無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
pakkunさん、そうだ..
by ゼク at 11:52
何かの縁ですね。。。 ..
by pakkun-house at 20:17
Because here..
by Smithd214 at 04:16
wataru-wataさ..
by ゼク at 18:55
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:32
カギコメさんコメントあり..
by ゼク(管理人) at 18:54
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
弦交換
c0145198_18463186.jpg




1年以上にも渡り弦を張っていなかったMARTIN D-28(1967)に弦を張りました。
結構汚れていたのでフレットを金属磨きできれいにして、指板もオイルでピカピカに!!

c0145198_1848453.jpg



このギターは所謂、ハカランダという木が使われています。
今ではワシントン条約に引っかかるとかの理由で木材の状態での輸出入は出来ないと聞きます。
MARTIN社では1969年までは45系、28系、21系、35系、41系にはこのハカランダが
通常に使われていましたが、1970年には使われなくなり他の木が使われるようになりました。

よって1969年以前の上記モデルは高騰しているのです。

この個体も柾目の素晴らしいハカランダが使われていて、肩の部分もいい木目です。
c0145198_1852975.jpg


c0145198_18525382.jpg



音は、世界のスタンダードと呼ばれるに相応しい「本当に普通の音」です(笑)
しかし普通の音こそ、ずっと飽きない音なのかもしれません。
by eos1d3 | 2014-11-15 18:55 | 徒然に | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード