無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
セグさま、コメントありが..
by uemura at 23:30
uemuraさんお久しぶ..
by ゼク at 19:32
ご無沙汰しています。 ..
by uemura at 23:13
wataru-wataさ..
by ゼク at 18:42
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:52
ゼクさん、こんにちは。 ..
by ジュニアユース at 21:04
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

BLOGリンク
another piece of my life
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
目的意識
世界中をまわっている旅人が、ある町外れの一本道を歩いていると、
一人の男が道の脇で難しい顔をしてレンガを積んでいた。
旅人はその男のそばに立ち止まって、

「ここでいったい何をしているのですか?」
と尋ねた。

「何って、見ればわかるだろう。レンガ積みに決まっているだろ。
朝から晩まで、俺はここでレンガを積まなきゃいけないのさ。
あんた達にはわからないだろうけど、暑い日も寒い日も、風の強い日も、
日がな一日レンガ積みさ。腰は痛くなるし、手はこのとおり」

男は自らのひび割れた汚れた両手を差し出して見せた。

「なんで、こんなことばかりしなければならないのか、
まったくついてないね。もっと気楽にやっている奴らがいっぱいいるというのに・・・」

旅人は、その男に慰めの言葉を残して、歩き続けた。

もう少し歩くと、一生懸命レンガを積んでいる別の男に出会った。
先ほどの男のように、辛そうには見えなかった。旅人は尋ねた。

「ここでいったい何をしているのですか?」

「俺はね、ここで大きな壁を作っているんだよ。これが俺の仕事でね。」

「大変ですね」

旅人はいたわりの言葉をかけた。

「なんてことはないよ。この仕事のおかげで俺は家族を養っていけるんだ。
ここでは、家族を養っていく仕事を見つけるのが大変なんだ。
俺なんて、ここでこうやって仕事があるから家族全員が食べいくことに困らない。
大変だなんていっていたら、バチがあたるよ」

旅人は、男に励ましの言葉を残して、歩き続けた。

また、もう少し歩くと、別の男が活き活きと楽しそうにレンガを積んでいるのに出くわした。

「ここでいったい何をしているのですか?」

旅人は興味深く尋ねた。

「ああ、俺達のことかい?俺たちは、歴史に残る偉大な大聖堂を造っているんだ!」

「大変ですね」

旅人はいたわりの言葉をかけた。

「とんでもない。ここで多くの人が祝福を受け、悲しみを払うんだぜ!素晴らしいだろう!」

旅人は、その男にお礼の言葉を残して、また元気いっぱいに歩き続けた。




イソップ童話で有名な、3人のレンガ職人の話である。
同じレンガを積む「行為」であっても気持ちの持ちようでモチベーションが違うという教訓である。

簡単な仕事でもそうである。
一つの仕事に関して、この仕事が将来どんなことに繋がっているのか考えることで、
そのやり方さえ変わっていくのである。

超一流の人はやはり、新人の時から簡単な仕事でも手を抜かずに一生懸命その意味を考えて
やったから今があるのである。

ゼネコンの新入社員は仕事が分からないから、とりあえず箒をもって掃除させられる。
大学の工学部を出て、なんで毎日掃除ばっかり?と不満に思う者も多い。
しかし、出来るものは、掃除しながらいろんな職人に仕事を見て覚えるのである。
職人に声を掛け、そこで親しくなり仕事の上手い進め方を掴みのである。

その仕事の基本の基本の中にこそ、その仕事の神髄が隠れているものなのである。
by eos1d3 | 2017-04-03 18:38 | 徒然に | Comments(0)