無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
hiroさん、お久しぶり..
by ゼク at 12:38
おお、お懐かしい。 ..
by hiro at 19:18
kotodaddyさん、..
by ゼク at 09:58
wataru-wataさ..
by ゼク at 09:56
こんばんは。 バネ棒は..
by kotodaddy at 19:09
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:30
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

BLOGリンク
another piece of my life
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
おとなの掟
c0145198_18355881.jpg



最近、ハイレゾ機器に凝っており音楽サイトから色々とダウンロードして楽しんでいる。
また、ドラマ鑑賞も好きなので、その主題歌になった曲も色々と手に入れている。

ドラマ「カルテット」の中で主人公となっているDoughnuts Holeのメンバーが
ドラマの最後に歌っているこの「おとなの掟」であるが、第1回目放送の後から既に
話題になっていた。椎名林檎の作るこの曲は彼女の独特の世界観を醸し出している。

私が林檎ちゃんを最初に聞いたのは1999年頃であろうか?
「本能」でナースのコスプレのままミュージックステーションに出ていたのに目が止まり
同時に驚愕しその後、共鳴した。
すぐに、彼女のファーストアルバム「無罪モラトリアム」を購入した。
その頃、まだ小さかった娘と一緒によく「シドと白昼夢」を歌ったものだ。


さて、この彼女の世界観であるが、その世界観とは「真似」であってはいけない。
そして、その曲を聞くだけで、彼女の曲だなと直感しなければならない。
簡単のようで、非常に難しい。
女性のアーティストの中では椎名林檎は格別と思っている。

そんな彼女の世界観がたっぷりと入ったこの「おとなの掟」ぜひ、彼女自身が
歌っているのを聞いてみたいものである。
by eos1d3 | 2017-02-11 18:46 | 徒然に | Comments(0)