無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
土曜日のピットウオークも..
by 御多忙男 at 09:19
御多忙男さん、赤いKON..
by ゼク at 13:40
uemuraさん、やっぱ..
by ゼク at 13:39
久々に鈴鹿に来られていた..
by 御多忙男 at 10:03
セグさま、コメントありが..
by uemura at 23:30
uemuraさんお久しぶ..
by ゼク at 19:32
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

BLOGリンク
another piece of my life
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
メモリー
c0145198_215818.jpg



1997年我が家に長女が産まれたこの頃はまだデジカメというものが一般的ではなく
もちろん携帯電話にもデジカメが付いてないので写真を撮るのはフィルムが普通だった。
フィルムで撮るともちろんすぐには見れず現像に出すという行為が必要になりそのためか
撮ることさえ億劫になってしまう。

この一枚はフィルムが手元になかったときに家にあったポラロイドで撮ったもの。
そのときは何気ないシャッターだったけど18年も経つと立派なMEMORIESである。

今やデジタルカメラの高画素化がすすみ解像度はフィルムをとっくに越えたとさえ言われている。

この写真は色も解像度も現在のデジタル一眼には遠く及ばないけれども、
大学生になった娘の横に確かにこの写真はある。

やはり写真は素晴らしい。
何気ないシャッターの向こう側にはファインダーを覗くあなたの優しい愛があり、
いつしかその愛は大事な宝物にかわる。
by eos1d3 | 2016-05-19 19:03 | 徒然に | Comments(0)