無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
ベネッセからのお知らせ
c0145198_1857072.jpg




ベネッセから個人情報の漏洩についてのお詫びがきた。
昨日は娘の名前で、今日は息子の名前で内容は同じだった。
結局、我が家のこどもの情報も2名分しっかりと漏洩している可能性が高いようだ。

うちは小さい時からベネッセのしまじろうが好きで愛読していた。
そんな人は全国にたくさんいるだろう。
私の娘はもうすぐ17歳になるが、そう考えると全国の子供達の情報を
ベネッセが持っていると言っても過言ではないと思う。
2000万件と言うけれども、世帯にすれば日本の世帯数の何割に達するのだろうか?


そもそも、今回の事件は意味不明だ。
私たちは、ベネッセに個人情報を提供したのはそのサービスを受けるのに不可欠であるからだ。
毎月取っている教材を受け取るには、こちら側の住所が分からないと送ってこれないし、
何歳か分からないとどの教材を送って良いかも分からない。
ただ、それだけだ。それだけしか使われないと思って情報を何の疑いも無く提供している。

どの情報に対してもそうである。
ネット社会に生きる我々は、たびたび個人情報を記入し入力し提供する機械に瀕する。
しかし、そのどれもが第三者に無断で渡ることなんて了承しているわけが無い。

となると、合法な手段で手に入れた個人情報と言うのは、自社が自社のサービスを受けたい
顧客から得たものであるか、その情報を第三者に提供してもいいと承諾したものだけに
なるのではないだろうか。

そうなると、事件に登場する名簿屋と言うものは何なのか?
名簿屋はどういった権限でその情報を得たのだろうか?
また、情報を提供するものも今回のように違法(金銭目当て)な目的で漏洩させたのではないだろうか?


もう既に出回った個人情報はねずみ溝のように拡散し収集が付かない。
よく考えてみると、実に怖ろしいことである。
しかし、もう誰もそれを消し去ることは出来ないである。
by eos1d3 | 2014-07-15 19:13 | 徒然に | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード