無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
pakkunさん、そうだ..
by ゼク at 11:52
何かの縁ですね。。。 ..
by pakkun-house at 20:17
Because here..
by Smithd214 at 04:16
wataru-wataさ..
by ゼク at 18:55
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:32
カギコメさんコメントあり..
by ゼク(管理人) at 18:54
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
YAMAKI 1,150
c0145198_18505118.jpg



このギターは1970年台初期のヤマキと言う国産ギター製作所のアコーステックギターであります。
購入したのは2005年12月で、1年も経たずに売却しました。

TOP板はえぞ松単板かスプルース単板だったと思いますが、側板と裏板はハカランダ単板でした。
ハカランダ単板は今では高騰して新品ではヤマハでは150万円以上します。

あるショップで試奏すると、ハカランダらしいパキパキ・キンキンの煌びやかな音が鳴り気に入って
その場で購入しました。

裏のハカランダは完全な板目でしたが、ハカランダ特有のいい匂いがしました。
c0145198_18564937.jpg



このギターはMartin-D45を真似ているのか?と思いましたが、側板にメキシコアワビ貝のインレイが
ないので45タイプではありません。45と42の中途半端な仕様なのです。

さて、このギター、完全に機械ではなく人間のハンドメードだと分かるところがあるのです。
c0145198_1902589.jpg



この写真を見るとすぐに分かります。
そうです、弦全体が6弦(太い方の弦)側に寄っています。
一番細い1弦と6弦を比べると6弦はほんのちょっとしかフレットに乗っていません。
弾いていると6弦がフレットから落ちそうになるんですね~~(笑)

このYAMAKIを造った会社はもうずっと前になくなってしまいましたが、
今でも結構人気があるブランドです。いま、このギターはどこにいったんでしょうかね~~~
by eos1d3 | 2013-05-21 19:25 | 徒然に | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード