無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataru-wataさ..
by ゼク at 21:17
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:31
ジュニアユースさん、私は..
by ゼク at 18:45
ゼクさん、こんにちは。 ..
by ジュニアユース at 22:25
鍵コメさん、情報をどうも..
by ゼク at 12:44
wataruwataさん..
by ゼク at 12:11
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
カテゴリ:徒然に( 2006 )
2017 大阪高校私学総体 男子ソフトボール その2
c0145198_18361787.jpg


昨日やった大阪高校私学総体 男子ソフトボールですが、一応公式戦であります。
しかし、この高校男子ソフトボールというのは、大阪高体連のソフトの中でも
大多数は女子ソフトボール部が占めて、男子は12校だけになって実に少数派です。
しかも今年は1校が9名揃わずに11校だけでやっているので、同じ高校でも硬式野球部と
比べたらその1割にも満たない極ごく少数派のクラブということが分かります。

なので、最初に戻りますが公式戦と言っても昨日の舞洲では、もう本当にこれが公式戦を
やるグランドか?と思うほどの原っぱでした。
野球はしっかりとしたルールの中、球場ごとの大きさの差はありますが、球場の形状を
保っています。しかし男子ソフトは「草むら」の中でスチールメジャーで測定して
ダイヤモンドを作りベースを置くことから始まります。
たいていの場合は、そこは球場ではなく、平坦な空き地のようなところなので、それを
見る保護者の方も苦労します。
椅子もなければネットもなにもない。特に今回の舞洲はひどい所でした。

もう草刈りもなにも行われていないブッシュの中にある原っぱでのプレーです。
ただ、逆に撮影する方は、唯一見れる真後ろから迫力ある写真が撮れます。
まぁ、投手の視覚に入ってはいけないと、何とかずらして撮っていますが、
この写真はここでしか撮れない、迫力ある写真と思います。
by eos1d3 | 2017-09-19 18:48 | 徒然に | Comments(0)
2017 大阪高校私学総体 男子ソフトボール
c0145198_18265671.jpg
c0145198_1827491.jpg




元々土曜日の午前から開始するはずだった、同大会ですが、
台風18号の影響で延期になり、本日行われました。
大阪府にある高校11校の男子ソフトボール部の私立高校だけの大会です。
北千里高校、阿倍野高校、茨木西高校、の公立高校が抜けた8校でトーナメントです。

結果は1回戦の大阪産業大学付属高校との戦いで
初芝立命館00020 2
大阪産大高00107 9

90分制の大会なのでここで終了です。
辛い逆転負けを喫しましたが、次に向かってまた練習してください。
by eos1d3 | 2017-09-18 18:33 | 徒然に | Comments(0)
アウトレットの買い物
c0145198_18421838.jpg



今日は台風の予報がありましたが、大阪に近づくのは夕方以降なので
朝一番から神戸三田のアウトレットに行ってきました。
当然、めっちゃ空いていると思っていましたが、同じ考えの人ばかりが
集まって凄い人!16時に営業を終了するというアナウンスと相まって
買い物を急ぐ人多数。

私の買い物は今週20歳になる娘の誕生日プレゼントと、
自分へは割れてしまった二重底のグラスコップの代替品で良いのがありました。
それを、4つ購入しTHE ENDです。

安く二重底のコップが買えて良かったです!!
by eos1d3 | 2017-09-17 18:46 | 徒然に | Comments(0)
ルーツ
c0145198_18513160.jpg



今日、母から1名の写真を手渡された。
えらく古い写真に色が付けてあることがまず第一印象。
そして次には右の女性は私が10歳の時に亡くなった祖母だとわかった。
という事は左は3歳の時に亡くなった祖父であろう。

母は、弟が(私の叔父)古い写真を整理していて両親の若いころの写真を見つけ
今の技術で色付してもらいさらに引き延ばしたやでぇと私に告げた。

母方の祖父は明治35年生まれで祖母は大正2年生まれである。
この写真は祖父30歳で祖母19歳くらいではないか?という話だ。
となると昭和4~5年くらいかな??85~6年前??

どちらにしても、この二人から母が生まれ私がいるのである。
祖母は記憶に大いにあるが、祖父は全く記憶がない。
この写真を見れば、私と顔が似て入ることが一目瞭然だ。

古い写真をみて自分のルーツを知る。
今夜はこの写真を子供たちに見せよう。
by eos1d3 | 2017-09-16 19:15 | 徒然に | Comments(0)
iPhone X
c0145198_18342620.jpg



先日iPhoneの新しい機種でiPhone 8とiPhone Xが発表された。
8の方は今までの正常進化版でXの方は豪華版らしい。

私のスマホ生活は家族の先陣を切って2010年9月より始まった。
その後、娘と妻が最後に息子が全員iPhoneを使っているが、現時点で私が一番古いiPhone5Sを
使っている。ちなみに妻と娘はiPhone4Sから同じ時期にiPhone6に息子は高校デビューに
iPhone6Sからのスタートだ。

さて、2010年9月にiPhone4で始まった私は2013年10月にiPhone5Sに買い換えて4年経った。
全体的にガタがきてバッテリーも一度交換したが、新しいアプリの反応速度が遅いのと、
音楽をすべて削除しても32GBでは少なすぎて困っているのである。

前評判では8はあまり変える必要なないほど退屈な進化らしい。
それに比べてX(テン)は前面液晶や顔面認識機能と今までのiPhoneとは違った進化だ。
どうせ買うならやけくそでXの256GBを買ってやろうか!!

ほとんど使いこなしていない私はこのまま中古のiPhoneSEでおとなしくしている方がいいのか
う~ん、悩める秋だ~~。
by eos1d3 | 2017-09-15 18:42 | 徒然に | Comments(2)
2017 夏ドラマ 2
c0145198_18282356.jpg



今クールはほとんど感想を書かないままに既に最終回を迎えたドラマもちらりほらり・・・。
今日は、特に最終回を見た感想を書きたいと思います!
そして、今日以降に最終回を迎えるドラマは後程書きたいと思います。

私の見ている中で最初に終わったのが土曜日の警視庁いきもの係であった。
このドラマ、橋本環奈ちゃんが生き物のプロとして警察官に採用されて、
難事件を解決していく本筋と、裏には記憶を無くした渡部悦郎の話や、
新興宗教の犯罪加担に話があり、最終回はそれなりに盛り上がると思っていたが、
どないやねん!!全く盛り上がることなく終了。
新興宗教の映像も何もなく、簡単に解決してしまった。こりゃ駄作です。
橋本環奈ちゃんのためのドラマであり、おっさんの私には難しかったのだ。

昨日は刑事7人パート3である。
これも、どうもすっきりしないドラマである。巨悪のうごめく臨海地帯の
悪人たちが上手に描かれて解決すると思っていたが、馬久根は殺されて、
しかも若い女子に喉元をかみちぎられると言う嘘みたいな殺されかた!
僕は思わず「うそやろ?」と叫んだ。
そして、御厨は同僚刑事の山下の偶像だったという始末の悪さだ。
残りの10分でどう納めるのか?と思ったら、完全な暗いイメージのすっきりしない
終わり方である。パート4はどうやって刑事7人にするのか!!
ジーメン75のように7人横に歩いてましたが、欣也は医者やから!!

過保護のカホコは、みんなが幸せになる終わり方だったので、見ている誰もが
ほっとした終わり方だったろう。私としてはもうちょっとひねりがあっても良かったのでは?
と感じる。ただ、過保護のカホコが初くんと出会って成長したと同時に、このドラマで
一番成長したのは実はカホコのママだったというオチではないだろうか。
子育てとは、実は新米パパママが子供に教えられて知らず知らずに成長する様であり、
そういうことをこのドラマは言いたかったのではと感じた。


さて、今日は黒革の手帖。
楽しみである。
by eos1d3 | 2017-09-14 18:44 | 徒然に | Comments(0)
懐かしい写真
物を探していて、その探していたものとは違った物が出てくることってありますね。
古い本棚の引き出しを探していると、20数年前の懐かしい写真が出てきた。
そうだ、これは大学を卒業して新卒で就職した会社の新入研修での写真だ。

1994年4月に私は人生の船出である社会人になった。
今も忘れない前日の3月31日に実家を出た時はもう二度と家族とは住めないと覚悟した。
新大阪まで父に送ってもらい「頑張ってこいよ」と言われ、涙ながらに東京に出発した
ことを覚えている。

その日のうちに東京に着き、入社式を明日に控えた新入社員255人が集まって
バスに乗り虎ノ門の本社から富士山麓の西湖湖畔の研修施設まで行った。

次の日、また255人全員でバスにのり虎ノ門の本社の最上階で当時の柴田平社長から
入社の祝辞を受けて、また富士山にもどり14日間の研修が始まった。

写真はその14日間の研修の合間に撮った若き私の写真とその仲間である。
2週間の研修が終わり、各々が全国の支店に分かれてその場で別れた。
赴任地につき、しばらく経ったころ一通の封筒が届いた。
私は四国支店、同部屋の彼は東北支店と離れ離れになったが同期の桜である。
その中には、研修中に撮った写真と、将来頑張って本社で会おうと書いてあった。

結局、私は辛抱が続かずに辞めてしまい、地元大阪に戻ったわけであるが、
この写真が見つかったことから彼の名前を検索してみたら、まだその会社でしかも
地方の営業所長として頑張っていることがわかったのだった。

c0145198_1836521.jpg



実は、富士スピードウェイに行った2008年に、この研修所を訪れていた。
名前こそ変わっていたが、そのものの建物があり懐かしく思ったものだ。

私にしては、人生の苦い記憶であるが、まだあれから23年経った今もほとんどの
同期がそのまま頑張っている事と思う。今でも、その会社の会社社章を見ると、
気持ちがビチッとなるほどの会社である。
あのまま、我慢して勤めていればとたまに夢で魘される日もあるそんな過去であった。
by eos1d3 | 2017-09-13 18:39 | 徒然に | Comments(2)
BLACKRAPID クロスショット ブリーズ  インプレッション
5か月ほど前から、今まで使っていたオーソドックスなカメラストラップから
BLACKRAPID クロスショット ブリーズのような方式のストラップに移行した。

通常使いや、モータースポーツでの使用、ソフトボール撮影での使用を経て得た印象を
インプレッションとして書きたいと思います。

c0145198_18242855.jpg


まず、おさらいとしてこのストラップはカメラの三脚座にねじ込んだO冠に
クリップ形状のものを取り付けて使います。

c0145198_18255478.jpg


通常このように肩にかけたら逆にぶら下がるスタイルになります。
ただ、2点で支えられていなく、ストラップを自由に動くスタイルなので、
カメラを持ち上げた時にストラップがネジれることがありません。


ここまで、おさらいしてインプレッション書きたいと思います。

まず、強度ですが、1D系のカメラに100-400や70-200/2.8級の白レンズを
ぶら下げても全く問題ありません。そして、ネジが緩んだ経験もありません。

使い勝手ですが、やはりストラップがネジれないのですぐに構えることが出来ます。
よくあるのが、カメラとカバンを一緒に肩に掛けた時にそうなりますよね。
使わない時には外せるのでストラップが邪魔になりません。
逆さに吊っているので、手に持って構えた時にちょうど正面を向いていいです。


当然問題点もあります。
ずっと肩に掛けているときはいいですが、地面に置く時が一番の問題です。
カメラを横にしないとネジ部分が邪魔になって置けません。
ここが一番の難点です。そのほかは、欠点は見つかりません。

ブラックラピッドの商品はなかなかいいです。
良かったら使ってみてください。
by eos1d3 | 2017-09-12 18:39 | 徒然に | Comments(0)
ガスリーすごいやん!
c0145198_1826244.jpg
c0145198_18263657.jpg



昨日の2017年SUPER FORMULAのオートポリス大会ですが、
ガスリー選手がもてぎに続き2連勝を飾りました。

彼は、昨年のF1直下と言われているGP2のチャンピオンで今年はF1に昇格すると
言われていましたが、色々あって叶わずに日本で1年間乗ることになったのでした。

2連勝して、ここ数日で期間中F1昇格もあるかもとニュースが出てきました。
こうなれば、ちょっと前のロッテラー、昨年のバンドーンのように、
同一年にF1とSFにエントリーする可能性が出てきます。

ただ、F1ノシートを年内に得れば、最終戦の鈴鹿SFと重なるのでSFはキャンセルですが、
ひょっとして、F1での日本選手権鈴鹿を走るかもしれません!
本当に夢のある話でうれしいですね!!
by eos1d3 | 2017-09-11 18:30 | 徒然に | Comments(0)
9.98
c0145198_1812949.jpg



昨年の全日本実業団と今年の日本選手権でも出なかった男子100mの9秒台。
いつか出る出ると言っても、果たしてどうなるのか?と思っていた。
今日はインカレ陸上があることは知っていたが、放送がなかったので、
3時半過ぎにスマホのニュース速報が入った時にハッとした。

もうはるか前に伊東選手が作った10.00秒を僅か0.02秒上回っただけであるが、
実際にはこの0.02秒、距離にして2cmが「だけ」では済まされない遠い遠いところに
あったと今になってわかる。

高校生の時から10.01を出した桐生選手。
本当に彼が切ってよかったと思う。
一番近かった彼が切って、誰もが心から良かったと思っているだろう。

さて、多田選手に続く、若い選手の台頭があれば、2020年の自国開催の
男子100mにひょっとしてファイナリストが出るかもしれない。
彼の偉業は、その担い手となる中学生や高校生に大きな夢を与えた、
0.02秒であったと言える。
by eos1d3 | 2017-09-09 18:18 | 徒然に | Comments(0)