無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
丸に橘さん、ペグは交換し..
by ゼク at 22:41
45同士。 壮観です。..
by 丸に橘 at 21:16
ジュニアユースさん、こん..
by ゼク at 22:23
ゼクさん、こんにちは。 ..
by ジュニアユース at 22:18
丸に橘さん、全部合板なん..
by ゼク at 22:51
Gibson J-160..
by 丸に橘 at 19:33
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
?2014 全日本選手権スーパーフォーミュラ第1戦 鈴鹿 その2
c0145198_18205223.jpg
c0145198_1821397.jpg
c0145198_18211821.jpg
c0145198_18214776.jpg
c0145198_18215738.jpg
c0145198_18221465.jpg



今回はSFの公式ファンクラブ「F」に入会したのでゲストパスを購入できグリッドに入ることが出来た。
しかし、そのことでグリッドに入る人数が増えて以前のゆったり感はなくなったように思う。
観客が増えるとその分選手も身構えるわけでなかなかいい表情も撮れない。

そもそもSGTもSFもグリッド券は3000円相当であるが、非常に割高と思っている人も多いと思う。

まず決勝が始まる前にスタート進行なるものがある。
通常スタート約1時間ほど前に約10~15分ほど走行枠がある。
3周ほど走った後にもう一度ピットに戻りタイヤを付け替える(予選時のマーキングがあるものに)
そして、さらに1周してダミーグリッドにつくのである。この時既にスタート30分ほど前になっていて
グリッドにはメカニック、エンジニア等のチーム関係者とグリッドボードを持つRQ,それにプレスカメラマンが
その場所に待ち構えている。そうしてようやくグリドウォーク参加者が入ることが許される。
時間にして10分ほどである。この10分を3000円で買うことになる。
PPであればすぐに行けるが最後尾まで行こうと思うとそれなりに時間もかかるし、厳しい時間枠だ。


そのようにしてようやく撮った写真が以上の写真である。
目線をもらってじっくり撮る時間はなくて、応援しているKONDO Racingのグリッドにたどり着くまでに
出来る限り撮影している。

グリッドウォークの時間が終わり退出するときにJPが雨の具合を両手を出して確認していた。
JPはレース1で優勝しておりレース2でも勝てば逆転チャンピオンの芽がある。
4番グリッドからスタートするのだが、この時間雨は小康状態であったと記憶している。
IMPULチームは浅溝レインタイヤを装着し勝負に出たが・・・・・・・・。

そういった思惑が見えるJPの表情が撮れて3000円の価値があったと思った。
by eos1d3 | 2014-11-12 18:37 | 徒然に | Comments(0)