無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
pakkunさん、そうだ..
by ゼク at 11:52
何かの縁ですね。。。 ..
by pakkun-house at 20:17
Because here..
by Smithd214 at 04:16
wataru-wataさ..
by ゼク at 18:55
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:32
カギコメさんコメントあり..
by ゼク(管理人) at 18:54
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
ギター サドル作製 失敗!!
大学のときに購入した20年以上使っているギブソンのギターJ-160eですが、
このギター、エレアコなだけあってALL合板の最強ギターでございます。

20数年、どんなに荒く扱おうとネックも動かん、トップ板も動かんと言う風に
ベニアで出来ているので縦方向にも横方向にも動きようが無いのです。

ただ、12フレット上で実測3.2mmほどの弦高でやや弾きにくい。
そこで元々のサドルを削るのは怖いので、自分で作製しようと重い腰を持ち上げたのでした。

c0145198_18213417.jpg


まず購入したのは牛骨で出来た400円のサドル。
最初から元々付いているサドルの厚みを測っておきそれに近いのを選びます。

c0145198_18224270.jpg



つぎに12フレットはちょうど弦長の真ん中に当るんでサドルを2mm下げれば12フレットで
1mm下がることを頭に入れて設計図を書き、サドルに写します。

c0145198_18243442.jpg



それをコーナンで買ったあまり精巧でないこのような機器に取り付けます。
そして、後はただただヤスリで削るのです。

c0145198_18253139.jpg


端から順番に削ると、そんなに難しくありません。ただ、今のサドルはピッチを補正するために
2弦は数ミリブリッジ側に弦との接点がずれております。
それを作るのが意外に難しく難航しました。

c0145198_18271257.jpg


ようやく全体を仮削りしたときには時既に遅く、削りすぎでした。

まず0.5mmは高めに削っておき凸型に整形しながら目標の高さにしなければなりません。
ノギスを使って削るのですが、最初にすでに目標の高さになってしまい、もう調整ができなくなりました。


またどこかでサドルを見つけて挑戦してみようと思います。
上手くいけば2時間くらいで出来上がりそうです。
by eos1d3 | 2015-09-13 18:29 | 徒然に | Comments(2)
Commented by 丸に橘 at 2015-09-15 06:39 x
ゼクさん、初めまして。丸に橘です。
blog拝見しました。
アコースティックギター、素敵ですね。私も下手の横好き、ですが。。
しかし、サドルを作ってしまおうというのがすごいです。
私もいつかはチャレンジしたいですね。
Commented by ゼク at 2015-09-15 10:22 x
丸に橘さん、どうもはじめまして!!
HP簡単に見させていただきました。
たくさんのギターをお持ちですね!!特にD35はハカランダでしょうか?
良い顔しています。

僕も12Fの弦高を常に計測しギターのコンディションを観察しています。
一番はやはり2.5mmだと思っています。
3mmだと高いし2mmだと低い感じです。
でもしっかりナットやフレットを調整されたギターですと2mmでも大丈夫です。
Martin o-18(1949)はネックを調整(リセット)してもらい2mmでも抜群です。

以前はhttp://hommakaina.exblog.jp/でギター専門のBLOGをやっていましたが
今は休眠状態です(笑)

ギター本当にいいですよね!
1962のMartin D28手に入るといいですね!
僕もバースディーイヤーのD45(1971)が目標です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード