無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
<   2007年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧
本年はありがとうございました。
c0145198_23303111.jpg


今年は8月にKDXを買い、始めてデジタルの一眼に触れました。
それまではフィルムのKiss5をずっと使ってましたがやはりデジタルの便利さに負けました。
9月には24-70mmF2.8L,70-200mmF2.8LISを買い10月にはついに1D3を購入。
更に11月に300mmF4LIS,500mmL4LISと順調に貯金を減らしてきました。

来年はどんな年になるのか今から身震いがします。
写真の腕前は下手ですがいっぱい撮ろうと思います。
お暇な時があればまた覗いてやってください。

本年はどうもありがとうございました。感謝!!
by eos1d3 | 2007-12-30 23:35 | EF24-70mmF2.8L | Comments(3)
大阪・中之島イルミ
大阪市のど真ん中・大阪市役所・府立図書館・中央公会堂付近を中之島と呼びます。
12月25日クリスマスまでこの辺り一体でイルミ大会があった。
僕は最終日が空いていると思い出かけたが思った以上に混んでいた。
それもそのはず!今日はクリスマスだったのだ!!
アベックが溢れていた。三脚を持っていったが警備員から「三脚は禁止です」と言われ
手持ちで撮影しました。その結果手振れ量産で降参!でした。
やはり混んでいる中のイルミ撮影は三脚なしでは不可能だと悟りました。


このイベントのメインは府立図書館に照明を映して音と光のイリュージョンを演出することです。
この写真では分かりにくいですが場所取りから全て失敗でした!反省!
c0145198_052321.jpg



遠くのビルの窓にトナカイとサンタのイルミが!
c0145198_075081.jpg



大阪中央公会堂は大正時代に建てられた重要文化財です。
この中ではコンサートも開かれます!数年前に安藤忠雄先生監修によって改修されました。
ライトアップされていて美しいですね。
c0145198_0101568.jpg

c0145198_010338.jpg

by eos1d3 | 2007-12-26 00:10 | EF24-70mmF2.8L | Comments(8)
おやすみなさい
うちには犬がいます。
娘が10歳になったのを機に飼い始めました。
それまでは、まだお世話出来ないからと反対してましたが、今年6月に飼うことをOKしました。
ミニチュアダックスなんですが4月生まれで生後2ヶ月の本当に子犬でしたが、今では
大人と同じ大きさになりました。私と妻が思ってた程は面倒見ません・・・・・。

しかし、こうやって仲良く眠っている姿をみると家族が増えたようで嬉しいです!

c0145198_21381546.jpg

by eos1d3 | 2007-12-21 21:38 | Comments(4)
My Room
c0145198_22435614.jpg
以前、どこかでカメラのほかにギターの趣味もあると書いたことがあったかどうか定かでは
ないが、ギターも1985年の中学3年の頃から始めている。すでに20年以上も経っているが
テクニックはない。僕の場合は弾き語り専門でインストみたいな事はできない。

ただ、ギターの音の違いは良く分かる!
1991年までは3本だったギターは増殖を初め現在は11本になっている。
部屋に入りきらないギターがまだ2本ある。

ギターもレンズと似ていて僅かな違いで集めたくなるものだ。
厳密に言ってそんなに変わらなくても欲しくなる。

しかし幸か不幸かギターはデジタルのようなハイテクではなくローテクである。
その9割近くが「木」で出来ている。弾くのに電気も要らなければ何も要らない。
そして古くなるほど値打ちが上がるものもある。

そんなギターが僕の趣味の部屋を覆っている。
非常に乱雑に見えるが実は効率よく配置されているのである。

まず部屋の左側には、’49(昭和24年製)、’96年製、’96年製と続く
c0145198_22464621.jpg



そして部屋の右側には、’04年製、’00年製、’67年製が続く
c0145198_22484117.jpg



そして、これらのギターは総単板製で乾燥に弱い。ギターと言うのは約2~3mmの木で
出来ているので乾燥すると縮んで割れるのである。
その為年中湿度は45~55%くらいに保たなければならない。

c0145198_22511479.jpg


一応、加湿器で45%は辛うじて保っているようです・・・・・。

この部屋は、本当に至福の時を過ごすことが出来ます。
20年前から使っているオーディオで音楽を聴きながらギターを弾いたり、カメラの本を見たり。

この中だけは時間が止まっているような、いつでも中学生に戻れるような気がしてならないのです。
by eos1d3 | 2007-12-19 22:54 | 徒然に | Comments(2)
3ウェイ雲台 
前回は自由雲台を紹介したましたが、今回は3ウェイ雲台の紹介です。

三脚はSLIKの914PROⅡですが、この三脚には標準でSH-807と言う雲台が付属している

ところがこのSH-807は小ネジしか対応しておらず大ネジが対応しているのはSH-908に
なっている。

SH-908ならカメラ取り付けネジが小ネジと大ネジの両方付いており交換出来るように
なっている。
c0145198_15575612.jpg

c0145198_15581869.jpg



このように雲台にネジ込むようになっている。
SH-807より908は倍以上頑丈なように見えます。
by eos1d3 | 2007-12-18 15:59 | 機材紹介 | Comments(0)
SLIK SBH-320(自由雲台)
先日、大型の三脚を購入したがそれには3ウェイ雲台としてSH908を付けている。
三脚は同じくSLIKのカーボンマスター914PROⅡで耐10Kgで1D3+ゴーヨン用の
三脚です。

しかし、普段の70-200mmF2.8LISやサンヨンでは雲台も大きすぎて三脚+雲台でも
相当の加重になる。

そこでこれまたSLIKの評判のいい自由雲台で「高精度機械加工」のSBH-320を購入した。
この自由雲台自体も耐7Kgで1D3とサンヨンでも5Kg行かないので十分です。

この雲台確かに非常に出来がいい!
c0145198_15324686.jpg




この雲台は三脚との取り付けネジもカメラとの取り付けネジもアダプターがあって
小ネジ・大ネジどちらでも対応している(カメラ用アダプターは別売り)
c0145198_15354079.jpg

c0145198_1536345.jpg


そして1D3+EF70-200mmF2.8LISとの写真がこれです。
c0145198_15381156.jpg



ちなみに1D3+EF24-70mmF2.8L(カメラに直接とりつけ)はこんな感じ
c0145198_15402619.jpg



三脚本体と自由雲台との接合部もサイズがバッチリで違和感がありません。
c0145198_15414966.jpg


そして全体図はこんな感じ!
c0145198_15432982.jpg



ちなみに一脚はマンフロットの681Bを使っているがこれは耐12Kg。
この雲台は耐7Kg。しかしおそらく一脚に雲台は付ける予定はないがもし付ければ
こんな感じになります。これもサイズがバッチリで一体感があります。
マンフロット681Bのカメラ取り付けネジは元々大ネジですが押さえつければ中から
小ネジが出てきます。出来る限りオオネジで取り付けた方がいいだろう。
c0145198_15474638.jpg

c0145198_15482589.jpg




しかし、681Bに自由雲台をつけてそれこそ固定を開放して撮ろうとしても、なかなか
難しい。固定して使う分には問題がないが緩めて使う場合は練習が必要となるだろう!
一脚にゴーヨンを直接付ける場合は流し撮りはやややりにくい。真横に流すのならいいが
斜めに流すのは固定部が邪魔をする。やはり何事も練習だろうか!
by eos1d3 | 2007-12-17 15:42 | 機材紹介
町内会 餅つき大会
今日は朝の6時から町内会の餅つき大会があった。
僕は昨年から青少年指導員という大阪市・市長から委嘱されている連合の役員を務めています。
町内会の運動会や夏祭り、年末の火の用心やらで年間に結構の数の出番がある。
しかも年齢としては僕は一番下くらいである。

我、町会は毎年全戸配布と称して約180kgの餅をつくのである。
僕はこの古くから伝わるこの行事を事細かに記録しようと、しかしあまり本格的機材で
上手く撮りすぎて今度から町内会の専属カメラマンになってはいけないので1D3はやめて
KDXを持ち出した。

まだ、暗い6時30分に最初の蒸篭(セイロ)が蒸しあがり、餅つきがスタートした!
途端に僕はカメラを取り出したが、周りの雰囲気がおかしい!!

「あんた、写真撮ってないで、早よ、つかんかいな!」
そうです、僕は完全な突き手だったのです。

という事でこの写真一枚だけで、この後2時半まで永遠に8時間突き続けるのでありました・・・・。
c0145198_1641455.jpg

by eos1d3 | 2007-12-16 16:42 | Comments(2)
カメラ バッグ
カメラも最初はコンパクトデジカメから始まってデジ一眼に進むのが一般的と思います。
デジ一眼でもキヤノンで言えばKiss Digital X(KDX)とレンズキットくらいまでなら特にバッグ
は必要としない。

それに、この入門機+軽量レンズならバッグなしで手軽に撮れるのが売りだから、当然バッグで
悩むことはないだろう。ところがそれからストロボやレンズを増やそうとするなら、カメラバッグが
すぐに必要になってきます。

人によっては持って行く機材の量によって何種類かもっているようだ!
種類も僕のようなショルダータイプから本格的なリュックタイプまで様々で、選ぶのも楽しい!

最初僕は、2002年くらいにEOS Kiss5を買い、Wレンズキットを選んだ。
それには本体+28-90mm+90-300mm+ストロボだけが入るだけで十分で、
最初にもらったバッグで満ち足りた。レンズもズームの300mmと言えどもキットのもので
軽く小さかったので問題なかったのである。

ところが、今年8月にKDXを買ってからは完全に目覚めてしまい、9月にはEF24-70F2.8L
更にはEF70-200F2.8LISを相次いで購入。これまでのバッグでは一溜まりもなくなり
ついにエツミのMタイプのバッグを買った。

それには上記のレンズ2本とKDXが楽に入ったが、更にEOS 1DMarkIIIを購入して、
とどめにEF300F4LISを買ったあたりからMタイプでは全く入らなくなってしまった。

そこで僕は、これらのレンズと1D3が入り、尚且つ必要十分な大きさのバッグ探しを余儀なく
されたのである。そうしてヨドバシ梅田を彷徨う事3時間!EF300F4LISを持って行き、
縦に入るものを物色していて、ついに見つけたのであります!!


その名は、エツミ Truly pro1 であります。
c0145198_21485623.jpg


このバッグには、
EOS 1DMarkIII
EF24-70mmF2.8L
EF70-200mmF2.8LIS
EF300mmF4LIS
EF50mmF1.8II
EF1.4*
が一挙に入り、尚且つぴったりではないか!!Proと付くだけあって、バッグの全てが
硬質材で囲まれていて凄い固い!!なかなかだ!!


この2つのレンズが、
c0145198_21524651.jpg



しっかり縦に入ります!!もちろん閉まります!!
c0145198_2154396.jpg




ほ~ら!!
このバッグ本当にいいです。同じくらいの機材を入れる場合は参考にしてみてください!
by eos1d3 | 2007-12-15 21:55 | 機材紹介 | Comments(8)
三脚購入
本日、三脚を購入した。
以前はKiss5用に使っていたSLIK PRO200と言って2kgまでしか無理のものだった。
最近、機材が重量化してきて2kgでは足りなくなった。
そこにゴーヨンまで手を伸ばしたから1D3+500mmで5kgにもなる。

そこでいろいろ考えました、ベルボンやマンフロットも見ました。
ただ僕の場合、レースを撮るんだったら一脚が多くて三脚はあまり使わない。
そうなると条件は、
①出来れば雲台付き
②それでも耐重量は7kg以上
③重さは雲台込みで4kg以内
④金額は7~8万円以内

という事で絞っていくとまたもやSLIKのカーボンマスター914PROⅡになりました。
c0145198_21414738.jpg


しかしこの三脚、あまり使ってる人を見ません。
同程度で人気はベルボンの7シリーズ、8シリーズでしょうか?
これらはやや重くて価格も高かったのです。


これに 1DMarkIII + EF500mmF4LIS (合計約5kg)を付けると4段全部伸ばして
身長177cmの僕でも十分です。(カタログ値は1620mm)
そして大事な強度は・・・・・・・??

全部伸ばしたら強風に吹かれたらやや揺れる可能性はありますが、おそらく大丈夫でしょう。
カーボン特有の撓りも許容範囲です。まぁ、カタログ値耐10kgで5kgしか載せてないので
もちろん大丈夫ですが、これに428や64を乗せる場合は気をつけてください。
3段の方がいいかもしれませんから!

メイ一杯伸ばしてゴーヨンを付けると
c0145198_2150280.jpg


ちなみに一脚はマンフロットの681Bです。
こちらは軽くて耐12kgを誇るので5kgでは全く問題にしません。
おそらくヨンニッパ、ロクヨンでも楽勝でしょう!
c0145198_21515117.jpg



ちなみに三脚は定価118000円を57000円で新品購入しました!
袋付き、石袋付き!!です。参考までに
by eos1d3 | 2007-12-13 21:53 | 徒然に | Comments(6)
早く3月にならないか!!
c0145198_20513739.jpg


この写真は鈴鹿のメイン客席からピット付近を写したものですが、EF300mmF4LISです。
金網に当たらないように上の方から撮りましたが、まぁまぁ大きく撮れますね。

それより、本日、妻がSUPER GTのメンバーズカードの入会申し込みを送ったらしい。
来年は金曜から行って写真を撮ろう。

そもそも、僕は昔から車は大好きで、
車歴はバラエティーに富んでいる!
1989~ SUZUKI ALTO エポ  18で免許を取って新車で軽を購入!この頃はまだ550
                        だった。4速MTでも走らなかったなぁ~

1990~ TOYOTA MarkII 白  当時このハイソカーが流行っていた!GX71前期
                       中古で購入!カッコ良かったなぁ~~

1991~ ROVER Mini Cooper 1.3i
                       小学校の時からの憧れのミニに乗る。この車で1993年
                       富士スピードウェイで行われるMINI305Meetingに参加

1995~ SUBARU インプレッサWRX
                       いきなりターボ車が欲しくなり大好きだったミニを売ってし                       まった!

1997~ TOYOTA グラシアワゴン
                       長女が生まれるのを期にいきなりファミリーカーに!
                       社会の荒波に呑まれる

2000~ NISSAN エルグランド  さらに長男が生まれ、流行のミニバンに!

2004~ NISSAN スカイラインクーペ 3500GT
                       この車は最高だった!280PSで格好も最高!ただ・・・
                      ほとんどツーシーターで子供たちは・・・・???

2006  TOYOTA セルシオ 31前期
                       父が車を乗り換えるので譲ってもらった。「おまえ、そんな
                       2人しか乗られへんのはあかんやろ・・・」との事だった。
                       これで家族も安堵の笑みが。

2007  TOYOTA セルシオ 最終型
                       今度は叔父さんが車を買い替えるので買った。
                       インテリアセレクションで非常に豪華だ!!


と波乱に満ちたいろんな車に乗ってきましたが、やはり今回のGTRは気になる。
しかし実質2人しか乗れないので、間違いなく無理だ。



一方、レースの方は、妻が近藤真彦(マッチ)のファンで小学校からの追っかけです。
鈴鹿にいくとキッズWALK、ピットWALKとあらゆる手段を使って近寄ろうとします。
もちろんコンサートやディナーショーには全部行ってます。

来年はゴーヨンで巨大アップを撮ってやるぜよ!!
by eos1d3 | 2007-12-12 21:16 | EF300mmF4LIS | Comments(2)