無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
パイロンさん、既にデータ..
by ゼク at 23:39
こんばんは。 思い..
by パイロン at 23:06
hiroさん、お久しぶり..
by ゼク at 12:38
おお、お懐かしい。 ..
by hiro at 19:18
kotodaddyさん、..
by ゼク at 09:58
wataru-wataさ..
by ゼク at 09:56
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

BLOGリンク
another piece of my life
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
2014 AUTOBACS SUPER GT Round6 43rd International SUZUKA 1000km Part3
c0145198_18263743.jpg
c0145198_18274618.jpg
c0145198_18272461.jpg
c0145198_18282149.jpg
c0145198_1828422.jpg
c0145198_1829366.jpg




1000km、173LAPにも及ぶ耐久戦がもう始まろうかとしているグリッド上。
華やかなグリッドカーNoボードを持つRQさん達、集中するファーストスティントドライバー、
応援するファンや関係者、チームを支えるスポンサーさん、いろんな人たちの人間模様が見える。

そう言えばパドックでは長年に渡りプロ野球の第一線で活躍し今年から86のレースに参戦する
山崎選手の姿が見えた。GT300クラスで優勝したTWSのドライバーと握手しているところに出くわした。

c0145198_18344354.jpg



グリッドに入れる時間はだいたい20分もない。
入るためには高級チケットであるVIP系のチケットを購入するかSGTのサポートメンバークラブに入会し
そこからGTAのゲストパスを買うか、GTAの発行するSGT年間パスを買うくらいしか方法がない。
そのほかに、チームの関係者になればピットから直接グリッドにいける方法があるが、
スポンサー関係にでも友人がいないと難しい。

ところで、この私も購入しているゲストパスであるが、誰にでもお金を出せば購入できるので
たくさんの人がこの権利で入場している。実際にグリッドウォーク上では歩くのもままならない
位に人が多く入場している。それでも、やっぱりグリッドはいいと思える。

来年はSFにもゲストパスが出来るらしく今から楽しみにしているところであります。
by eos1d3 | 2014-09-03 18:40 | 徒然に | Comments(0)