無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
タイムカプセル
c0145198_18425674.jpg


「結局、君たち(私の最初の卒業生である)が一番しっかりしてたわ」
と先生が言った。


昨日、小学校5・6年のときの担任の先生に25年ぶりに再会した喜びを書いたが、
25年ぶりというので実は小学校卒業以来1回も会ってないわけではない。

小学校を卒業するちょっと前に6年4組のみんなはタイムカプセルを埋めることになった。
先生が言い出したのか、それとも自分たちが言い出したのか今となっては定かではないが
とにかく海苔のガラス容器に全員分が入るくらいにそれぞれが未来を託しタイムカプセルに入れた。

それは、同時に8年後の20歳のときに皆でここにまた集まって掘り起こそうという誓いの儀式だった。
学校の分かりやすい石碑の裏に埋めて我々は小学校を巣立っていった。

中学校まではみんな一緒だったが、高校からはバラバラになったので中学校以来会ってない幼友達が
たくさんいるという人が多いのではないだろうか?


先生は話を続けて、「教師生活で7回卒業生を出したけど(6年生を担任した)、結局毎回タイムカプセル
産めたけどちゃんと掘り起こしたんは君らだけや」ということだった。

私はタイムカプセルはみんな確実に掘り出すと思っていたが、よく考えれば時間が経つほどに
みんなが集まって掘り起こすことは難しい。20歳になれば大学生や社会人、女性なら嫁いで大阪に
いないことも考えられる、強烈なリーダーシップと責任感をもって皆を集めて先生に連絡し
タイムカプセルを無事掘り起こすのは苦難の道なんだとそのとき気付いたのだった。



さて、先に私は20歳のときに先生に会ったと書いたので、無事にタイムカプセルを掘り起こしたのだった。



もし、みんなが集まってもタイムカプセルの場所が分からなかったり、どうしても見つからなかったとしても
そうして、同級生みんなが集まれること自体が小さな奇跡であるのだと、今は確信している。
by eos1d3 | 2016-05-17 18:59 | 徒然に | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード