無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
お久しぶりです。次の愛車..
by K先輩 at 10:45
パイロンさん、既にデータ..
by ゼク at 23:39
こんばんは。 思い..
by パイロン at 23:06
hiroさん、お久しぶり..
by ゼク at 12:38
おお、お懐かしい。 ..
by hiro at 19:18
kotodaddyさん、..
by ゼク at 09:58
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

BLOGリンク
another piece of my life
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
EF16-35mm F4L IS USM  EF24-70mm F2.8L II USM
c0145198_19273115.jpg



6月にEOS-1D X MarkIIを購入後初めて標準ズームや広角ズームを使って撮影した結果、
やはりフィルムカメラ時代のレンズはLレンズと言えども最新のデジタル一眼のフルサイズ機には
対応しきれていないと思う場面が多々ありました。

そして、先月娘の成人式の振袖を見に行ったときに撮影したEF16-35mmF2.8LIIの解像度が
EOS-1D X MarkIIではほとんど生かされていなかったので買い替えのチャンスをうかがっていた。

そこにいつもサーキットやツイッターでお世話になっているプロカメラマンの小林勝彦さんが
「やっぱりEF16-35mmF2.8LIIは周辺が流れる」とつぶやいており、私もそれに同調すると
EF16-35mm F4L IS USMに買い替えると言われた。
そして、そのインプレッションを聞くと、「ええでぇ~」の返答があり、ようやく決意しました。

昔から言っていますが、キヤノンの超広角レンズは絞っても周囲が流れたりボケます。
1/10の価格のタムロン17-35mm/2.8-4の方がよく解像していました。

サーキットではAPSHを使っていたためにこの16-35のズームを多用してきました。
やはり写りはもう一つの感想を持っていました。
あのフードの迫力にだけ押されて7年ほど使いましたが、Ⅲ型が出るそうで旧型になるので売却し
かなり評判のいいF4IS版を購入です。

超広角のISは初めてですが、サンヨンのISみたいに結構な音がなってびっくりしました。
通常は切っておいて使わないで置きましょう。

EF24-70mm F2.8L II USMはⅠ型を9年間使いましたが、何しろ重たい!!約1キロのレンズです。
今回は、かなり軽くなって800gと約150gの軽量化を果たして、これで1DX2+24-70/2.8L2で
サーキットで使えるかもと思っております。
フードも小さくなったので持ち運びに便利ですね!


しかも都合のいいようにフィルター径が82mmと77mmで入れ替わるだけで両方使えるし、
PLやNDフィルターも買い替えずにOKなのでこれはこれで最高です。


EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMを昨年購入した時に、キャノンの新しい技術の高さに
驚きました!実にクリアーで繊細な表現も出来るレンズは今後どんどんリニューアルされて
いくことでしょう。カメラとレンズは一体ものなので、高価ですが仕方がないことだと受け止めます。
by eos1d3 | 2016-09-10 19:46 | 機材紹介 | Comments(0)