無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataru-wataさ..
by ゼク at 21:20
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 08:20
K先輩さん、ジュリエッタ..
by ゼク at 00:44
長い2年間になりそうです..
by K先輩 at 23:33
wataru-wataさ..
by ゼク at 19:50
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:38
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
てい球野球
今や子供達の遊びはPSPやWiやスマートフォンなどのコンピュターゲームで占められている。
外で元気に野球やサッカーをしている子は少ない。

先日、小学校の同級生と電話で話す機会があった。
そうそう、よく考えたら私たちが小学生の頃、昭和57年まではコンピュターゲームなどなく、
もちろんパソコンもスマホもなく空き地で野球やかくれんぼ、鉄棒が流行れば鉄棒、
ビー玉が流行ればビー玉という風に外で遊んだものだった。

私は大きな団地に住んでいたので、そこら中で野球をやっていた。
野球と言っても軟式テニスのボールのような柔らかいボールでみんな「てい球野球」と呼んでいた。

c0145198_19192929.jpg


バットは木製ではなくプラスティック製のバットである。
セリーグの球団のイメージカラーがあり私は阪神ファンなので黄色いバットを持っていた。

しかし、実はこのバット、そんなにたくさんの友達が持っているわけではなかった。
だから、まず野球をするにはこのバットを持っている人を誘わなくてはならなかったのだ。

広場で4~5人が集まって野球をしようとなったときに、その内の誰もバットを持っていなかったら
バットを持っている人の家に行き、「野球しよ~」と行って誘いバットを持ってきてもらうのだった。


或る日、そんな理由で私のうちに友人がやってきた。
「野球しよ~~」
私はたまたま用事があったので、「今、あそばれへん!」と答えた。
心のどこかで、「あっバットがないから野球できひんのかな?」と思った瞬間、
「ほんじゃ、バットだけ貸して」だとさ・・・・。

結局、私よりはバットが必要だったのか・・・・・。
と、このプラスティックバットを見たら思い出す旧きよき時代の話でした。
by eos1d3 | 2014-07-01 19:28 | 徒然に | Comments(2)
Commented by 立河尚久 at 2014-07-01 21:38 x
ありましたね~
カラーバットで「てい球野球」
よくやりましたよ。
懐かしいなあ~
Commented by ゼク at 2014-07-02 20:26 x
立河さん、ありましたね~~!なつかしいですね!!