無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataru-wataさ..
by ゼク at 21:20
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 08:20
K先輩さん、ジュリエッタ..
by ゼク at 00:44
長い2年間になりそうです..
by K先輩 at 23:33
wataru-wataさ..
by ゼク at 19:50
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:38
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
<   2013年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧
夏も終わりか
c0145198_19184877.jpg




あれだけ鳴いていたセミがもう鳴いていない。
この猛暑から早く逃れたいけれど、またその先には厳しい冬が待っている。
そうやって四季を繰り返し歳をとっていく。

今日で8月が終る。
もう夏も終わりだな。
by eos1d3 | 2013-08-31 19:21 | 徒然に | Comments(0)
IGNIO シューズ
ジュリエッタを購入して困ったことがあった。
もともと左ハンドルのイタリア車なのでセンターコンソールも左の方が広いままハンドル&ペダルだけを
右に移した形になっており、足元が非常に狭いのである。
左ハンドル仕様にはクラッチの左側に立派なフットレストがあるのですが、ペダル配置をそのまま
右に移した右ハンドル仕様にはそのスペースさえない。

ただ、僕はフットレストは昔から使わずに手前に足を置くスタイルなのでこの辺は問題ないが、
フットレスト派には苦痛を伴うドライビングになるだろう。

それより、問題なのはペダル間が非常にタイトと言う事である。
しかも純正ペダルはツルッツルで滑りやすく雨が降ったら革靴の靴底では滑って運転できないのであります。
靴も、ワイドなタイプだと側部がお互いに干渉しブレーキを踏んだときにアクセルも踏んでしまうことも
あるという危険を孕んでおります。

c0145198_18552783.jpg



そこで、なるべく横幅が狭くてゴムの部分が出っ張らずに、ゴム底が薄くてペダルの感覚を
掴みやすい靴が必要だと考えスポーツデポに駆け込んだのは納車の次の日だった。

そこで、まず高価な靴を買ってもどうなるのか分からないので低価格で探すと、1970円のこの靴が
履き心地がよく、なんか上手く行けそうだと直感した。

実際に履いて運転すると、これが靴同士が干渉しなくて実に運転しやすい。
車には常にこの靴を置いておき、運転するときに履き替えるスタイルで今まで来ている。

c0145198_18595082.jpg


さて、この靴があまりに運転しやすいので、本日色違いを購入した。
靴底も茶色でかっちょいい!
c0145198_190494.jpg


横の部分のはみ出しも少なく運転しやすい!!
c0145198_1912126.jpg




しかし、いちいち運転する毎に靴を履き替えなければならないなんて、そんな面倒な車なんで乗るの?
と思われるかもしれない。

でも、その答えは意外に簡単だ。
・・・・好きだからである。
by eos1d3 | 2013-08-30 19:05 | 機材紹介 | Comments(2)
2013 NISMO FESTIVAL
2013 NISMO FESTIVALは12月1日に決まったようであります。
昨年はNISMOの社屋引越し為に開催されなかったので2年ぶりの開催になります。

c0145198_19124970.jpg
c0145198_1916323.jpg


写真は2011 NISMO FESTIVALのエンディングシーン。

来年からGTの規格が変わるので2013 GTRはこの日で見納めです。
何とか、予定を調整して行きたいと思います。
by eos1d3 | 2013-08-29 19:18 | 徒然に | Comments(0)
時計の掃除
今日は時計の掃除をした。
ブレスを外して細かいところもアルコールのウェットティッシュで拭く。
そして、コンパウンドで軽く擦ってピカピカにしてやるのです。

c0145198_2025198.jpg
c0145198_20245067.jpg



ちなみにゴールドモデルはバネ棒も18Kであるらしい。
c0145198_20261569.jpg


しかしこのブレス、バネ棒を外すのは簡単だが、取り付けるのは難しい。
いつも失敗して、近所の時計店で付けてもらうのであります。


こうして約1時間磨くと、本当にキレイになりました!!
by eos1d3 | 2013-08-28 20:27 | 機材紹介 | Comments(0)
久々にアプリ購入
iPhoneを使い出して3年以上経ちましたが、最初の頃は有料アプリを結構買いました。
しかし、有料のものでも使っているうちに要らなくなったりで、最近は無料のもので事足りています。

そんな中、久々に500円もするアプリを購入してしまいました。
その名も「Sun Surveyor」と言って、簡単に言えばある場所のある日の太陽の向きが分かるというものです。

c0145198_19113720.jpg



例えば、SUPER GTの最終戦、ツインリンクもてぎでの太陽の向きを知りたいときは、
住所を入れれば、まず地図が出てきます。そして、知りたい日を入力すればその日の
太陽の方向が、地図上に表示されるのです。
c0145198_19133366.jpg


これは最終戦の決勝日の15:00の太陽の位置ですが、細かく場所を指定すると陰の方向も分かります。
これで、逆光になるのか、順光になるのかその場所に行かずして掴み取ることが出来るのです。

こういったアプリは無料版もあるのですがなぜか、場所は設定できても日程は設定できません。
無料版では当日の太陽の向きしか分かりませんが、有料版では日時を指定できるのが大きな違いです。

それと、有料版はカメラに映し出す場所の太陽の場所(位置)を知ることが出来ます。
c0145198_19181046.jpg

試しにやってみましたが、ちょっとずれておりますが、まぁソコソコ合致しております。
この場合はその場所に実際に行ってカメラに写さないと太陽の位置が分かりませんが、
例えば、ここの同じ場所に半年後に来たら太陽の位置はどうだろうか?という感じで使えると思います。


やっぱり、写真を撮るというのは「光」と言うものは最重要要素であります。
その「光」の代表的なものは太陽であります。

太陽は、季節によって時間によって位置が変わるから面白い。
四季折々の風景を相まって太陽の光線具合が変わるから写真はエキサイティングなものになると思う。

そんな、こんなでこのアプリを買ってみました。
果たして、使うことはあるのか・・・・(笑)
by eos1d3 | 2013-08-27 19:23 | 徒然に | Comments(0)
運転すると言う事
c0145198_1995549.jpg




ジュリエッタを購入してから運転が楽しく思える。
車を運転すると言う事はATやMTで大きく違う。
うちにあるもう一台の車はAT車の日本車だから左手を使うことは殆どない。
方向指示器はハンドルの右にあるし、ブレーキとアクセルも右足で通常操作する。

逆にジュリエッタは多くの外車と同じようにハンドルの左に方向指示器がある。
しかもマニュアルミッションなので当然左手はシフトレバーを換えるのに忙しい。
指示器を変えながらシフトダウンするには左手は2つの仕事が必要である。
それと同時に、もちろん左足はクラッチに右足はブレーキやアクセルを担当する。

昔、免許を取ってすぐにROVER MiniCooper1.3i(4MT)に乗っていたときも方向指示器が
ハンドルの左側で同じ苦労をしたが、それが20年後のジュリエッタに役立つとは思わなかった。
ようするに、日本車のAT車を運転するのとは両手両足をフルに使わないと行けないので大変なのである。

このように、外見から見ると同じ「車を運転する」であるが、内容は全然違うのである。

この忙しさが、「自分が車を動かしている」と言うことを実感するのであります。
確かに、同じ距離を運転すると疲れは大きくなりますが、運転する楽しさが全てを消し去ってくれるように感じます!
by eos1d3 | 2013-08-26 19:21 | 徒然に | Comments(0)
YAMAHA FG-250M
c0145198_17575528.jpg

c0145198_18029100.jpg

このギターは1985年、昭和60年12月24日に私がギターを弾きたいと両親に頼み
クリスマスの日に梅田の三番街ナカイ楽器に買いに行ったものである。
もうあれから28年近く経ってしまったのか・・・・。

それからギターも10本に増えその度に売り買いを繰り返したが、このギターだけはずっと手元に置いてある。
とは言っても、毎日弾いているわけではない。やっぱり、MartinやYAMAHA LL55Dとは音の本質が
異なるからである。
でも、このギターは1985年にYAMAHA LシリーズからLLシリーズにラインナップが変わった時の
最後の新品FGであり、TOP板が単板であることから今でも中古市場で需要があるようだ。
28年前に20000円で買ったこのギター、今58000円らしい・・・・。

c0145198_1862917.jpg


写真で見ても、単板であるから1枚板であることが分かる。
これが合板(ベニヤ板)だと薄い3枚の板が接着剤でくっついているのである。
当然、TOPが合板だと板が震えないので音が小さい。単板であるからこそ、いい音が鳴るのである。


さて、しばらく、弦を張ったまま(緩めているが)にしていたが久々に交換してみた。
弦を全部外し、フレットの汚れを専用のプロテクターを付けて磨く。そして指板用のオイルで拭くのである。
フレットの右数本は磨いた後、左はこれから磨くところ・・・違いがわかるでしょうか??
c0145198_18111163.jpg
c0145198_1811277.jpg
c0145198_18114073.jpg


さて、ここでギターの状態を簡単にチェックする。
指板から定規を置いてちょうどブリッジの上に乗る状態が健全なネックの状態である。
よく言う、ネック起きというのは定規がブリッジの下に来るのである。
このギターは28年経ってもネック状態は良好である。これは私のメンテのお陰だろう(笑)
c0145198_18194683.jpg
c0145198_1820348.jpg


あとは弦を張り、チューニングメーターで音を合わせてゆく。
昔は音叉(440Hz)で合わせる事をポリシーとしていたが、最近は精密機械でOkとする柔な男である。
c0145198_18224730.jpg



最後に12フレットの6弦の弦高を測定するのである。
ちょうど12フレットはナットとサドルの中心点で、この弦高が3.0mmまでなら健全な状態と決めている。
通常は2.5mmくらいなら最高であるが、それより低いと全体的なギターの状態を調整しないと
各フレットと弦が演奏中に触れてビビリの原因になる。腕のいい人は2.0mmでもビビラないギターを作れます。

c0145198_1826438.jpg



これで、ようやくジャ~ンと弾いてみる。
う~~ん、28年前の音であるが、決していい音ではない(笑)
やっぱりTOP板は単板であるが、サイドとバック板が合板なのでギター全体で鳴っているのはなく、
表面的な軽い音なのは否めないな・・・・・・。

しかし、欠け換えのない私の原点!宝物であることに一点の曇りもないのである。
by eos1d3 | 2013-08-25 18:28 | 徒然に | Comments(2)
Alfa Romeo D.N.A
ジュリエッタにはAlfa Romeo D.N.Aという機能が付いている。
簡単に言えば走行モードを変える事が出来るのである。

「Dynamic」:Dモードは34.7kgm/1900rpmで2000回転までに最高のトルクを迎える。
それはそれは凄い加速である。

一方、
「Normal」:Nモードは通常のモードでそれでも30.6kgm/4500rpmである。
ただ4500回転まで回さないと最高のトルクは迎えられない。

最後に
「All Weather」:AモードはVDCが積極的に作動して制御されたエンジンレスポンスになります。
トルク特性はNモードと同じです。


さて、今回初期点検を受け、もうDモードOKですとお墨付きをいただき、その後初めて高速に乗ったので
思い切って、Dモードにしてやった。
操作は簡単である、まずこれは通常のNモードのディスプレイである。
ミッションレバーの前にあるスイッチをDの方向に切り替えるだけで、トルク特性がが大きく変わります。

c0145198_1911021.jpg
c0145198_1912613.jpg



Dモードにするとディスプレイにチェッカーフラッグ?らしきものが表示され、ハンドルも固くなります。
その瞬間、爆裂なトルクに包まれ、あっという間に景色を飛ばしてしまいます。

c0145198_1944667.jpg
c0145198_19545100.jpg



いやぁ~、ほんま凄いです。
僕は普通のNモードで十分楽しめます・・・・・・。
高速だけDモードにしよう・・・・・。
by eos1d3 | 2013-08-24 19:09 | 徒然に | Comments(2)
いったいいくら?
c0145198_19432986.jpg




それにしてもGT300クラスはバラエティーに富んでいる。
スバルのBRZやホンダのCRZと言ったような公道でもおなじみのクルマもあれば、
マクラーレン、アストンマーチン、AMG SLSといった超高級スーパーカーで
公道でほぼ見ることがないようなクルマまで一緒に走っている。

ただ、いろんなレギュレーションがあるのでマクラーレンがBRZに負けてしまうのがSGTである。
これらのクルマの素の力をみてみたいものである。
by eos1d3 | 2013-08-23 19:48 | 徒然に | Comments(2)
出会い
このBLOGで何度か書いている通り私は長渕剛のファンである。
ちょうど中学2年生のときに家族ゲームIIが流行り私もその時にNEW アルバムとして
売り出された「HOLD YOUR LAST CHANCE」を予約して購入した。

このアルバムが私の人生初めてのLP購入であり、それは記念すべきものだった。
私の携帯アドレスをご存知の方はこのアルバム名が使われていることは容易に分かると思います。

さて、芸能界でも彼のファンは多いらしく芸能界でも噂になっていた2004年8月21日の
「桜島オールナイトコンサート」に私も行きました。
桜島フェリーに乗り溶岩が転がる野外コンサート会場までひたすら歩きました。
夜の9時半くらいから始まったコンサートが終わったのは翌朝6時頃だったでしょうか、
桜島から登る朝日が本当に美しかったです。
このBLOGを見ている方で、「桜島オールナイトコンサート」に行った方はどれくらいいるでしょうか??

その時の半券やフェリーのチケットをWEBで公開しました。
c0145198_19272843.jpg



さて、今回の鈴鹿1000kmレースではサポートレースとして86/BRZレースも行われておりました。
土曜日に予選と決勝があったので、日曜日にはもういませんでしたが、その中で今レーサーとして
活躍中の「長渕蓮」選手の名前がありました。
そうです、彼は長渕剛、志穂美悦子夫妻の次男であります。

長女は文音(あやね)ちゃんで最近女優として映画デビューしましたね。
彼女が産まれた時には「NEVER CHANGE」という曲を発表しました。1988年でしたっけ?
ちなみに長男は「航」(わたる)くんである。


私は、パドックを探して蓮選手のBRZを見つけました。
そして、エンジニアの方と熱心に話している彼を発見しました。
c0145198_19404673.jpg

c0145198_19414621.jpg
c0145198_1941578.jpg



そうして、待つこと10分、ようやく写真を撮らせていただくことが出来ました。
もちろん、私が父上の大ファンであることは伏せております。
ただ、一言二言話が出来、お写真を撮らせてもらってそれだけで十分でした。
c0145198_19434946.jpg


長渕剛が九州から出てきたときがちょうど彼と同じ20歳のとき。
「雨の嵐山」という曲でしたが、その時の剛と目元がそっくりであります。

もし、彼がこの先、日本のTOPカテゴリーに上がってくるなら、
一生懸命写真を撮りたいと思いました。

あ~、それにしても感無量!
by eos1d3 | 2013-08-22 19:50 | 徒然に | Comments(4)