無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
ゼクさん、こんにちは! ..
by wataru-wata at 10:37
wataru-wataさ..
by ゼク at 21:17
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:31
ジュニアユースさん、私は..
by ゼク at 18:45
ゼクさん、こんにちは。 ..
by ジュニアユース at 22:25
鍵コメさん、情報をどうも..
by ゼク at 12:44
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
<   2013年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
印象的な・・・
c0145198_18403489.jpg




こういった或る部分だけをカラーに残し後はモノクロにする写真ですが、
無料のフリーソフトで十分可能です。

僕は「PhotoFiltre」と言うソフトでやっています。


インストールし領域を自分で指定します。
その後、「選択」タブから選択範囲の反転を選ぶとこんな感じになります。
もちろんクルマがモノクロで建物がカラーも簡単に出来ますよ!
by eos1d3 | 2013-04-30 18:46 | 徒然に | Comments(6)
The scene of minatogawa
c0145198_11474861.jpg
c0145198_11501668.jpg
c0145198_11503354.jpg
c0145198_11504374.jpg
c0145198_11505766.jpg
c0145198_1151450.jpg





昨日は関西テレビの開局55周年の企画として17年ぶりに3日間だけ復活する「夢の乱入者」の
最終日を見るために湊川にある「なんばハッチ」に行った。

この日のためにチケット会員になり2列目をGETした。
「夢の乱入者」は関西だけで放送されていた、今では伝説の番組である。
ギターリストの渡辺香津美氏がホストとなり、毎回ミュージシャンや俳優といった異業種の人を
「乱入」してもらい番組を盛り上げるといった趣旨のものであった。

月に一度程度の不定期番組であったこの通称「夢乱」をいつも楽しみにしていた。
最終日の乱入者はChar、石田長生、山岸潤史、押尾コータローの錚々たるメンバー。
この中でリアルタイムの番組に出演したことがないのは押尾くんだけだった。

彼は番組をTVで見ていたといい、このメンバーの中で出来るのは「感無量」だと語っていた。
僕はもともとBAHO(Charと石田長生)のファンだったので第5回放送の石田長生、憂歌団木村が出た回は
楽しみに見ていた。放送日は1990.8.27であるからもう23年前の話だったんだ・・・・。
その中で演奏した「Round Mid Night」は数々の演奏家が演奏した中でも最上級だったと記憶している。
元々Jazzギターリストの渡辺氏とソウルギターリストの石田氏の掛け合いが非常にも面白く
モンクのRound MidNightを文句のないアレンジに替えて見せた。

その回の放送VHSを今でも大事にとってあるが何回聞いても名演である。
今回はそのRoundMidNightをまさに23年のときを経て目の当たりにできた。
あのときと全く同じメンバーでの演奏である!!
この感動がお分かりであろうか??


放送当時は30代であった彼らももうすでに還暦に近い。
演奏は年輪を重ねるほど味わい深いものになる。今回の21世紀夢乱バンドはそんな印象であった。



さて、本日4/29は私達夫婦の18回目の結婚記念日である。
これくらいになってくると何回目か紙に書いてみないとわからなくなる(笑)
1995/4/29に結婚して1996/4/29は1回目と数えていくと、確かに2013/4/29は18回目になる。

昭和天皇の御誕生日を結婚日に決めこれから未来に向けてもこの日が祝日であることを希望します(笑)
by eos1d3 | 2013-04-29 12:33 | Kiss DX | Comments(2)
パス & ストラップ
La Festa Primaveraのパスとストラップは毎年実にかっこいいデザインです。
2012年からはSEVがストラップの首の部分に特殊成分を付着させており効能があるらしいです。

c0145198_11183485.jpg



さて、来年はまた行けるのか?
また、行ってみたい!!
by eos1d3 | 2013-04-28 11:19 | IXF 210F | Comments(0)
愛犬 6歳
c0145198_19125511.jpg
c0145198_1912594.jpg
c0145198_19131252.jpg
c0145198_19131792.jpg





愛犬のチョコ(ミニチュアダックス)が我が家に来て早6年が経った。
正確には2007年4月22日に生まれて家に来たのは6月中旬だったと記憶している。

今年正月にダックスの持病とも言えるヘルニアが悪化し一時は歩行も困難になりましたが
4ヶ月経って、今はなんとか歩けるまでに回復しました。
食欲も旺盛で、これから暖かくなるにつれてさらに良くなってくれることを期待しております。

チョコちゃん、6歳おめでとう!!
by eos1d3 | 2013-04-27 19:16 | EOS1DMarkⅣ | Comments(0)
La Festa Primavera 2013 その5
c0145198_1920747.jpg
c0145198_19201737.jpg




この大会はもともと関東でLa Festa Mille Miglia (1997-2010、2011からはLa Festa Autunno)
として行われていたものを2009年からは関西でも行われているものである。

関東の大会で初期の段階から参加している近藤真彦氏も例外なく今年も参加した。
名古屋熱田神宮を出発し、大阪城には1番で戻ってきた。

監督さ~ん!
by eos1d3 | 2013-04-26 19:40 | EOS1DMarkⅣ | Comments(4)
La Festa Primavera 2013 その4
c0145198_18404923.jpg
c0145198_18413415.jpg
c0145198_184231.jpg
c0145198_18424017.jpg
c0145198_18431626.jpg
c0145198_18434480.jpg
c0145198_18442589.jpg





4/20(土)に名古屋:熱田神宮を出発した67台の歴史的クラシックカーは4日間1000km以上の
道のりを走りきり57台がゴールである大阪城天守閣前広場に戻ってきた。

考えてみれば、博物館に入っていてもおかしくないような貴重なクルマを、常にメンテし日本の法律に
適合できるように整備し車検を通し、実際に公道を走るというような行為は、本当にクルマ好きでないと
出来ないと思う。驚くべきことに終った後も関東まで自走して帰る人もいるという、

さて、4日間で数十箇所のチェックポイントを通りその点数を合計すると順位がでる。
なんと、今年のプリマベラは1番のゼッケンをつけた一番古い1925年製のBUGATTI T22/T13Rが優勝した。

僕もいつか1967年までに作られたレーシングカーを購入してこのイベントに参加してみたいものだ。
1965 Morris MiniCooperS 1275MkIなら出場出来るだろうか・・・・・(笑)
by eos1d3 | 2013-04-25 18:54 | EOS1DMarkⅣ | Comments(0)
舞う
c0145198_18301075.jpg
c0145198_1830404.jpg
c0145198_18303213.jpg
c0145198_1831460.jpg





La Festa Primavera 2013 熱田神宮より 獅子舞




撮影機材
EOS-1DMarkIV + EF70-200mmF2.8LIS
by eos1d3 | 2013-04-24 18:31 | EOS1DMarkⅣ | Comments(2)
La Festa Primavera 2013 その3
c0145198_19214473.jpg

c0145198_19262887.jpg

c0145198_19234621.jpg

c0145198_19265498.jpg
c0145198_19275150.jpg
c0145198_1928795.jpg
c0145198_19282290.jpg





全くもって、どこをどう切っても絵になる。
TOYOTA 2000GTのトランクは意外に広いんだなぁ~~!

「旧いものに敬意を」
建築もクルマも人間も・・・・・・。



撮影機材
EOS-1DMarkIV + EF70-200mmF2.8LIS
EOS 5DMarkII + EF16-35mmF2.8LII
by eos1d3 | 2013-04-23 19:31 | EOS1DMarkⅣ | Comments(2)
La Festa Primavera 2013 その2
c0145198_18575980.jpg
c0145198_18582138.jpg

c0145198_1859578.jpg

c0145198_1857137.jpg


熱田神宮に67台のクラッシックカーが一台ずつ入ってくる。
真っ赤なTOYOTA 2000GTが実にカッコいい。
どの車も博物館に入っていてもおかしくない名車揃い。
この車たちがあるお陰で、今の我々の快適な車がある。

「旧いものに敬意を」
La Festa Primavera のテーマでもある。

c0145198_1924918.jpg
c0145198_1934466.jpg
c0145198_1942327.jpg



テクノロジーの進化は我々の暮らしに豊かさを与え続けてきた。
スイッチ一つでテレビジョンが映り、エアーコンダクターは動き、電子レンジはチンと言う。
それぞれに技術者達の努力の結晶が実を結び、形となり今に存在する。

クルマもそうである。
今ではノンメンテナンスで買ってから一度もボンネットを開けない人もいるだろう。
クルマとはエンジンキーを回し、アクセルを踏めば自動に動くものだと当たり前に思っている。
しかし、それらはこのクラシックカーの上に成り立っているものだと、今更ながらに気付かされる。

どのクルマも本当に素晴らしい。
私は自動車ではなくクルマが好きである。
by eos1d3 | 2013-04-22 19:15 | EOS1DMarkⅣ | Comments(2)
2013年 全日本選手権 スーパーフォーミュラ開幕戦 KONDO Racing編
そもそも私がなぜサーキットに行っているかを、初心に戻って整理しなければならない。
それは、KONDO Racingを応援するためであった。
まだ何も知らなかった私は2006年真夏の鈴鹿サーキットに行った。
その年からSUPER GTに参戦したKONDO Racingを応援するためだ。
もちろん企画したのは妻である。

妻は監督のデビューからの大ファンで、就職、結婚、出産と監督の現役レーサー時代は
サーキットに行くことが出来なかった。そこで監督が2005年に芸能25周年を記念して
活動を再開したことをきっかけに、今まで行けなかったサーキットにも足を延ばそうと決意したのだった。


それから、私は見るだけでは事足りず、カメラ機材を買って撮影を初め、2009年国内初優勝岡山SGT
2010年開幕戦鈴鹿SGTにも現地観戦でき、2013年を以ってしても出来る限り現地応援しようと
考えているものであります。

c0145198_1102132.jpg
c0145198_112288.jpg

c0145198_11242348.jpg



それにしても、サーキットでは監督を身近で見る機会が何度かある。
ピットウォークやグリッドウォークのときである。
しかし、そういった時でさえ実際は監督を見ることはもちろん、写真撮影などはもっと難しいものになる。
c0145198_11834100.jpg

ひとたび監督が出てくるとこういった状態になるからである。
色紙や、パンフレットを持ったファンが殺到し現場は凄い状態になる。


さて、そんな中で何とか監督の表情を撮ることが出来た。
時間にして僅か2~3分かもしれないが言葉が伝わってくるようである。

監督さ~ん!!
by eos1d3 | 2013-04-21 11:46 | EOS1DMarkⅣ | Comments(5)