無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

BLOGリンク
another piece of my life
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
天皇誕生日
今日は今年最後の国民の祝日となっている。
若い子供たちはピンとこないだろうが今上天皇の82回目の誕生日である。
私の子供のころは4月29日が天皇誕生日だったが崩御され平成になってからは
12月23日が天皇誕生日として国民の休日となっている。

天皇誕生日はかつては天長節と呼ばれており宮中祭祀のひとつであったと想像がつく。
宗教的な意味があるのでいろんな思いをもってこの日を迎えていると思う。


そういう私は日本国の国民として非常におめでたい日と両親からも教えられ自分でも
一曇りもなくそう思い続けている。

わが国の歴史は神話の中から始まる。
その中に絶えず出てくるのは神々の話である。
天照大神から始まりその子孫である神武天皇が初代天皇として約2600年前から
今上天皇まで実に125代続いているとされている。


c0145198_11551850.jpg



700年ほど前に南北朝に分かれて紆余曲折あった時代もあったようだが、
それでもその時代時代で必要だったからこそずっと2600年間も続いてきたのだろうと考える。


それは初代天皇である神武天皇稜に行くとなんとなくわかる気がする。
奈良橿原にある神武天皇稜は平日に行くと人影もほとんどない。
木々に囲まれた参道を進むとその先に鳥居が見えてくる。

c0145198_11584794.jpg



c0145198_1159145.jpg



その参道を歩いているときの何かしら感じる「神聖」な雰囲気はおそらく私以外にも
感じたことがあると確信する。

あ~、ここが今に続く日本の歴史の始まりなのか?としみじみと考えさせられる。

天皇論に関してはそれぞれの考えや思想により各々が心に置けばいいと思う。

しかし、私はやはり天皇がいるからこそ、天皇制があるからこそ日本は日本でいられると信じる。
我々が神社に行き、手を合わせ祈る。天照大神に祈る。祈ることで救われる。
こころがきれいになる気がする。神聖な気持ちになる。悪いものが逃げていくような気がする。
・・・感じ方は人それぞれであるが、そういう気持ち、そのシンプルな気持ちが自分が日本人で
あることの証であるといつも感じるのである。


天皇陛下、いつまでもお元気で!誕生日おめでとうございます。
by eos1d3 | 2015-12-23 12:07 | 徒然に | Comments(0)