無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataru-wataさ..
by ゼク at 21:20
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 08:20
K先輩さん、ジュリエッタ..
by ゼク at 00:44
長い2年間になりそうです..
by K先輩 at 23:33
wataru-wataさ..
by ゼク at 19:50
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:38
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
遠き昭和
今日は本当なら岡山国際サーキットで行われているGTAの公式テストに行くはずだったが、
金曜日に母から連絡が入り日曜日が告別式だから全ての予定をキャンセルして来るようにと言われました。

自分に関係が少ない告別式でしたら行かない選択もありましたが、亡くなったのは遠い親戚でも
幼少期にお世話になったおばあちゃんなので最後のお別れに行かなければと思いました。

亡くなったのは母の弟の妻の母、ようするに義理の叔母さんの母であり仲のいい従姉妹の祖母である。
小さい時にその従姉妹たちと一緒によく、おばあちゃんの所に遊びにいったものである。


時期にして1976年から81年くらいであろうか?もう35年前の話、昭和で言えば51年から56年くらい?
もう随分遠い昔の話であることに違いない。

私は44歳、昭和時代は18年で平成に入って26年生きているのでもう既に昭和より平成の方が
馴染み深い。おばあちゃんとは平成に入ってより昭和時代の方が思い出が多く、また昭和時代の
思い出がなくなっていく気がして無性に寂しい。



これから我が国は超・超高齢化社会になっていくという。
そして、おばあちゃんのように超・超高齢者と言うのが現代の日本の繁栄の礎を築いた人たちだ。
夜も昼も日曜日も関係なく一生懸命働いたとよく話していた。
人権や安全や衛生の法律が整って来て、今では50年前とは労働条件が著しく向上していると思う。
しかし一方で、引きこもりやニートと呼ばれる若者も多いと言う。

私や私の子供達の未来がどうなるのか??
先人達が汗水流して作ってきた日本をなくしてはいけないと、何故かそんな事を考えていたのだった。
by eos1d3 | 2015-03-15 17:10 | 徒然に | Comments(0)