無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

BLOGリンク
another piece of my life
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
公道のレース
c0145198_18315876.jpg




北海道で上記の事故が起こりニュースに出ている。
はっきり言えば衝突するまでは事故で、そのまま引きずったのは故意であるなら事件である。


私は自動車免許を取って既に26年であるが、18年ほど前にスピード違反で捕まってからは
無事故無違反で過ごしている。そもそも、高速道路でもどんどん抜かれて目的地に着くのは
他の人よりもずっと遅れるのが常である私がスピード違反で捕まったのが信じられないのである。

日常、公道を走っているとスピード狂の運転手に幾度と無く遭遇する。
ベタっと真後ろにつけて、「早よ、どかんかいっっ」と煽ってくるクルマは本当に多い。
彼らは、法定速度を大きく超えた速度で私を抜かしていく。
そんな、危ない運転をする人はたくさんいる。

そんな人は、信号のない交差点でも、全く躊躇無く相当な速度で走りぬける。
たまたま、誰もいなかったので事故にならなかったという瞬間を毎回経験しているのだ。

6月1日に道交法の改正で自転車の片手運転(携帯を見たり、傘を差したり)、ヘッドフォン運転等
危険運転をすると罰せられるようになった。と言う事は、逆に言えばそんな自転車が多いと言う事である。

それでも今日現在、依然として傘を差しているし、携帯を見ているし、ヘッドフォンをしているし、
そんな自転車は一向に減っていない。

片や、暴走自動車、片や危険運転自転車。
それでも、事故にならずにわが家に帰ってこれるのは単に運がいいだけなのである。
事故に遭ったり、捕まったりするのが「運が悪かった」のではないのだ!!
by eos1d3 | 2015-06-11 18:43 | 徒然に | Comments(2)
Commented by 御多忙男 at 2015-06-12 09:06 x
レーサーが、サーキットのほうが安全と言ってる意味が分かりますね....
Commented by ゼク at 2015-06-13 15:58 x
ご多忙男さん、
サーキットの中では交差点もないし人が歩いていませんからね!