無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
2016年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 最終戦 バンドーンGrid etc.
c0145198_1836446.jpg

c0145198_18372489.jpg



土曜日のお昼、ちょうど予選の始まる前の一瞬のひとときに
プレッシャーに押さえられた一人のドライバーがトークショーを行った。
彼の名前は関口雄飛選手。

この時点まではポイントランキングで2位に4点近くの差をつけるトップを走っていたが、
それでも、大きな緊張感に包まれて、夜中に何度もうなされて目が覚めたと言った。
彼は一見ビッグマウスかもしれないが、実は緻密に戦略を考える知的なドライバーだ。
直前の走行は4位だったが、なにか違和感があったか不安に苛まれている感じだった。

そして、予感が的中したのか、予選は大苦戦しそのまま這い上がることはできなかった。
私は、このポイントシステムは大反対である。簡単に言うと、優勝選手に3点のボーナスPtが
付くと言うものである。そもそも通常1レースで勝って10PtでコツコツとPtを積み上げてきた選手にとって
最終戦は脅威でしかない。
何しろQ1の結果がR1のグリッドを、Q3の結果がR2のグリッドを決めるのだから、
Q1でミスすればほぼもう終わってしまうのである。
勝てばハーフで5Pt+ボーナス3Ptは大きすぎる!!
せめて面白くするとしてもボーナスは1Ptで十分だと感じている。

まぁ、それにしてもこのトークショーはバンドーンの日本最後のトークショーも重なり
AKB8にも決して負けないファンが陣取った。ここに集まるファンは間違いなく
モータスポーツのファンであろう!


c0145198_18471549.jpg

c0145198_18475032.jpg

c0145198_1848676.jpg


41号車に乗るのは、来年F1が決まっているバンドーン選手である。
グリッドでレーシングスーツを着込む姿をカメラに納められた。
F1ドライバーになるとこんな写真は撮れるはずがない!いやっ、彼は現時点でも現役F1ドライバーだ。
本当に良い瞬間が撮れて、来年からのバンドーン選手の活躍を心から祈っている!

c0145198_18512021.jpg

by eos1d3 | 2016-11-02 18:53 | EOS-1DXMarkII | Comments(0)