無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
RICOH GRのセンサーにゴミ
c0145198_11252288.jpg

c0145198_1261226.jpg



娘のクラブの写真を撮るのに、さすがにゴーヨンは気が引けた。
何よりいくら保護者と言ってもこのご時勢、超望遠で女子高生のテニスを撮ろうものなら
変な視線を感じる。なので早速購入したEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMが大活躍した。

昨年まではこう言った場合は70-200/2.8Lか300/4Lだったが、70-200はテレ側が不足し
サンヨンは連写に問題がありスポーツには使いたくないと感じていた。
そう考えるとEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMは両方のイイトコ取りだと思う。
サンヨンに1.4倍テレコンをつけると420/5.6であるがAF速度は落ちるし使いにくい。
400mmまで撮れて画質も文句なしの新型レンズは本当に重宝する。


いつもなら16-35/2.8Lも持っていくのだが、1D系にこの超広角は威圧感たっぷりで
周囲も微妙な雰囲気になるのでRICOH GRの出番である。
超広角と言うわけではないがAPS-Cセンサーで驚くほどよく撮れる。


しかし、家に帰ってみてみるとF4程度でもゴミが薄っすらと写っているのが見えた。
F16に最大限絞ってみたら「毛」のようなものが写っていた。

さっそく大阪市中央区にあるリコーのSCに持って行くとセンサー掃除に6800円かかるとの事。
一眼レフでは自分で掃除しているし、コンデジにはほとんどゴミが入らないと思っていたが、
調べてみるとそうでもないらしい。レンズを替えれる訳でもないので気をつけることも難しい。

考えられるのは、レンズ伸縮のときのゴミの付着。
電源OFFにするときはそこのところを気をつけるとしよう。
by eos1d3 | 2015-05-11 18:36 | 徒然に | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード