無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
IGNIO シューズ
ジュリエッタを購入して困ったことがあった。
もともと左ハンドルのイタリア車なのでセンターコンソールも左の方が広いままハンドル&ペダルだけを
右に移した形になっており、足元が非常に狭いのである。
左ハンドル仕様にはクラッチの左側に立派なフットレストがあるのですが、ペダル配置をそのまま
右に移した右ハンドル仕様にはそのスペースさえない。

ただ、僕はフットレストは昔から使わずに手前に足を置くスタイルなのでこの辺は問題ないが、
フットレスト派には苦痛を伴うドライビングになるだろう。

それより、問題なのはペダル間が非常にタイトと言う事である。
しかも純正ペダルはツルッツルで滑りやすく雨が降ったら革靴の靴底では滑って運転できないのであります。
靴も、ワイドなタイプだと側部がお互いに干渉しブレーキを踏んだときにアクセルも踏んでしまうことも
あるという危険を孕んでおります。

c0145198_18552783.jpg



そこで、なるべく横幅が狭くてゴムの部分が出っ張らずに、ゴム底が薄くてペダルの感覚を
掴みやすい靴が必要だと考えスポーツデポに駆け込んだのは納車の次の日だった。

そこで、まず高価な靴を買ってもどうなるのか分からないので低価格で探すと、1970円のこの靴が
履き心地がよく、なんか上手く行けそうだと直感した。

実際に履いて運転すると、これが靴同士が干渉しなくて実に運転しやすい。
車には常にこの靴を置いておき、運転するときに履き替えるスタイルで今まで来ている。

c0145198_18595082.jpg


さて、この靴があまりに運転しやすいので、本日色違いを購入した。
靴底も茶色でかっちょいい!
c0145198_190494.jpg


横の部分のはみ出しも少なく運転しやすい!!
c0145198_1912126.jpg




しかし、いちいち運転する毎に靴を履き替えなければならないなんて、そんな面倒な車なんで乗るの?
と思われるかもしれない。

でも、その答えは意外に簡単だ。
・・・・好きだからである。
by eos1d3 | 2013-08-30 19:05 | 機材紹介 | Comments(2)
Commented by wataru-wata at 2013-08-31 10:38 x
こんにちは☆

ブレーキとアクセルペダルが近いのは、ヒール&トゥのためですよね。

スポーツカーと言うか、MTではこのペダル配置でないとコーナーでの原則時に適度な回転数でのシフトダウンが難しくなり、助手席から「下手な運転」と思われちゃいますよね(苦笑)

そういう意味からも、MTは面倒でもあり楽しいのですが・・・。

ちなみに、当方もMTに乗る時はスニーカーないしはcasシューズでした。

まさに「好きだから」ですよね☆
Commented by ゼク at 2013-08-31 19:51 x
wataru--wataさん、僕はヒール&トゥはやったことがありません(笑)

トロトロ走るので大丈夫なのですが、この滑りやすいペダルはいけません・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード