無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
スポーツ写真
元々、小学5年生の時に親戚にカメラをもらってから機械好きの性格に火が付き
レンズやストロボを集めて撮影を始めたのが写真との馴れ初めである。

一眼レフはレンズを変えるといろんな画角で写真が撮れる。
もらったカメラはニコマートで付いていたレンズがニッコール24mmF2.8だった。
もちろんフィルムを充填して撮影するのですが、露出計もなく勘で撮っていた。
そんなこんなで、写真との付き合いはすでに35年になるだろうか。

結婚して子供が産まれたのが1997年。
もうコンパクトカメラはデジタルに移行しようかという時期だった。
SONYの300万画素のカメラを購入した。それがデジカメとの馴れ初め。

やがて子供たちも大きくなり、幼稚園から高校までの運動会は全部出席し撮影してきた我が家の財産である。
そんな中、モータースポーツを観戦に行く機会があり、2008年からはマシンを撮影してきた。
しかし、スポーツとはいってもモータースポーツはマシンが走るので、中のドライバーを撮れない。
マシンに表情はないのであるから、どこを撮っても同じであった。

息子が中学で陸上部に入ると、1年生から試合に出ていたので出来るだけ観戦して撮影することにした。
そこで、やっぱりスポーツしている子供たちの豊かな表情に「これだ」と思うのであった。
特に陸上は肉体のそのままの戦いである。
走ったり飛んだり投げたりと、その踏ん張ってる表情には無制限の可能性がある。

やっぱりスポーツは素晴らしい。
一生懸命にやってる人の表情は輝いてるのであった!


c0145198_1982477.jpg

by eos1d3 | 2016-07-27 19:09 | 徒然に | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード