無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
丸に橘さん、Thalia..
by ゼク at 09:34
ジュニアユースさん、そう..
by ゼク at 09:30
まさひろさん、やっぱり何..
by ゼク at 09:28
ですよねー。 でも、私..
by 丸に橘 at 06:25
ゼクさん、こんにちは。 ..
by ジュニアユース at 20:25
サーキットでカメラを大事..
by まさひろ at 11:24
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
<   2010年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧
2010 大阪国際女子マラソン
今日は初めてマラソンの撮影に行きました。大阪国際女子マラソン、地元大阪で開催されながら
今までTVでしか見ることがなかった。今日は雨でしたが実際に目の前を走る選手の迫力に圧倒されながら
観戦&撮影を楽しむことが出来ました。

雨にもかかわらず沿道には多くの観戦者が大きな声援を送っていました。
それにしても本物のアスリートとは実に美しいものですね。かなり感動してしまいました!!

この時点で先頭を走っていたのは残念ながら棄権してしまったNo.33赤羽選手でした。
c0145198_16321685.jpg


No.35は招待選手の中山選手、その横は一般参加選手のNo.105の岩村選手です。
c0145198_16363128.jpg



その後、大阪城梅林付近に場所を移しました。
先頭集団がやってきました!実にカッコいいです。
c0145198_1638611.jpg



今日は雨だったので傘を差しておりなかなか撮影するには悪条件でした!
左は優勝したNo.4ゴベナ選手、右は2位のNo.3バロス選手です。
c0145198_16413896.jpg



そして、今回のマラソンで引退を表明しているNo.32小幡 佳代子選手です。最終的に5位に入りました!
本当に凄いです!年齢のことは言ってはいけませんが38歳なのですよ。同い年なんです!!
私などは100mも走れば息が切れますが、毎日、毎日の厳しい練習の積み重ねでここまで鍛えられるんですね!
まさに、力走!ラストランです!!僕は彼女の背中を尊敬のまなざしで見送りました!
c0145198_16455886.jpg

c0145198_16463681.jpg



この方は一般参加の選手でもっともタイムがいいNo.101の上谷選手です!ベストはなんと2:33:55です。
c0145198_1649336.jpg



そのあとも次々と一般参加の選手がやってきます。今回の一般参加の選手は450人です!!
招待選手は外国・国内合わせても14人ですので、ほとんどの選手が一般参加の選手なのです。
僕らが実際にTVで見るのは先頭の選手だけですが、本当はそのあとも無名の各選手が自分の力を
出し尽くすべく、それぞれのドラマの中で走っているのであります。
その姿は、冒頭に書いたように実に美しく、いつまでも輝いているのでありました。
c0145198_16533096.jpg



*ちなみに参加されている一般参加の選手も一番最後の選手でも3:35:43で走っていると言うことを
付け加えておきます。みなさん、基準タイムをクリアーされた真のアスリートばかりでございます。
撮影機材
ALL PHOTO:EOS-1DMarkIII + EF500mmF4LIS
by eos1d3 | 2010-01-31 16:46 | EF500mmF4LIS | Comments(16)
江戸時代の風景・・・・?? その2
先週の土曜日に載せました、大阪豊中市にある日本民家集落博物館の続きです!!

週末は心を落ち着かせるためにこういった写真はいかがでしょうか(笑)

c0145198_1052557.jpg
c0145198_106992.jpg
c0145198_1095025.jpg


撮影機材
1:EOS 5DMarkII + EF16-35mmF2.8L
2.3:EOS-1DMarkIII + EF70-200mmF2.8LIS
by eos1d3 | 2010-01-30 10:11 | EF70-200mmF2.8LIS | Comments(4)
いよいよ最後・・・
この間、小学校に入学したと思った娘が、もう2か月もせずに卒業します。

「パパ、おんぶして!」、「パパ、だっこ!!」と言っていた頃が本当に懐かしいです。
そう言えば、最後におんぶしたのはもう記憶がないほどの昔ですね・・・・。

今日は、親が見れる小学校最後の行事、「寒中マラソン大会」がありました。
次に見るときは卒業式になると思います・・・・。
c0145198_14384764.jpg


この行事は、主に高学年が毎年この時期に行いまして、6年生は3回目と言う事になります。
4年の時より5年の方が、5年の時より6年の方が確実に手を抜いているのがわかりました!
うちの娘はイカンなぁ~~!

しかし、ここの河川敷は幼稚園の時からマラソン大会に使われていて、幼稚園の体操服をきて
走っていた6年前の姿が瞼に重なりました。

c0145198_14422960.jpg


もう少しで、中学生!仲間も増えて、行動範囲も広がる。
何はともあれ、健康に大きく正しく成長してくれることを願います。

撮影機材
ALL PHOTO:EOS-1DMarkIII + EF70-200mmF2.8LIS
by eos1d3 | 2010-01-29 14:44 | EF70-200mmF2.8LIS | Comments(8)
やっぱりフェラーリーはカッコいい!
1970年代はスーパーカーブームが起こりました。
僕はちょうど小学1年生~2年生くらいでしたが、ランボルギーニー、カウンタックやミウラ、ポルシェ等本当に
毎日のように学校で話をしていました。

そして、バブル全盛期の1990年前後には街にはフェラーリーがたくさん走っていました。
テスタロッサ、512TR、後ろから見ても前から見ても日本車には到底真似できないアイディンティテイーを
感じる事が出来ました。

そうです、フェラーリーこそは車好きの我々にとって最高のスーパーカーであって最終的な夢でもあります。

しかし、SUPER GTではフェラーリーはGT300と言うカテゴリーでしか走っておらずに、カローラやZにも
抜かれたりします。僕らの永遠の憧れのフェラーリーとしてはちょっと寂しいですがそれは本当の実力では
ありません。

おそらくノーマルの状態では一番早いと信じております!!
やっぱりフェラーリーはカッコいい!後ろから見ても前から見ても!!

c0145198_17113631.jpg
c0145198_1712356.jpg
c0145198_17121336.jpg


一度でもいいから運転してみたいものです。

撮影機材
1.2:EOS-1DMarkIII + EF500mmF4LIS + EF1.4*II
3:EOS-1DMarkIII + EF500mmF4LIS
by eos1d3 | 2010-01-28 17:13 | EF500mmF4LIS | Comments(15)
いかに軽く、いかに遠くに・・・・・
主にサーキットで歩き回りながら、撮影する場合当然ながら機材は自分の足で歩き自分の手に持たなければ
ならない。おそらく野鳥を撮られる方もポイントまでは機材を運ぶが、着いてしまえば三脚という事が多いと
思うのです。

ところが、サーキットではさらに定点ではなく、常に機材一式を持って移動しなければならず、その距離も
おそらく5km以上になる時もあると思うのです。

特に機材も充実してきて超望遠等の長玉を使いだすと、レンズ単体でも500mmで約4kg、
600mmF4、400mmF2.8で約5.5kgもの重さを常に運搬しながら撮影しなければならなくなるのです。
当然レンズだけでは撮影出来ないのでカメラもその重量に追加される事になり、
実際はカメラ+レンズ+アクセサリー(フィルター、テレコン等)+バックを合わせると7~10kgくらいの
重量になっていることが多いのです。

さて、こうなれば、みなさんいかに楽にこの「重量」を運搬するかにもそれぞれに頭を使うのであります。
この小さな地道な努力が楽な撮影を約束してくれ、さらに遠くまで歩きいろんなシーンを撮ることに
繋がるのです。
その重要性から、僕のように狂ったようにカメラバックを買いあさり今では小さなバックショップが出来るくらいに
なった人も少なくないと聞きます(笑)

その悪循環の一例を紹介してみます(笑)

1 最初は小さいバックで2つにして運ぶ。
2 その内、より機能性なバックを探し求めてウエストに巻けるタイプみたいなものも追加してします。
3 え~い、この際空いたもう片方の肩から掛けるタイプの小柄なかわいいバックを買ってしまう。
4 いやいや、こんだけ小さいバックを3つも持っては嵩張って歩きにくいぞ!!
5 そうだ!!大きなリュックタイプ1つにまとめよう!そして何でもかんでも入れてしまおう!!
6 うわ~~、1つにまとめたらあまりに重くて歩けないよ~~
7 1に戻る

と、このようになる(なっている)可能性が多々あるのです!!(経験者は語る・・・!)

c0145198_10551554.jpg
c0145198_10552459.jpg
c0145198_10553793.jpg
c0145198_10562479.jpg


ちなみに、僕の使っているのは一番上のキヤノンの純正バックです。
リュックタイプではなく片側の肩に掛けれる1本タイプになります。
この中に、1D3+500mm+テレコン+フィルター+一脚を入れて約8Kgを右肩に、
そして、左肩にはストラップのまま裸で5D2+70-200F2.8Lを掛ける方法が僕の導き出した最も
機動性が高い運搬方法です。

他にも引き摺りタイプのバック(キャスター付き)や超望遠の入るリュックタイプ、超望遠+他のレンズも
入る大きなリュックタイプとみなさん、お金と知識を存分に使ったご自身の最も機能性が高いと思われる
方法でサーキットに望まれています!

もちろん、バックなしに一脚+レンズ(カメラ)をそのまま担ぐのがバックの重さがないので一番最軽量なのは
間違いないのですが、どこにも預けることが出来ないアマチュアにはやはりバックが必要になってきます。


2010年シリーズが始まるとともに、我々アマチュアカメラマンのより軽く、遠くにへの挑戦も同時に始まるのです!
by eos1d3 | 2010-01-27 10:52 | 機材紹介
これからの鈴鹿は盛りだくさん!!
1月25日、鈴鹿サーキットの公式HPの発表によると、今後のSUPER GTテストは2回、
フォーミュラーニッポンのテストが1回、その間にファン感謝祭が開催されるようです。

もし、今年から鈴鹿サーキットに行ってSUPER GTを観戦してみようか!!と思う方の為に参考になればと
ちょっとまとめてみました!!

まず、2月16~18日には2回目のSUPER GT合同テストが行われます。
c0145198_1651098.jpg

これによると、先日行われたテストよりもさらに進んだ走りが見られるということになります!
入場料金は遊園地の入園料のみで1400円。ゲートオープンと同時にテストが始まると思います。
午前中のテストが10:00~12:00、午後からは14:00~16:00で16:00に遊園地も閉園となると思います。
入れる場所は、一般観客席と、パドック側のピットビル3階の一部です。

この時期になるとHSVも若干のカラーリングを施しているチームもあるかもしれません!
マシーンの撮影予定の方はゲートオープンと同時にテストが始まりますので午前中は逆バンクあたりの
近場で撮影して、12:00~14:00の休憩時間を使ってスプーン・ヘアピン方向に移動した方がいいと思います!



そして、次の合同テストは3月5~6日です。
しかも3月6~7日はサーキットのファン感謝祭があるのでちょっとややこしいですが、6日は合同テストも
やりながらファン感謝祭もやると言う事になりますね!
c0145198_1733014.jpg

上記にあるように両日とも午前午後の計4時間で、5日の方は17:00時終了なので天候さえよければ
夕焼けの写真も撮れる可能性もありますね!!
入場料も同じく遊園地の入園料だけでOKのようです!!

それと、驚くべきことにFNのテストもファン感後の
3月8~9日に行われそうです!富士やもてぎでの合同テストの発表がないのでこれが今年初めての
FNのテストかもしれません!今年は開幕がSGT、FNとも鈴鹿なのでちょっと得した気分です!!
FNのテストも入園料のみの金額でOKのようです!!


そして、そのファン感謝祭自体は・・・・・
c0145198_1712939.jpg

ここでもFNは走るみたいです!!しかし、ファン感の時の各種走行はスケジュールがいっぱいで
分刻みの少なさです!下手したら3周とか、そんなレベルなので気を付けてくださいね!!
ファン感謝祭自体は公式HPからプリントアウトすると入場料が5名分無料になるはずです!!



そして、最後に開幕戦の話です!
なんと!!予選方式はノックダウン方式!!
な・な・なんでやねん!!ノックダウン方式は見ている方は実に分かりにくいしドライバーもやりにくいと
評判が悪いのになんでやっっ!!SGTの予選はスーパーラップの方が絶対にいいと思う!!
c0145198_17184781.jpg

まぁ、決まったことは仕方がない!楽しむしかありません!!
それと、開幕戦からは公式戦になるので観戦券とうの入場料が発生します。
前売り券を買えば土日2日間で5000~6000円くらいだと思います!!
ちょっと高いけどクルマが好きな人は値打ちがあると思います!!


今後また、いろんな詳細が分かってくると思います!!
その都度、また記事にしたいと思いますのでよろしくお願いします!!

それと、モータースポーツが繁栄するにはやっぱり我々がお金を払ってサーキットに行くしかないと思います。
ファンが増えればまたモータースポーツの世界も活気にあふれてくると思います!!
さぁ、これで鈴鹿に行きたくなってきたんではないでしょうか(笑)
by eos1d3 | 2010-01-26 00:02 | 徒然に | Comments(18)
塩キャラメルバウム
リンクさせていただいているhunauさんとnorinorenさんのBLOGにこの塩キャラメルバウムが載っていました。

僕は以前何度か書いているようにバウムクーヘン愛好家であります。
特にシトシト系のバウムクーヘンは最高に美味くてこれまでは奈良のスーリールダンジュのものが
一番と思っていました!そこに強敵が現われました!!これまた僕の大好物の塩キャラメルが
惜しげもなくぶっかけられているバウムがあるではないですか!!

ここはとりあえず本店に行ってみようということで車を走らせました。家から1時間弱は走らせると
まさにマダムヤンが毎日でも買いに来そうなお洒落なお店を見つけました。

男一人では入りにくいため、もちろん妻も同行させております。
妻に「塩キャラメルバウムを買って来い!」と命令し(もちろん本当は一緒に行って「なぁ、お願いやから
こうて~や~」と言いました)ようやく手にしたのです。
c0145198_2348517.jpg
c0145198_23482598.jpg
c0145198_23491320.jpg



この塩キャラメルですが、実にしっとりしています。そしてお口に入れた瞬間、キャラメルの上級な
かほりが支配し、その後にバウムの優しい肌触りを感じることが出来るのです。

う~~む、これは手ごわいぞ!!次はバウムだけを買ってスーリールダンジュと勝負だ!!

撮影機材
ALL PHOTO:EOS 5DMarkII + EF24-70mmF2.8L(EF25)
by eos1d3 | 2010-01-25 10:36 | EF24-70mmF2.8L | Comments(6)
ちょっとイメージ的に・・・・
先日の鈴鹿でのSUPER GTの写真を見ていて、ちょっと効果的な写真を選んでみました。

c0145198_12235568.jpg
c0145198_1224796.jpg
c0145198_12244155.jpg
c0145198_1225319.jpg
c0145198_122591.jpg




それにしても、鈴鹿はいつも最高の姿で待っていてくれます。
3月に開幕するSGT、4月に開幕するFN・・・・・・・・。
また、ここへ熱心なファンがたくさん戻ってくることを心から祈ります!!
c0145198_12271016.jpg




下から3枚目のENEOSですが、レクサス勢で唯一、伊藤選手1人しか決まっていないチームです。
もしも中嶋一樹選手がF1のシートから漏れたらここに座る可能性があるようです。

それと、僕も最近知ったのですが#3ハセミGTRは2009年第2戦の鈴鹿で大きなクラッシュをしました。
その後、SCが入る直前にZENT立川選手がシケインで脇阪選手をオーバーテイクしたあの劇的なシーンですが
実は、ハセミはあのクラッシュ後は2008年の#22MOTULのGTRを使っていたそうです。
ですので、このテスト中に走っていた2009年#3ハセミは元々はニスモ#22(柳田・クルム)のワークスGTR
だったんですね。きっとハセミに返してもらったんでしょうね。
もちろんミシュランタイヤのデーターももらったのかもしれません。

そのハセミはMOLAとともにGT300でZを走らせる模様です。
ドライバーはまだ決まっていませんが、ここに荒選手や柳田選手、星野選手、横溝選手等がくるのでは?
そして、NDDPの若手ドライバーと組んで指導する?と言うのが僕の予想です


撮影機材
1.3:EOS-1DMarkIII + EF500mmF4LIS + EF1.4*II
2:EOS-1DMarkIII + EF500mmF4LIS
4.5:EOS 5DMarkII + EF70-200mmF2.8LIS
by eos1d3 | 2010-01-24 12:29 | EF500mmF4LIS | Comments(20)
江戸時代の風景・・・・??
うちの家から30分で行ける江戸時代にタイムスリップしてきました。

c0145198_22525949.jpg

c0145198_22534033.jpg

c0145198_2255292.jpg
c0145198_22552546.jpg
c0145198_22572684.jpg
c0145198_2258569.jpg
c0145198_22582852.jpg


実はここは、豊中市の服部緑地内にある日本民家集落博物館です。
昭和30年代まで実際に住んでいた江戸時代から明治時代の民家を移設して博物館として展示しています。
そしてその多くの建物が重要文化財になっています。

平成22年になって、我々の暮らしには電気、ガス、水道は当たり前、PCやTV、洗濯機、冷蔵庫、
と数え上げればきりがないくらいに物が溢れています。

そんな「当たり前」が一切通用しない時代の民家。
しかし、現代の日本に生きる全ての人にご先祖様があり、江戸時代の暮らしがあったと思います。
そんな、自分達のご先祖様が暮らした、「日本の文化」に触れることもたまにはいいのではないでしょうか。


撮影機材
1~3.7:EOS 5DMarkII + EF16-35mmF2.8LII
4~6:EOS-1DMarkIII + EF70-200mmF2.8LIS
by eos1d3 | 2010-01-23 09:55 | EF70-200mmF2.8LIS | Comments(7)
SUPER GT 鈴鹿テスト 番外編
今回のテストは鈴鹿サーキットの入園料金の1400円(通常は1600円:今回は冬季料金)だけで
平日と言う事もあり駐車場も無料だった。テスト時間は10:00~12:00と14:00~16:00ですが
遊園地の開園時間も10:00~16:00と言う事でゲートオープンとともに始まりテストが終わった瞬間に
園内に蛍の光が鳴るという状態だった。

駐車場の方もガラガラというよりテストを見に来ている人がほとんどという感じで、ゲートに一番近い場所まで
行って止められました。実際に、園内はほとんど人がいない状況でテストの観客が大部分でした。

基本的に、パドックフリーでピットビルも3階の6・7番ブースだけは誰でも入れるという感じでした。

ピットビル3階から、昨年のシリーズチャンピオンである証のNo.1をつけたTOM’Sチーム
c0145198_917731.jpg


立川選手ドライブのZENT
c0145198_9181990.jpg
c0145198_9182712.jpg

c0145198_9235240.jpg


2日目はニスモの方にも星野一樹選手の顔を見えました。

昨年末のニスモフェスで撮り損ねたFIA-GT仕様のGTRもたっぷり走行!
ドライブはクルム選手でした。
c0145198_9214932.jpg


GT300で参加していた田中哲也選手ドライブのフェラーリF430です。
この車は何しろやっぱり一番カッコいいです!車自体が持つデザインがやはりフェラーリそのものです。
c0145198_928936.jpg
c0145198_9282221.jpg


HSV-010 GTのセンターマフラーが焼けるショットを模索中。何とか最後の最後で撮れました。
c0145198_931460.jpg


そして、2日目の自信作はこれです。
黄色の看板と、青の看板が印象的でマシーンだけが止まっているように狙いました。
c0145198_9325162.jpg



しかし、今日は朝からNISMOの体制がほぼ決まったと情報が入りました。
そこにはちょっとショックなことが・・・・・。うすうす噂では聞いていましたが、今年のニスモはやはり3台!
ハセミはGT300確実とのことで、日産チームは2008年5チーム、2009年4チーム、2010年3チームと
数を減らし続けています。トヨタ、ホンダとも5台出しているのでこの辺のつり合いはどうなるのかが疑問であります。

ただ、単純な計算では3チームではドライバーは6人。2009年からは2人がシートを失うことになります。
その2名がどうも、フィリップ選手と荒選手のようです。
一方、昨日発売のASでもありましたがKONDOはJPは死守したようで、その相方には安田選手が濃厚です。
どちらにしてもニスモからの正式発表は2月10日のようでそこまで待つことにはなりそうです。

トヨタ(レクサス)チームはほとんど体制に変化がなく伊藤選手の相方が決まってないだけみたいです。

ニスモ
#12 松田/クインタレッリ
#23 本山/トレルイエ
#24 JP/安田
(あくまでも暫定)

やっぱり荒さんがいないKONDOは寂し過ぎますね・・・・・。
JPと荒さんのコンビは最高だったです。仕方ないけど残念です。


撮影機材
1~3.8.9:EOS-1DMarkIII + EF500mmF4LIS
4:EOS 5DMarkII + EF70-200mmF2.8LIS
5~7:EOS-1DMarkIII + EF500mmF4LIS + EF1.4*II
by eos1d3 | 2010-01-22 09:24 | EF500mmF4LIS | Comments(22)