無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
土曜日のピットウオークも..
by 御多忙男 at 09:19
御多忙男さん、赤いKON..
by ゼク at 13:40
uemuraさん、やっぱ..
by ゼク at 13:39
久々に鈴鹿に来られていた..
by 御多忙男 at 10:03
セグさま、コメントありが..
by uemura at 23:30
uemuraさんお久しぶ..
by ゼク at 19:32
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

BLOGリンク
another piece of my life
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
カテゴリ:機材紹介( 214 )
アルファロメオ ジュリア クアドリ 売ってる!
c0145198_196222.jpg



日本ではまだ正規輸入されていないアルファロメオジュリアが既に
並行輸入で入ってきている。
ジュリアはジュリエッタに続きフィアットグループがDセグで勝負をかける
重要な位置づけの車である。
しかも最高峰のクアドリフォリオベルデは510psのフェラーリーチューンの
イタリアスポーツの正当な血を引くエンジンである。
おそらく、マセラッティのGTなどのエンジン音に近い「フェラーリーの音」と
思っている。残念ながら今のところ日本に正規輸入される予定の右ハンドルには
6MTの設定はないようであるが、このモデルがヨーローパ仕様なので
左ハンドルの6MTである。BMWのM4やM3がライバルとするなら、
この金額はそんなに高くないだろう!
by eos1d3 | 2017-04-12 19:11 | 機材紹介 | Comments(4)
MARTIN '71 D45 VS MARTIN '96 D45 DX CFM
c0145198_15493570.jpg


(右)
今日は数年ぶりに寝かしておいたMARTIN '96 D45 DX CFMの弦を張ろうと思いつきました。
このギターはスノフレイクインレイのいわゆるオリジナルプリウォーD45のコピーで
1996年にMartin社が出した記念モデルであります。
TOPはシトカスプルース、サイドバックはハカランダのメキシコアワビ貝の装飾が
ボディーだけでなくネックやヘッドまで回っていて豪華なモデルです。
新品では300万円だったそうですが、僕は2006年に中古で買いました。

(左)
一昨年購入した私のバースデーイヤー1971年式のD45です。
なんと長渕剛氏がナイティナインのごちですで弾いた本物です!!
TOPはドイツ松でサイドバックは東インド産のローズウッドになっております。
1970にMartin社はそれまで使っていたブラジル産のローズウッドの枯渇から
東インド産のローズウッドに使用材料を変えました。1971年はそんなMartin社の
初期のローズD45でございます。最近では1974年までのドイツ松のTOP板を持つ
D45の高騰は目を見張るばかりでございます。

c0145198_15582379.jpg


(右)
2000年前後のMartin社のハカランダは写真のような少し赤い板目のものが多いです。
柾目のものもありますが、当然同じ確率で入っているので柾目が好きな人はそっちを
選び板目が残る形になっていると思います。この後に出されたD45GEのハカランダは
おそらく別に保管してあったハカでちょっと材料が違うように思います。

(左)
1971年頃のローズは本当にきれいなこれ以上にない柾目でございます。
当時Martin社はブラジルローズの代替えとしてこんなキレイなローズを使っていたんですね。

c0145198_1623415.jpg
c0145198_1624490.jpg


使われているアヴァロン(メイキシコアワビ貝)も少々違います。
1971年の方が白っぽい貝で施工方法も手作り感が多いです。
最近のアヴァロンは青っぽいですね。このどちらのアヴァロンもソリッドと思います。

糸巻きはMARTIN '96 D45 DX CFMはオープン型です。一方1971はグローバーの
オーソドックスな人気のオイルが入っているものです。


この2本のギターですが、全く違います。
MARTIN '96 D45 DX CFMは低音がとても出るギターです。
まるでグランドピアノのような重厚な音です。ネック幅も昔の広い方なので大きな手の
私には弾きやすいです。
MARTIN '71 D45のほうは軽い音です。もちろん46年経ち、材が枯れてるのかもしれません。
ドイツ松(ジャーマンスプルース)の奏でる煌びやかさがあります。


この2本を持つことはきっとアコースティックギターファンにとっては有意義なものであると思います。
私も出来る限り大事に所有し弾いていきたいと思っています。
by eos1d3 | 2017-03-26 16:11 | 機材紹介 | Comments(2)
G&V 2.5mm 4極 SN1A-2BA-AIR
c0145198_20203188.jpg



先日購入した超軽量のヘッドホン(デノン DENON AH-MM200BKEM)ですが、
どうもバランス接続対応のようです。そこで、2.5mm 4極のコードを見つけて
購入しました。

c0145198_20231257.jpg


このデノン DENON AH-MM200BKEMのヘッドホン側のプラグの差込口は
楕円形をしており府写のプラグは干渉して入りませんが、このプラグは入ります。

c0145198_20245471.jpg



さて、ONKYO dp-x1aですが、バランス接続出来て素晴らしく音が変わります。
そして、このヘッドホンもバランス接続することで実にクリアーになりました。
by eos1d3 | 2017-03-12 20:27 | 機材紹介 | Comments(0)
Canon 超望遠 比較
c0145198_18253534.jpg


ちょっと前に、私の持っているCanonのISの1型ゴーヨンの部品保有期限が迫っており
買い替えをどうしようか考えているという記事を書いた。

ゴーヨンを買った時とは状況が違っている。
それはカメラのセンサーがAPSHからフルサイズに変わったことにより
その望遠効果がなくなったことである。
ご存知1D4までのAPSH機は1.3倍機と呼ばれ500mmは650mmとして使えた。
今の1DX2は文字通り500mmのままである。

そう考えると、次に選ぶのは同じ感覚で使える600mmという事になるが、問題になるのは
その大きさである。写真で分かるようにロクヨンは一番大きな超望遠なのである。

そもそも光学的に400/2.8に1.4倍テレコンで560/4となる。
つまり大きさは500/4<560/4(400/2.8)<600/4となる。
ここでF5.6まで考慮すると、400/2.8=800/5.6でゴーヨンは700/5.6、ロクヨンは840/5.6だ。
並べると、700/5.6(ゴーヨン)<800/5.6(ヨンニッパ=ハチゴロク)<840/5.6(ロクヨン)
とこうなる。

やはり光学的に600mmでF4の明るさのレンズは300mmならF2の大きさなのだ。

そこで、ロクヨンにしたとすると、キャリーバックや三脚や対応する備品もすべて買い替えになる。
こりゃ、悩ましい。このまま、APSC機の7D2を買ったらどうか??

いやいや、問題は旧型ゴーヨンが来年には修理不可になることだ。
2020年の東京五輪ではISもさらに進化した3型の超望遠がでるかもしれない。
そこまで3年間、大事に使って3型に賭けるのがいいかもしれない!
by eos1d3 | 2017-02-25 18:39 | 機材紹介 | Comments(0)
メロディー
c0145198_18203826.jpg



あんなにも 好きだった きみがいた この町に
いまもまだ 大好きな あの歌は 聞こえてるよ
いつも やさしくて 少し さみしくて

あの頃は なにもなくて
それだって 楽しくやったよ
メロディー 泣きながら
ぼくたちは 幸せを 見つめてたよ

なつかしい この店の すみっこに 置いてある
寄せ書きの はじのほう きみと書いた ピースマーク
みんな 集まって 泣いて 歌ってたね

あの頃は なにもなくて
それだって 楽しくやったよ
メロディー いつのまに
大切な ものなくした

あの頃は なにもなくて
それだって 楽しくやったよ
メロディー 泣きながら
遠い空 流されても

きみのこと 忘れないよ
いつだって 楽しくやったよ
メロディー 泣かないで
あの歌は 心から 聞こえてるよ


玉置浩二の作ったこの「メロディー」は本当に素晴らしい。
彼は今では変人のように扱われているが、安全地帯でデビューし
「ワインレッドの心」でメジャーになった時はヒットメーカーであった。
その後、「恋の予感」「熱視線」と立て続けにヒットを飛ばし、
中森明菜ちゃんの「サザンウィンド」、斉藤由貴ちゃんの「白い炎」のように
アイドルへの提供も頻繁に行われている。

もちろん、特筆すべきは彼のシンガーソングライターとしてのシンガー部分だ。
私は、彼こそがプロ中のプロである歌のうまさの持ち主だと思っている。
難しく歌っている訳でもなく、特にややこしい歌い方ではなく、小さな囁くような声から
大きくはき出すような声まで実に安定していてしかも音程が狂うことはない。

かつて15歳だった宇多田ヒカルはそのデビュー曲である「Automatic」で鮮烈な幕を開けた。
私の娘が生まれた頃の話であるからもう20年近く前の話である。
実はそのB面として「Time will tell」が入っている。
その中で15歳の宇多田ヒカルは「Time Will Tell 時間が経てば分かる」とメッセージを送っている。

さて、そんな娘も今年20歳になり、大学生ながら既に子育ての範疇を越えて我々夫婦も
何とか一通りやり遂げた感がこみ上げている。
結婚したばかりの頃、小さな借家の片隅で生活を始めた若い夫婦に子供が授かったのだ。
先も分からぬまま、20年があっという間に経った。

「あの頃は なにもなくて
それだって 楽しくやったよ
メロディー いつのまに
大切な ものなくした」

いつしか何でも「当たり前にある」と思ってしまっているが、実は当たり前ではない。
元は、何もないところから始まって少しずつ積み木を重ねるように今があるのだ。
20年前ヒカルちゃんが時間が経てば分かると教えてくれたことが、ようやくわかってきた。
わずか、15歳のヒカルちゃんのメッセージが時間を越えて突き刺さる。
そして玉置浩二のメロディーと一緒に頭の中で奏で始めるのであった。


by eos1d3 | 2017-01-19 18:41 | 機材紹介 | Comments(0)
1927BNC 527 MONZA
c0145198_18113071.jpg
c0145198_18113741.jpg
c0145198_18114582.jpg




近藤真彦氏のラジオ番組「COME ON! ROCKIN' ROAD」の中で、
ここ最近の一番の買い物は?の質問に1927 BNC 527 MONZAという答えが返ってきた。

「うん? 聞き覚えがあるぞ!」と思い、プリマベーラで撮影した車たちを見ていると
ありました!!しかも色もマッチが言っていたのと同じなので、この車と同じ感じだと思います。

プリマベーラにはアルファのジュリエッタで参加しているのですが、
ひょっとすると、今後は1927BNC 527 MONZAで参加されるかもしれませんね!!
それにしても昭和2年式の車なんてすでに今年で90歳!!
部品が残ってないので、自作するか、世界中の同系車種のオーナーから譲ってもらうしかない。
そんな難しい車なので、一体どうなるのか??今年のプリマベーラが楽しみである!
by eos1d3 | 2017-01-10 18:18 | 機材紹介 | Comments(0)
イヤホン BA型 6ドライバー 購入
c0145198_18394889.jpg
c0145198_18395416.jpg
c0145198_184004.jpg



最近、ハイレゾ関係のDAPの話題ばかりになってるなぁ~~。
先々週にハイレゾイヤホンのJVC HA-FW01を購入しましたが、またもややってしまいました。

あのとき本当はBA型のイヤホンを買いに行ったのが結局はD型のものを買ってしまった私、
けどやっぱりどうしてもBA型が欲しくなりネットを見ているとG4というショップがハンドメイドしている
6BA-TSW38-V2というのがコスト的にも良さそうだった。
高音、中音、低音に各2つのドライバーが入っているバランスドアーマーチュア方式で、
通常6ドライバーだと10万円はするということで評判もよさそうなこれにしました。

ケースはShureの535を使っていると思います。
虫眼鏡で見るとSHUREと535という文字がうっすらと見えるのです。

中身はさすがに6ドライバーという事でキカイダーはハカイダーの顔のようにメカニックです。

最新のHA-FW01はハイレゾ対応で50KHZまで出ますし低音も素晴らしいですが、
この6BAもまた全く違うテイストであります。
キンキン感が少なく、温かい感じに思います。
これで、もう何も買うまい!!そう、絶対に買うまい!
by eos1d3 | 2016-12-26 18:48 | 機材紹介 | Comments(0)
工具箱
c0145198_1934396.jpg



たびたびこのBLOGにも出てくるこの道具箱、スナップオンの名前が見えるが
実はスナップオンのツールケ^スではなくプレートを張っただけである。

この道具箱を買ったのは大学生の時だから、すでに25年ほど経つだろうか??
少しずつ少しずつ中身も増えてきて、会社に数年置いていたこともあったが、
ここ何年かは自宅に鎮座している。

家の何かが壊れた時、私の場合はまず自力で修理できるかどうか見定める。
ただ、この見定めるという文字の中には「見積額」は入っておらず、
しばしば自力で修理したばかりに買い替えるより高くつくことがある。
しかし、ここの忘れてはならないのは「愛着」という言葉である。
今の子供たちは、ものが溢れて何でも揃っているので、大事にしたり愛着を持つことが少ない。

モノを修理したり改造して何度も使うことは「貧乏くさい」とも言い放つ。
私の家の家具も電化製品もたくさん手が入れてあり、確かに貧乏くさいかもしれない。
でも、ものを大事にして最後まで使ってあげることが一番といつも子供たちに言っている。

買ってくれた人、それをくれた人、自分が買ったとしてもそれを購入した理由が何かあるはずである。
そんなものの思い出も一緒に、ずっと暮らしていけたらと思う。
by eos1d3 | 2016-12-22 19:43 | 機材紹介 | Comments(0)
2016年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 最終戦 Pitwalk
c0145198_1832166.jpg

c0145198_18322064.jpg

c0145198_18322579.jpg

c0145198_18323651.jpg

c0145198_18331285.jpg

c0145198_18335149.jpg


最終戦になってバンドーンの人気もあるのか、ピットウォークも凄い人です。
SGTと比べるとレースクイーンさんも少ないですが、それでも賑わっております。

ドコモのお姉さんはRQさんかどうか分かりませんが凄い脚線美でびっくりしました。



c0145198_1834428.jpg


寿一さんは、SGTのドライバーは引退しましたが86のプロカテゴリーには出場していました。
やっぱりどこにいても人気者です!!


写真よく見てみたら全部縦位置やぁ~~。
by eos1d3 | 2016-11-01 18:40 | 機材紹介 | Comments(0)
新しいリーダー購入
先日 LexarのCFを購入しましたがどうにも速度が出ない。
良く調べるとカードリーダーがUSB3.0対応であっても初期のもので
UDMA7に対応していませんでした。

そこで新しいリーダーを購入しました。
僕はバッファロー派なので、

BSCR20TU3BKとBSCR22TU3WHを購入しました。

c0145198_2010260.jpg
 
c0145198_20102030.jpg



そこで、もう一度測定しました。
c0145198_20105745.jpg


やっぱりリーダーが変われば速度もかわりました。
けどTOSHIBAのCFはコストパフォーマンス高いなぁ~~。

ちなみに下の2つの数値はUDMA7未対応のもの。
上の2つが今回購入したUDMA7対応のリーダーです。
全然違いますね!
c0145198_2012920.jpg

by eos1d3 | 2016-10-22 20:13 | 機材紹介 | Comments(0)