無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataru-wataさ..
by ゼク at 21:20
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 08:20
K先輩さん、ジュリエッタ..
by ゼク at 00:44
長い2年間になりそうです..
by K先輩 at 23:33
wataru-wataさ..
by ゼク at 19:50
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:38
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
風は南から
c0145198_18542595.jpg



風は南から

このアルバムは長渕剛のファーストアルバムで昭和54年3月5日の発売である。
昭和54年と言えば私は小学3年生だった。
そして、私がこのアルバムを初めて聞いたのは発売から5年経った昭和59年の事だった。

当時通っていた中学で長渕剛が流行っており、その風に乗って聞きだしたのが始まりで、
レンタルレコードでこのアルバムをカセットテープに録音して聞いたものだった。

ただ、私の好きな歌の「風は南から」で、このファーストアルバムは入っていない。
同名ながらの風は南からという曲は次作アルバムの「逆流」の1曲目には入っているのである。


逆流は長渕のセカンドアルバムで昭和54年11月発売だった。
このアルバムのA面の1曲目に入っている。

なんで、同名の1stアルバムに入ってないか?剛しかしらんと思うけど、
この曲の始まりがなんとなく、映画の「転校生」のイメージがあって心地よい。
しかも、この頃はレコードで聞いていたので、パチパチと静電気の音がして旅情的だった。


今の長渕しか知らない人がこのジャケットを見たら「誰??」となるかもしれないが、
今をさかのぼる35年以上前、彼はこのアルバムでデビューしたのだった。
by eos1d3 | 2016-11-08 19:09 | 徒然に | Comments(0)