無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataruwataさん..
by ゼク at 16:02
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 08:02
kotodaddyさん、..
by ゼク at 21:47
こんにちは。 画像を見..
by kotodaddy at 14:25
ワガマスさん、どうもあり..
by ゼク at 19:18
こんにちは ずいぶん前..
by ワガマス at 12:10
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

BLOGリンク
another piece of my life
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
Martin D45(1969)
c0145198_18203158.jpg



アコースティックギターの中古サイトを見ていると稀にMartin D45の1968年と1969年の出モノがある。
金額的には400万円から上は1000万円近くまでいく珍しいギターである。

元々1933年から1942年まで91本作られたD45がオリジナルD45と言われて1000万円はする
アコースティックの王様としたら、1968-69は再製造されて2016年の現在まで続くD45の中でも
ハカランダという木を使っている最後の2年間の273本であり、既に何本残っているかわからない
レアなギターである。

ちなみに私が持っている1971年のD45はすでにハカランダでなはくローズウッドなので200万円
には届かない金額まで下がる。

こうやって1968-69のD45が出るたびに全てのギターを売って追い金して買おうかとも考えるが、
やはりどうやっても手が出せないし出ない。
探している人はたくさんいるので、じきに売れるだろうが、いつも歯痒い気持ちでいっぱいである・・。
by eos1d3 | 2016-12-01 18:28 | 徒然に | Comments(2)
Commented by 丸に橘 at 2016-12-24 13:07 x
すごいですよね。。。でも、金額の違いほど、音の違いがあるのでしょうか。。。たぶん、「満足感」ですよね。「もう、極めた」という。
故・加藤和彦さんも、戦前のD-45を手に入れて1969のD-45を手放したとか。
ああ、、、私も自己満足したい・・・。(笑)
Commented by ゼク at 2016-12-24 18:35 x
丸に橘さん、何度か1968-69のD45を買おうか考えたのですが、
どう考えても手が出ません。おそらく復活した1968から1973くらい
まではサイドバックがローズかハカの違いだけで、作り方は
全く同じだと思います。なので音の質も一緒だと思います。
ローズとハカの違いより、その木の持つ密度や硬さで音が
変わると思うので、音の質はほぼ一緒でしょうね。