無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
御嶽山の噴火
御嶽山が先週の土曜日に突然噴火した。
そしてこれまで戦後最悪となる47人もの死亡が確認されたとニュースがあった。

それにしても殆どの方が噴石の直撃によって亡くなったとの事であるが、
実際その場所にいたらどれほどの恐怖だったろうか。
10-20cmの大きな石が降ってくる恐怖。
もちろん身体のどこかに当れば大怪我はもちろん命の保証さえない。

しかし、今まで大きな噴火もなく御嶽山が噴火すると言う事は登山の深い経験者でも
予想できなかっただろうし、考えもしなかったと思う。

噴火に遭難したのは凄い確率である。
後1時間後に登っても、1時間前に下山していても大丈夫だったろう。
この100年に多くの人が御嶽山に上り、その絶景を楽しんだ。
それがこの僅か1時間程度の短い時間山頂付近に居合わせた人が被害にあった。
本当に、本当に残念でならないと思う。

c0145198_18271571.jpg


これは2年前5合目から見た富士山である。
富士山も活火山である。
と言う事はいつ噴火してもおかしくないのである。

やはり地震も同じであるが、地球は絶えず動いていて地殻変動を続けている。
雨が降ると山が崩れて川ができる、海中火山の噴火により島が出来る。
こうやって太古の昔より日本と言う国の形が出来たのである。

大きな災害があるといつも考えさせられる。
大自然の前では人間はいかに無力であるかを・・・・・。
by eos1d3 | 2014-10-01 18:43 | 徒然に | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード