無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
久々に鈴鹿に来られていた..
by 御多忙男 at 10:03
セグさま、コメントありが..
by uemura at 23:30
uemuraさんお久しぶ..
by ゼク at 19:32
ご無沙汰しています。 ..
by uemura at 23:13
wataru-wataさ..
by ゼク at 18:42
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:52
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

BLOGリンク
another piece of my life
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
2013 International Pokka Sapporo 1000km KONDO Racing
先日、KONDO Racingの応援の為にサーキットに通っているということを書いたが、
実際にいつも大きな割合でKONDO Racing関係の撮影をやっている。
ピットウォークやキッズウォークは当然ながら、走行中もKONDO GTRを常に追っているのである。

しかしながら、当然最大の目的は近藤監督のカッコいい写真を妻にプレゼントすることであり、
まさにその為にサーキットに行っているのであるが、それがなかなか難しいのであります。
その為に高いゲストパスを首から下げ、グリッドにも行ける様に最大限の努力をしているが、
何しろ、監督をサーキットで見ることは土日の2日間で合計10分ほどであるだろう。

もし、初めてサーキットに来て目の前で近藤監督が見れたならそれは非常にラッキーなことで
通常であれば、ピットの中か、トランポの中でミーティングに忙しくほぼ見ることは出来ないのである。

しかも今年は予選日に芸能の仕事で神宮の花火大会があったので最初から、日曜日だけだと思っていた。
その日曜日もファンの前に出てきたのはピットウォークで約5分、グリッドウォークで約3分の約8分間であった。

それでも、監督のファンは非常に多く、少しでも見れればそれで満足と言う。
私としてはトークショー等でもっとレースの話を聞かせて欲しいものだといつも考えるのである。


c0145198_1971496.jpg
c0145198_19822.jpg
c0145198_1984865.jpg
c0145198_198571.jpg
c0145198_1994261.jpg
c0145198_19103972.jpg
c0145198_19111183.jpg



それでは、監督さ~ん





c0145198_1912950.jpg
c0145198_1912364.jpg
c0145198_19125970.jpg



やっぱり3分間ではこれが精一杯です。
次は、Super Formula鈴鹿の最終戦です。
by eos1d3 | 2013-08-21 19:14 | EOS1DMarkⅣ | Comments(4)
Commented by 御多忙男 at 2013-08-22 09:12 x
同感です!人気者はそれなりにファンサービスをしないといけないと思います。
ファンあってのレースということを、忘れてほしくないですね。しかしマナーの悪いファンも入場者が増えると比例して増えるのも事実。
ピットウオークの時間は、出来るだけサイン会を行ってほしい!
Commented by at 2013-08-22 16:59 x
お久しぶりです。
今回も行けなかったのですごくうれしいです。

最後の写真の笑顔、最高ですね。
ありがとうございました。
Commented by ゼク at 2013-08-22 20:37 x
ご多忙男さん、そうなんです。やっぱりファンは大事ですよね!
ファンがお金を出してこそプロとして成り立つのですから。
Commented by ゼク at 2013-08-22 20:39 x
瞳さん、今回は土曜日は花火大会で最初からサーキットには来ていませんでした。
日曜日は朝からピットとトランポを往復していましたが、ピットWには最後の5分、
グリッドWには最後の3分出てこられました。