無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataruwataさん..
by ゼク at 18:27
おはようございます! ..
by wataru-wata at 07:30
パイロンさん、お久しぶり..
by ゼク at 19:32
今年も終わってしまいまし..
by パイロン at 18:28
wataru-wataさ..
by ゼク at 09:14
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:38
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
府営団地の高齢化
c0145198_18495421.jpg



私は8歳から20歳まで大阪府営の12階建ての団地に住んでいた。
この団地は1973年ごろ出来たので、ちょうど私が入った頃はまだ出来て5~6年で
新しいという雰囲気と、それまで住んでいた文化住宅と比べると格段に広くて実に
快適な印象だった。

第二次ベビーブーム世代の我々は、何しろ同級生が多く、小学校、中学校では
教室が足りないのでグランドにプレハブを建ててそこを仮校舎にしなくては授業も出来ない状況だった。
そんな状態で、時代はまだ昭和50年そこそこ、今のような裕福な状況は少ないので、
うちの4棟つながる団地はとにかく子供であふれていた。

私は一人っ子であったが、あの頃はまだ2~3人の兄弟がいることは通常だったので、
友人の弟や兄貴と一緒に遊ぶことも多かった。

団地の遊び場には、学校が終わって帰ってきた子供たちで溢れて、遊ぶ場所もなく、
流行の庭球野球などは、同じ場所で何チームも遊んでいるすごい状況が毎日見られた。
ビー玉が流行れば、穴を掘ってみんなでビー玉をし、とにかく上級生に怒られないように
うまいこと場所を探し、遊ぶのが毎日の日課であった。

あれから25年経ち、久々にその団地に寄ってみるとどうでしょうか??
休日の午前中なのに、一人の子供も遊んでないではないですか!!
35年前では信じられない光景でした。
高齢化と、外で遊ばずにゲームやスマホで遊んでいるのかシーンと静まり返っています。

まるでゴーストタウンを思わすような、懐かしき団地を目の当たりにし、一抹の寂しさを感じたのでした。
そして、少子化の怖さなるものを考えました。声のしない公園、子供がいない砂場、誰も上っていない
ジャングルジム、日本の未来は明るくはないな~とそんなことを考えたのでした。
by eos1d3 | 2016-01-28 19:02 | 徒然に | Comments(0)