無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
Canan EOS-1DX MarkII 発表
c0145198_18293864.jpg




オリンピックイヤーということでキヤノンのフラッグシップデジタル一眼レフが発表された。
その名もEOS-1DXMarkIIということである。

キヤノンは2010年発売のEOS-1DMarkIVを最後にAPS-Hセンサー搭載カメラを作っていない。
2012年に先代1DXが発売された時は、1Dsの後継に1Dを吸収し、1シリーズはフルサイズのみで
行くという決意みたいなものを感じたので、今回の進化は順当な進化であると思う。

AFの進化も素晴らしいようでⅢ型テレコンを使うとより多くのAFポイントが使えるようになっている。
私のテレコンは2倍がⅠ型で1.4倍がⅡ型なのでせめてⅡ倍は変えたいように思う。

さて、金額的に70万円弱ということであるが、ちょっとずつ高くなっている。
今では電化製品となってしまったこのデジカメに70万円を出せる人はそう多くはいないだろう。
このカメラを使うには、やはりレンズも懲りたいところである。
そうすると、カメラとレンズでゆうに100万円越えなんて驚くことではありません。

趣味といえば、それまでですが、いまやコンデジの売れ行きが悪くなっており、それには
高性能のカメラを備えたスマホの台頭が理由の一つとなっていると聞く。
まず、写真を撮るチャンスをつかむには(シャッターチャンスをつかむには)当然として
カメラを持ち歩いていなければならない。そういった点でスマホはまさにその通りである。

この1D系のカメラはそれだけで1500g、レンズを入れると2000gを超えることもある。
どんなものをよりきれいに、より素晴らしい瞬間を撮るという理由でのみ作られたフラッグシップの
1Dx2であるから、そのような瞬間を目の当たりに出来る場所へいける様になりたいと思う。


さて、妻に相談すると、もう6年間カメラ買ってないから、そろそろいいよと返事が来た。
ただ、私に上記のような瞬間を撮れる場所と機会があるだろうか??
発売までじっくり考えようとしよう。
by eos1d3 | 2016-02-02 18:59 | 徒然に | Comments(2)
Commented by k先輩 at 2016-02-02 23:13 x
うらやましいですねえ。うちは逆にカメラ売れという圧力が…。
Commented by ゼク at 2016-02-03 21:19 x
k先輩さん、うちはカメラに関してはこの6年間ほとんど
お金を使っていないのでもうそろそろ大丈夫という感じです。
でも実際に買うかどうかはわかりません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード