無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
uemuraさん、書き込..
by ゼク at 10:23
ご無沙汰しています。 ..
by uemura at 09:30
wataru-wataさ..
by ゼク at 21:20
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 08:20
K先輩さん、ジュリエッタ..
by ゼク at 00:44
長い2年間になりそうです..
by K先輩 at 23:33
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
命の選択
昨夜日本中に訃報が走った。
9月7日にはTVでインタビューに答えていた川島なお美さんが亡くなったというのだ。
確かにTVで見た彼女は非常に痩せていたがそれでも、もう命がここまでしかないとは
思わなかったというのが正直な気持ちではないだろうか。

聞いたところによると、彼女は余命を知り、もう一度TVの華やかな場所に出て挨拶したかったのだろう。
想像するに、医者からきっとこれが最後のTVといわれたのであろう。
彼女は胆管がんの手術のときも、腕のいい医師が見つかるまで手術せず、その後も抗がん剤投与等の
治療を選ばずに女優を全うして尽きた。


一方、同じ時期に残念なニュースが走った。
元気でいつも明るい北斗晶さんも乳がんを患っており全摘出手術を受けるというのである。
彼女はご主人である佐々木健介さんとオシドリ夫婦であることは周知の事実であり、
男の子2人のお母さんでもある。
乳がんの全摘出手術のあとは脇に転移したリンパに対し抗がん剤を投与し完治をめざす。
2人の息子と旦那のために、どうしても死ぬことは出来ないのである。





対照的な2人の命の選択が同じような時期に発表されて、人生について考えさせられた人は多いと思う。
私もそうである。ほとんどの人が50歳前後でガンにかかったのであれば、残された家族の事を考え
まず延命、手術をして髪の毛が抜けても抗がん剤を投与し何とか生きながらえることを選ぶだろう。
私も間違いなくこっちを選ぶと思う。そう言った意味で北斗さんの選択は大いに理解できる。

でも、川島さんの選択も決して考えられないわけではない。
おそらく抗がん剤を投与すれば髪の毛は抜けて第一線での活躍が続けられないと思ったのだろう。
しかも、完治するという保証はどこにもない。非常に難しい選択である。

どちらにしても、尽きぬ恐怖と暗がりの中を突き進む不安で押しつぶされそうになるだろう。
もし、川島さんが抗がん剤投与し、無様でももがきながら延命を選択すれば、また違った世界が
待っていたかもしれない。また、新たなステージが用意されていたのかもしれない。
しかし彼女はそれを選ばなかった。

大病が目の前を覆ったときにどちらを選択するか?
色々考えさせられる週末になりそうである。
by eos1d3 | 2015-09-25 19:20 | 徒然に | Comments(2)
Commented by kao at 2015-09-25 19:44 x
そう言うニュースが続いてますね・・・
その前に
私は実姉が
乳がんで3か月前から
闘病中
私も気をつけなきゃ
と思い、がん検診の予約しました(^◇^;)
子供達の為にも
まだまだガンバらないとですしね・・・
Commented by ゼク at 2015-09-25 20:25 x
kaoさん、本当に私たちの年代になると色々と病気が心配になります。
うちの夫婦も7月に初めて人間ドックに行き、特に問題はなかったのですが
ご存知の通り僕がメタボ認定されて現在ダイエット中です。
まずは定期検診に行き少しでも早く病気を見つけることが大事だと思います。