また始まったのかよ~」と言わんばかりに安田選手をからかいます。
「お前はネガティブだなぁ~~」という感じでしょうか。

しかし次の瞬間、監督は彼を強く優しく励まします。
c0145198_1131162.jpg

「お前の実力どおりやれば、それでいいんだ!思い切りやれ」と言わんばかりであります。
表情を見れば、実に優しいです。このときばかりはマッチではなく近藤真彦なのであります。

c0145198_11354022.jpg

その後、エンジニアと「あいつは本当にネガティブだな~」と言っているようです。

そして、その後はキリっと、監督の表情に戻りました。
c0145198_11375035.jpg



たまに我々の前でも見せる「素」の表情はTVで見ているそれとは違うように感じております。
そして、実は、それこそが私が見たい監督の表情でなのであります。



「そもそも、私がなぜサーキットに行っているのか」

そうです、監督の優しさや強さを表現できる写真を撮るために私はサーキットに通っているのです。
by eos1d3 | 2013-04-21 11:46 | EOS1DMarkⅣ | Comments(5)
Commented by すずかのパパ at 2013-04-21 12:20 x
昔、F1の前座レースでF3000が開催されていたころ、近藤真彦と言うレーサーが出場していました。今思えばその時はもっと有名なドライバーも走っていたんだろうと思うんですが、”マッチが走ってる”そのことだけが印象に残ってました。それから20年余り、マッチではなく近藤真彦として、今では国内モータースポーツでは欠かせない存在となってます。
数年前、FNから一時撤退した時のサーキットの寂しさは尋常じゃなかった気がします。これ以外の要因もあるでしょうが、やっぱりサーキットには人が来てなんぼ。色んな意見や考えもあるでしょうが、このような観戦スタイルも一つなんだと思います。

私も15歳で鈴鹿にF1を見に行ってから30年以上通ってますが、その間に観戦スタイルが大きく変化しました。30年前に今の様なスタイルになるとは思っても無かったです(^_^;)
自分も一度原点に返って、考えてみようかと思う記事でした...
Commented by Ikesan at 2013-04-22 00:13 x
以前2、3度書き込まさせて頂きまた久しぶりにコメントさせて頂きます。

ドライバーは安田選手ですね!
この前のSGT岡山開幕戦を観戦に行きましたが、
その予選の夜とある豚カツ屋さんで晩飯を食べていたところ
私の隣に安田選手とクルム選手が着席されました^^;
少しばかりお話させて頂きましたが非常に気さくな方で親近感が沸きましたよ!
話の乗りからして関西の方かな?^^;
Commented by ゼク at 2013-04-22 22:42 x
すずかのパパさん、僕は2007年からしかモータースポーツを知りません。
もっと前から知っていたら現役時代のマッチも撮れたのにと悔やみます。
それでも、今現在サーキットに行けてる訳ですからよしとします!!
Commented by ゼク at 2013-04-22 22:43 x
Ikesanさん、安田選手は滋賀県出身です。
予選は3位だったんですが、決勝はタイヤが合わずに非常に残念でした。
Commented by bdpxbnk at 2013-11-23 14:34 x
jptztbqy