無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
ゼクさん、こんにちは! ..
by wataru-wata at 10:37
wataru-wataさ..
by ゼク at 21:17
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:31
ジュニアユースさん、私は..
by ゼク at 18:45
ゼクさん、こんにちは。 ..
by ジュニアユース at 22:25
鍵コメさん、情報をどうも..
by ゼク at 12:44
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
<   2014年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧
ジュリエッタで
c0145198_2035020.jpg


昨夜遅くに大阪を出発して、明け方に
富士に着く予定でした。
サーキットの時の車は必ずセレナでしたが、
今回は荷物も全部セレナに積んでから
ジュリエッタで行くことを決心した。


まだ結婚する前の22年前、妻とミニで
富士SWに行ったのを思い出しました。

あの時と同じMTで昔を思い出しながら
走りました。

いつまでたっても心少年。
やはりMTは乗っていて楽しい。
by eos1d3 | 2014-11-30 19:57 | 徒然に | Comments(0)
旅館風
c0145198_19422534.jpg
c0145198_19423438.jpg




よく旅館に行くと夜ご飯のときに出てくる一人鍋セットを4つ分購入!!
固形燃料もたくさん買って、家族で一人にひとつ鍋!!

しゃぶしゃぶ、湯豆腐、すき焼き、何でも行けます!!


さぁ、身体が温もったら富士へ出発~~~。
by eos1d3 | 2014-11-29 19:46 | 徒然に | Comments(0)
空気圧
先日、普通の家では絶対に家族に反対されるエアーコンプレッサを購入したことをBLOGに書いた。
嫌がる妻を、「これがあったら自転車の空気も楽々入れれるで~~」と説き伏せ、実際にやってみせた。

まず、コンプレッサーのスイッチをONにすると、ダブルピストンなので2~3分で7.0kgf/cm2に達し
自動的にストップした。そして自転車空気用のツールをつけて空気を入れると、「プシュ~~」と
一気にタイヤが膨らんで空気が入る。

妻は、「破裂しそうで怖いくらいにすぐに空気が入った」とご満悦であった。

次に2台の自動車のタイヤ8本にもそれぞれ空気を入れる。

私のジュリエッタであるが規定の空気圧は前輪が2.6で後ろが2.3である。
一般的には給油時にガソリンスタンドで入れてもらうのが普通であるが、それは本当は注意が必要だ。
タイヤ空気圧は冷えた状態で計測しなければならない。ちょっと走るだけでタイヤは摩擦し熱を持つ。
冷えた状態で測るにはずっと止まっていた状態で測るしかないのだ!!

c0145198_1993542.jpg



さて、昨日ご機嫌に2.6kgf/cm2まで「冷えた状態」で空気を入れた。
そして今日、2時間走って空気圧を見るとご覧の通り2.8を示している。

やはり、温まると空気は膨張するんだと実感して、もし温まった状態で空気を入れるのであれば
ちょっと高めに入れないといけないと思った瞬間であった!
by eos1d3 | 2014-11-28 19:11 | 徒然に | Comments(4)
2014 Nismo FESTIVAL タイスケ
c0145198_1840420.jpg




ついにニスフェスのタイスケが発表された!!
今年は近藤監督のトークショーは2つあるようだ。

ルマントークショーと監督トークショーだ!!


ニスフェスのイベントガイドを見ているとどうやら私の姿が写っているぞっ!!
しかもそのレンズの方向はしっかりと近藤監督の方を向いているではないかっっ!!
横には息子も写っている!これは昨年のオープニングの写真ですね。
そう言えば、すぐ後ろにプレスのカメラマンがいたような・・・・・。
あ~~、恥ずかしい・・・。
by eos1d3 | 2014-11-27 18:45 | 徒然に | Comments(0)
第65回 NHK紅白歌合戦
c0145198_19069.jpg



大みそかの歌の祭典『第65回 NHK紅白歌合戦』の出場歌手が発表された。
今年のテーマは、「歌おう。おおみそかは全員参加で!」。
紅組司会は吉高由里子、白組司会は嵐、総合司会は有働由美子アナウンサーが務める。


私が子供のころ、特に1970年代後半から1980年代はアイドル全盛、ニューミュジック全盛、演歌全盛で
一番歌謡界が盛り上がった頃だったように思う。
TVが家族の団欒の中心にあり、TVがまだパーソナルになる以前の話で、みなが同じ歌を歌えた。
その頃の紅白はまさに「国民的番組」であり視聴率80%なんて言うときもあったようだ。

平成に入り、PCの普及からネット全盛期に入り2000年初頭よりCDは売れなくなり、今は歌謡界は
AKBや嵐等の一部のアーティストのものしか売れずに低迷しているのが現状である。


そう言った時代、日本レコード大賞もほとんど盛り上がらず、同様に紅白もその出場者の決定に
関係者は頭を悩ましていると想像が付く。出場者の一覧を見て、すでに歌手かどうか分からない人も
出ており、一年に一回の歌を聴くのが紅白のときという人も少なくない。北島三郎さん、布施明さんの
ように後進に道を譲る人は素晴らしいが、いつまでも拘っていても・・・と考える。

赤組はAKB関係が4組、白組はJ関係が6組と以前強さがある。

白組の方が3組少ないと言う事は赤組の不戦勝??
それとも噂される、サザンの出場があるのか??
興味はないとは言っても、やっぱり気になる。

そして、やっぱり大晦日は間違いなく紅白を見てしまう。
きっとそれが日本人の正しいスタイルなのかもしれない。
だからこそ、いつまでもずっと出場しておきたいのは想像が付く。
どちらにしても、白組の残り3組に期待しよう!!
by eos1d3 | 2014-11-26 19:14 | 徒然に | Comments(0)
オイルレス エアーコンプレッサー ACP-13SLA
以前からシングルピストンのエアーコンプレッサーを使っていたが、どうにも音が大きすぎて
使うのを躊躇するほどだった。ダブルピストン式の本機は実に静かで(掃除機程度)
エアー充填も非常に速い。

仕事ではスタッドレスタイヤへの交換で、今は電気式のホイルナットレンチを使っているが、
これで何とかエアー式のものも使えそうだ。


c0145198_193580.jpg
c0145198_1932093.jpg


このタイプの(ダブルピストン式)タンクには30L、25L、13L、6Lとあり最初は
30Lが欲しかったが、妻の「そんな大きいのどないすんの?」と猛烈な反対に合い、25Lも
そんなに変わらないので13Lに落ち着いたのだった。

最初に電源を入れて0.2MPaまで溜めてみたが、あっというまで音も本当に静かでびっくり!

c0145198_1984085.jpg



左のゲージはタンク内の圧で右のゲージはその圧の中でどれだけの圧で排出するかである。
チャック式のツールを色々換えれば、自動車、自転車の空気を入れることはもちろん、
ホイルナットレンチ、サンダー、タッピングビス打ち込み等、何でも使える。

c0145198_1911774.jpg



車の空気圧は通常タイヤが冷えた状態で計測する。
しかし一般的にはガソリンスタンドの給油の時点で入れてもらうのでタイヤは温まり、
空気圧も大きくなっている。ジュリエッタは前輪2.6kgf/cm2で後輪は同2.2である。
これだけ入れてもらっても、家に戻り冷えた状態で計ると2.2の2.0程に落ちている。

これで洗車ごとに空気圧をチェックしてスペアタイヤにも十分に入れる事ができるぞ~~!
by eos1d3 | 2014-11-25 19:13 | 徒然に | Comments(0)
舞洲にて
c0145198_1941957.jpg




今日は昼から日本橋に買い物に。
そこから舞洲に息子を迎えにいきました。
秋から冬になったようで舞洲には人の姿がありません。


落ち葉が歩道に落ち、夕日が照らします。

向こう側には三輪車に乗った幼子とそれを見守る父親、
そして黄昏に染まる散歩道!!

う~~ん、こりゃ5D2+70-200/2.8があれば抜群の写真が撮れた・・・と思っても
こんな時はカメラを持ってきておりません。
仕方なくiPhone5Sで撮影。やっぱり自分の思ったように撮れなかったなぁ~~。
by eos1d3 | 2014-11-24 19:46 | iPhone5s | Comments(0)
160cm
あんなに小さかった息子がどうやら母親の身長に並んで超えたような気がする。
うちの場合、長女と長男は4歳開いているのでいつまでも息子は赤ん坊のように思うが
実はもう160cmにまで成長したのだった。

c0145198_2213810.jpg



ところでこの160cmと言うのには深い思い出がある。
実は私も160cmになればステレオを買ってくれると親が約束してくれたからだった。
1983年、私は中学生になるとそれまでほとんど興味のなかった音楽に急激に興味を持ち出した。
そこで、当時まだ高価だったステレオを親にねだった。
その頃のうちの音楽再生の道は、シングルスピーカーのラジカセにカセットテープという方法しかなかった。
それをコーセー化粧品歌謡ベストテン(FMで確か土曜日の13時から)から録音して聞くしかなかった。

私は大好きだったキョンキョンや聖子ちゃん、もっとも興味があった長渕剛も二つのスピーカーから
別々の音が出てくるステレオから聴いてみたかった。
そこで父の身長が160cmでその身長を超えたらステレオを買ってやると約束まで漕ぎ着けたのだった。


息子は中一の11月で160cmだが私は中二の11月に160cmになった。
なんどもなんども家の柱にしるしをつけてようやく160cmになったので日本橋にONKYOの
ステレオを買いに行った。そしてそのステレオが家に届くという日の前の日に祖祖母が亡くなり
1週間伸ばして配達してもらったことも良く覚えている。



初めて聴いたステレオは最高だった!!
大人の行為と思っていたレンタルレコードで長渕剛を借りて録音した。
返すときに店員が傷がついていないかジロジロ見る!あの瞬間は緊張した。

30年過ぎていまの音楽状況は目まぐるしく変わり、私の子供達は
ステレオなんて昭和の化石みたいなもの全く興味がない。
iPhoneがあれば簡単に曲が聴けるし、レンタルする手間もない。


ただ、自分の息子が160cmになって、自分の160cmになったことが昨日のことのように思い出せる。
結局私は177cmにまで成長したが、息子も同じくらいに成長するだろうか??
とにかく、健康に注意して大きくなって欲しいと思う。
by eos1d3 | 2014-11-23 22:28 | 徒然に | Comments(0)
2014 Nismo FESTIVAL へ
先週でSUPER GTが終わり今年のモータースポーツもいよいよ終了か!!
一年もこれで終わりか!!と時間の経つことの早さをしみじみと感じておりますが、
我が家にはまだニスフェスが残っているのでした!!


c0145198_1853681.jpg



もちろん近藤監督も参加されます!!
最終戦のもてぎでNISSANワークスのNISMOチームが逆転勝ちしたので
盛り上がること間違いなしのニスフェスになりそうです。



ただ、やっぱり富士SWは大阪から遠い!!
今年は5月のSGTに行きましたが、運転の遅い私は片道6時間はかかる。
毎年は土曜日に早めに行って泊まって日曜日に備えていましたが、
今年は日曜日の朝に着くように出て日曜日に泊まって月曜日に戻ってくる予定で行こうと思っております!
by eos1d3 | 2014-11-22 18:56 | 徒然に | Comments(2)
3回目
CAPA流し撮りGPの第7戦の結果が出た。
今月は第3戦以来3回目の入賞(4位)をいただいた。
先月は今年初めての予選落ちしポイントも全く増えないままだったので
今年もこのままフェードアウトか?と諦めていたところであったので実にほっとした。



c0145198_18343425.jpg



私は基本的にEXIF情報の残しているのでデーターを見れば分かるが、
この写真は限界に近い悪条件での撮影だといえる。

まず二重の金網がありずっと遠くにマシンが走る。
私のメイン機材は一昔前のEOS-1DMarkIV + EF500mmF4LIS である。
現在フルサイズ機の1DXとII型の超望遠が主流の中、カメラは5年前、レンズは7年前に購入した
ものをずっと大事に使っているのであった。

上記機材に更に古いI型の2倍テレコンを装着して1000mm(35mmフィルム換算1300mm)
しかも絞りは開放のF8でシャッター速度は1/8秒、ISOは100で撮影している。

流し撮りであればシャッター速度が落ちるので絞り込むのが通常である。
従って被写界深度は深くなりAFを使わずしても置きピン(MF)で十分に狙うことが出来る。
しかしここは既述の通り二重金網があるので絞ると金網が写ってしまうのである。

そこで苦肉の策としてND8を使う。
それによって絞りを開放にして深度を浅くして出来る限り金網を消す。
しかしその為にピント合わせが実に難しくなり撮ってはピントリングを少し回しの繰り返しで
全てマニュアルフォーカスで狙うことになるのだ。


この日は金曜日でこの時間は既に曇っていたために功を奏した。
ピーカンならばND8を使いISO50にしてもシャッター速度1/8を得られずにこの写真は撮れなかった。
縁石の紅白の軌跡と狙うはフェラーリーマシーンだけなので(この写真のテーマはFerrari Red)
どうしても1/8は必要だったのである。

結構暗かったのでISO50を100に上げて1/8を確保してようやく最後の最後に思ったのが撮れて、
満足して帰ったことを今でも覚えている。


狙って撮った写真で入賞できて、それが一番嬉しい。
こう言った瞬間に出会えることがカメラマンにとって喜びに違いないと思う。
by eos1d3 | 2014-11-21 18:50 | 徒然に | Comments(6)