無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
久々に鈴鹿に来られていた..
by 御多忙男 at 10:03
セグさま、コメントありが..
by uemura at 23:30
uemuraさんお久しぶ..
by ゼク at 19:32
ご無沙汰しています。 ..
by uemura at 23:13
wataru-wataさ..
by ゼク at 18:42
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:52
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

BLOGリンク
another piece of my life
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
今日は遊園地・鈴鹿サーキットへ
いつもはレース観戦に鈴鹿サーキットに行っているんですが、今日は遊園地だけのために
行ってきました。
なぜなら、小学校5年の娘と小学校1年の息子をレース開催日に一緒に連れて行くと、
レース観戦に必死になってしまい遊園地で一緒に遊んであげれない。
だからレースのない日に遊園地だけを思い切り楽しむことにしているのです。

ここ鈴鹿サーキットの遊園地は日本のモータースポーツの聖地だけあって乗り物系の
遊具が多い!特に車(4輪は)は何種類あるか分からないほどであります。

ここで人気の乗り物は2006年に新規オープンしたツーリングバイクとキッズバイクであります。
おそらく2輪の本格的な遊具乗り物はここだけではないでしょうか?
これらの乗り物の多くは本田技研が提供している。鈴鹿サーキットならではのことであります。

c0145198_22194793.jpg

左に見える赤い字はツーリングバイク、右に見える青い字はキッズバイクと書いてあります。
まずキッズバイクで練習します!3歳以上でコマなし自転車に乗れる子は誰でも参加できます!

c0145198_22222633.jpg

一通り説明を聞きます。アクセルを回すとバイクが走る事、ぶれーきを掴むと止まる事、
基本を教えてくれます。

そうして、一番小さい練習場で3周ほど走る練習をします!ここで無事に走れたら
第一段階クリアーです!!うちのチビも頑張っております!
c0145198_22243843.jpg



そして、次は向こうに見えるキッズバイクのコースで走るのです。
手前が練習場です!みんな楽しそうに走っています!!
c0145198_2226868.jpg

そしてキッズバイクが乗れるようになると「免許」をもらえるのです。それからは
ここで遊んでもいいのですが、隣のツーリングバイクに進むことも出来ます。
ツーリングバイクはキッズバイクコースで合格し免許をもらうか小学校3年生以上で
自転車に乗れる子が遊ぶことが出来ます。

c0145198_2229828.jpg

今度はさっきより本格的なコースになっています。
ヘルメットを被って、安全運転で走りましょう!子供たちはみんな嬉しそうです。
c0145198_22303164.jpg

よ~~いスタート!と走り出します!!
c0145198_2231160.jpg

うちのチビもいっちょ前に乗っております。


やはり、鈴鹿はモータースポーツの聖地です!
このキッズバイクが大好きでその後モータースポーツに本格的に進んで、将来世界的な
ライダーになる少年が生まれるかもしれません。素晴らしいことだと思います!!



もし、大阪北部方面から鈴鹿サーキットに行こうと思えば2月に開通した新名神を使う事を
お勧めします。名神吹田より新名神を使うと亀山から4Kmほど東名阪を戻りますが、
近畿道~西名阪~名阪国道より断然早いです。休憩無しなら1時間半で鈴鹿サーキットです。
小さいお子さんがおられる方どうでしょうか!!
by eos1d3 | 2008-06-15 22:33 | EOS1DMarkIII | Comments(12)
Commented by F1ましーん at 2008-06-16 00:10 x
こんばんは~!
パパさん、お疲れ様でした!
自分も家に着いてゆっくりしてます。
しっかりと来月のFポンに向けて流し撮りの練習をされてますね(笑)
ウズウズしてしょうがなかったんじゃないですか?
幼少の頃からの下地は、ヨーロッパの方が進んでましたが、
日本でもかなり熱心になってきたので、近い将来、世界で
チャンピオンを争う人材が出てくると思います!
それがゼクさんの息子さんだったら最高ですね!
Commented by なんちゃってブルーズマン at 2008-06-16 07:05 x
おはようございます
7時間耐久遊園地お疲れ様でした!
乗り物系が多いというのは流石、鈴鹿ですね^^
大人でも楽しめる物って多いんでしょうか?
私は鈴鹿ではボーリングしかした事がありません・・・。
大雨の日にわざわざ行った覚えがあります。15~6年前だと思いますが・・・。
1度、遊園地も行ってみたいですね。
それにしても、流し撮りバッチリ決まってますね^^
さすがゼクさんです!
普通の親御さんなら流し撮りなんて出来ないでしょうから^^
Commented by ゼク at 2008-06-16 16:06 x
昨日は鈴鹿サーキットの入園料が無料DAYでえらい人出でした。
1つ乗るのに40分くらい待ちました。
しかしキッズバイクはスピードが遅いので流すにもSS1/10くらいでないと流れませんでした。
鈴鹿は町全体が車の町と言う感じで僕は大好きです!
Commented by ゼク at 2008-06-16 16:10 x
なんちゃってブルーズマンさん!
遊園地の7時間はいいのですが往復の4時間の運転が辛いです。
妻&チビ×2は熟睡して睡眠ガスを出します。
僕も眠くなりそうでした・・・・・。
しかし見たところたくさんの方が写真撮ってましたが、ほとんどがコンデジで
1眼は少なかったです。
白レンズは70-200mmF4LISの方1名でした。
もちろんキッズバイクのコーナーで流し撮りしているのは僕だけでした・・・・。これやってみると意外に難しい。
SS1/10以下ではほとんどがブレの世界です。
勉強になりました。
Commented by なんちゃってブルーズマン at 2008-06-16 17:00 x
SS1/10なんですねぇ・・・
すごいです・・・。
1度だけ自転車をSS1/15で試したことありますがブレブレでした・・・。
もっと修行をしないと・・・。
Commented by ゼク at 2008-06-16 17:14 x
すごくないですよ!!
なぜか?・・・・・・・・・30枚とって成功は3枚だけでしたから・・・・・。
成功率10%ですもん。
Commented by ARTA at 2008-06-16 19:34 x
ゼクさん、こんばんは
家族サービスお疲れ様です
ツーリングバイクは分かりませんが、キッズバイクならツインリンクもてぎにもありますよ~
鈴鹿には行ってみたいのですが、一度も行ったことがありません

それにしてもSS1/10とは驚きです!!


Commented by ゼク at 2008-06-16 19:35 x
やはり鈴鹿ともてぎは経営が同じでホンダ系なのでキッズバイクあるんですね!
子供たちは実に生き生きしています!それにかわいいですね!
Commented by kotodaddy at 2008-06-16 21:22
さすが鈴鹿サーキット、日本国内レースのメッカですね。幼い頃からモーター
スポーツ的な部分に触れる事ができる様になっている様です。この子ども達が
小さい頃からこの場でバイクに慣れ親しむ事で、底辺が広がるのと同時に
将来のGPライダー育成に一助になるんじゃないでしょうか。
Commented by ゼク at 2008-06-16 21:39 x
そうなるといいんですがね!!
日本はモータースポーツにおいては遅れていると思います。
新聞にもほとんど載りませんし有名選手もいません。
F1参戦が難しいのもわかります。
クルマやバイクは安全に乗ればこんなに楽しい!!って事を早くから
学べていいと思います!
Commented by wisteria_apr at 2008-06-17 23:58
こんばんは、さすが鈴鹿は規模が違いますね。
同じホンダ系列のもてぎに比べると、家族全体が楽しめるように出来ているんですね。

バイクに関しては70年代の暴走族の絡みでしょうか、随分と規制が厳しい
と思います。実際私の住む埼玉県では、高校生で二輪免許は取得不可です。

加藤や本山が育った秋が瀬のような場所が増えてくれると嬉しいのですが・・・。
Commented by ゼク at 2008-06-18 08:40 x
もてぎも同系列なのでよく感じが似ていると思います。

埼玉では高校生が自動二輪取れないんですか・・・・・。
うちも高校では確か3無い運動してましたが、普通にみんな乗っていました。
正しく安全にのればこんな便利なものはないですが・・・・。