無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

BLOGリンク
another piece of my life
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
警視監
c0145198_1901063.jpg



大阪府警察本部の樋口真人本部長は昨日、府警本部に大阪にある65の警察署の署長と
本部の所属長ら約200人を集めて「捜査放置 管理が不十分」と述べた。

放置により公訴時効を迎えた約4300件にもおよぶ事件については引継ぎの不足が指摘されている。
府警OBに聞くと、これらの事件は自転車盗犯等の軽微な事件が多いらしいが、それが引き継ぎ出来ずに
やがて書類の置き場がなくなり階段の下の物置や機械室等に置かれたまま忘れ去られたものだと言う。

一方、5月に迫る伊勢志摩サミットや山口組の抗争、総選挙にかけて大阪府約22000人の
警察官に各部門の連携と情報共有を呼びかけた。


さて、大阪府下にある65警察署の署長の階級は警視であり、約10ほどある大規模警察署の
署長は警視正である。そして、本部の所属長も概ね階級は警視である。
ようするに22000人いる警察官の警視以上の階級のうちの上位200名が集められて本部長が
指示したわけである。

もちろん、署長というのは警察署の中で一番偉いのである。
例えば、東淀川区であれば約220人の警察官がいてそのトップが署長で階級は警視である。
淀川区であれば大規模警察署なので署長は国家公務員の警視正であり、副署長や各課長は警視・警部で
あるが、もちろん今回は所属長ではないので呼ばれていない。

東淀川区でいえば175000人の人口があり大阪市で2番目に人口が多いが繁華街が少ないのか
大規模署にはなっていない。おそらく警視は署長、副署長、地域課課長、総務課課長くらいの4~5人では
ないだろうか。

そんな中の超幹部である所属長たる警視以上の階級のものに指示を出せる本部長はどんだけ
偉いねん??となるに違いない。

しかし、しかしである!大阪府警察本部の本部長は警視監という階級で、キャリアしか手の届かない
限られた国家総合職試験に受かったものしかなれない者の中でも選りすぐりの優秀な警察官なのであった。

警視の上に警視正がいて、警視正は大阪で35人くらい、その上には警視長がいて、本部の部長で
7人いるが、その内4人がキャリアでたった3人だけが生え抜きの大阪府警警察官である。
一般から警視長になるには57~8歳、一方キャリアの警視長は45歳くらいであり一回り違う。

本部長はさらにその上の警視監で大阪では副本部長と2名しかいない。
もちろん近畿管区警察局にも2名いるから4名であるが、大阪府としては22000人の2名だけである。

c0145198_19431857.jpg


階級章はピッカピッカの全部が金である。
この警視監の階級章を持つ警察官は日本で約78名ほど、もちろん全てがキャリア警察官である。
その警視監の中でもかなりの上位の警察官が大阪府警の本部長になるので、どえらい事はおわかりだろう。
一般採用の地方警察官や普通のキャリア警察官でもなかなかたどり着けないのである。

この上には、警視庁のトップである警視総監、さらにその上にある警察庁長官だけである。
おそろしいほどの偉い人の指示を受けて、大阪府警も不祥事の無いように最善を尽くして欲しいものである!
by eos1d3 | 2016-03-30 19:47 | 徒然に | Comments(0)