無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
参観日
今日は娘の高校の土曜参観に行ってきた。
娘は長女なので幼稚園のときから小学生までは全部の参観日に行った記憶がある。
しかし中学になり「もう恥ずかしいからこんとって!」と言われたのを機に年間1度いくかどうかになった。
記憶によると、中学1年生は1回、2年生のときも1回、3年生は行かなかったように思う。

さて、高校生になり公立高校に入学して今年は既に2年生である。
高校1年生のときは仕事で行けなかったが、ついに今回は3年ぶりに娘の参観日にいけた。

c0145198_19214567.jpg



それでも、娘は「そんなん夫婦でくるのうちくらいやし、かっこ悪いから絶対にこんとって」と言いやがったが
私は、「そんなもん親としてみる権利があるんや!絶対に行ってやる」と断言してやった。

学校に着くと休み時間で教室を覗くと娘は居なかった。
休み時間も終わりごろに隣の教室から出てきた。
クラス替えがあってまだ1ヶ月も経っていないので友達が少ないのかクラブの友達がいる隣の
クラスに行っていたようであった。
目が合うと、半笑いの苦笑いをした。

誰一人私語もない、かといって勢いもない起きているのか寝ているのか分からないような授業だった。
授業は私が見ても簡単で現役高校生はみな分かっていると思うのだが、やっぱり元気がないように思った。


ひとつ発見したのは、私と妻が習った先生が今年赴任してきたことだった。
先生に26年ぶりに挨拶した。先生はあの時まだ23歳だったので今年50歳になると言っていた。
まさか親子で同じ先生に習うことになるなんてイイコトもあるもんだと思った。


娘は1日も休まずに高校・クラブと頑張っている。
高校の友人は一生の友人になると思う。
勉強はともかく、たくさんの価値ある友人を作って欲しいと思った。
by eos1d3 | 2014-04-26 19:30 | 徒然に | Comments(0)