無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
IQ246の最終回
c0145198_18361842.jpg



ドラマを今までたくさん見てきているがこのIQ246の最終回ほど難解な最終回は
なかったように思う。そもそもこのドラマの本筋となるものはIQ246を持つ今日天才の
主人公があまりに暇を持て余し、完全犯罪に立ち向かい推理し解決するというものであった。

何作かは推理に重きを置いた回もあったが、ほとんどが推理自体があまりに貧相だった。
マリアTが出てきて、いったいそれが何者か?彼女は何を目指しているかが、必死に見ていても
最後まで伝わらなかった。IQ300のマリアTが一体どこにいてどう変装して何をしているのか?の
描写もいい加減だし、殺気というものを全く感じなかった。

最後の方に午前様という訳の分からぬ御人が出てきたが、いったい何者で、警視総監までを
操る割にはセリフもなく、なぜ病気でどうなっているのか全く分からない。
結局のところ最終回の1時間に詰め込んだ割には見ている方に全く何も伝わらない駄作となってしまった。

結構な名優が出ている割に、その良さを出せずに終わってしまったのは脚本の悪さだろう。
マリアTは死んだのか生きているのか?最後はどうなっているのか?幻想なのか??
ドラマであるからには何かのメッセージがあるはずなのに、ほぼ伝わらない難解な内容は
作り手だけの自己満足に他ならないだろう。
by eos1d3 | 2016-12-20 18:45 | 徒然に | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード