無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataru-wataさ..
by ゼク at 21:20
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 08:20
K先輩さん、ジュリエッタ..
by ゼク at 00:44
長い2年間になりそうです..
by K先輩 at 23:33
wataru-wataさ..
by ゼク at 19:50
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:38
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
Canon 超望遠 比較
c0145198_18253534.jpg


ちょっと前に、私の持っているCanonのISの1型ゴーヨンの部品保有期限が迫っており
買い替えをどうしようか考えているという記事を書いた。

ゴーヨンを買った時とは状況が違っている。
それはカメラのセンサーがAPSHからフルサイズに変わったことにより
その望遠効果がなくなったことである。
ご存知1D4までのAPSH機は1.3倍機と呼ばれ500mmは650mmとして使えた。
今の1DX2は文字通り500mmのままである。

そう考えると、次に選ぶのは同じ感覚で使える600mmという事になるが、問題になるのは
その大きさである。写真で分かるようにロクヨンは一番大きな超望遠なのである。

そもそも光学的に400/2.8に1.4倍テレコンで560/4となる。
つまり大きさは500/4<560/4(400/2.8)<600/4となる。
ここでF5.6まで考慮すると、400/2.8=800/5.6でゴーヨンは700/5.6、ロクヨンは840/5.6だ。
並べると、700/5.6(ゴーヨン)<800/5.6(ヨンニッパ=ハチゴロク)<840/5.6(ロクヨン)
とこうなる。

やはり光学的に600mmでF4の明るさのレンズは300mmならF2の大きさなのだ。

そこで、ロクヨンにしたとすると、キャリーバックや三脚や対応する備品もすべて買い替えになる。
こりゃ、悩ましい。このまま、APSC機の7D2を買ったらどうか??

いやいや、問題は旧型ゴーヨンが来年には修理不可になることだ。
2020年の東京五輪ではISもさらに進化した3型の超望遠がでるかもしれない。
そこまで3年間、大事に使って3型に賭けるのがいいかもしれない!
by eos1d3 | 2017-02-25 18:39 | 機材紹介 | Comments(0)