無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

BLOGリンク
another piece of my life
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
BMW M2クーペに6MT
c0145198_18334581.jpg


BMWジャパンは2016年10月25日、「BMW M2クーペ」に
6段マニュアルトランスミッション車を設定し、注文の受け付けを開始した。
2017年1月からの納車が予定されている。

M2クーペは、BMWの高性能モデルを手がけるBMW M社が開発したスポーツクーペである。
エンジンは最高出力370ps/6500rpm、最大トルク47.4kgm/1400-5560rpmを発生する
3リッター直6ターボ.

日本仕様車のトランスミッションには、これまで7段デュアルクラッチATのみが用意されていた。
今回、新たに採用された6段MTについては、シフトダウン時に自動でエンジン回転数を上げる
スロットルブリッピング機能により、ドライバーのスムーズなギアチェンジをアシスト。

ハンドル位置は右のみ。価格は7段デュアルクラッチAT仕様より25万円安い768万円。


ついにM4に続きM2にも6MTがラインナップされた。
金額的にはM240iより100万円ちょっと高いだけだ。
しかも右ハンドルで日本向けに適応されている。

M4は手が届かなくてもM2は手が届くのか??
いやっ、たいしてかわらんか・・・・。

こういった6MTのFR車は日本車ではほぼラインナップされてない。
トヨタの86やスバルのBRZが代表的な車である。
やはり日本では6MTは売れないのであろう。
スカイラインクーペも次期モデルにはMTは消滅しているそうだ。

1年前に出たトヨタのマークXの100台限定3.5Lの6MTが
カタログモデルになればきっと楽しいと思う。
by eos1d3 | 2016-10-25 18:40 | 徒然に | Comments(0)