無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataru-wataさ..
by ゼク at 21:20
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 08:20
K先輩さん、ジュリエッタ..
by ゼク at 00:44
長い2年間になりそうです..
by K先輩 at 23:33
wataru-wataさ..
by ゼク at 19:50
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:38
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
自転車運転者講習
c0145198_18551425.jpg



6月1日から自転車の運転に関する法律が改正される。

携帯電話やスマホを見ながらの片手運転や、
傘を差しながらの運転は注意したほうがいいだろう。

自転車は基本的に軽車両なので歩道を走ってはいけない。
自転車通行用のラインがある歩道は徐行しながら走っても良い。

分かっていながら実際にクルマが通るところでは歩道を走りたくなる。


ただ、やはり自転車に乗りながらスマホを見て通学通勤をしている人は
大変危険である。スピードが出ているのにも関わらず前を見ていないからだ。
警察も6月1日からは重点的に自転車の指導を強化するだろう。


それと同時に、自動車の無謀運転が多く見られる。
例えば信号の無い小さな交差点ではどこから人や自転車が出てくるかわからなのに
ノーブレーキで走ってゆく車が多い。

事故はいい加減な運転をしていても相手がしっかりこちら側を見ていれば回避できる。
逆に言えば、いい加減な運転をしていても事故にあってない人は、常に相手が避けてくれて
運よく事故になっていないということを理解しなければならない。

自転車にしてもそうだ。
完全に信号を無視して突っ込んで来る人は非常に多い。
しかし、事故に遭わないのは相手側が止まってくれるからである。


事故が起きるときは、両方ともが不注意な場合が多い。
その確率を少しでも減らすには、自らが安全運転を心がけるしかないのである。
by eos1d3 | 2015-05-30 19:06 | 徒然に | Comments(0)