無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
<   2015年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
Yupiteru DRY-FH23 取り付け
とりあえずドライブレコーダーを購入し一旦どんなものか使ってみた。
フロントガラスに吸盤類を付けるのは法律違反であるが、ドライブレコーダーは
ガラスの全体の20%の上部であれば合法らしい。
そこで、場所を決めて取り付けとりあえず付属しているシガーライターから垂れ流しに
接続し1日使ってみた。特に問題はないようなので、op-e487というバッテリー直付け
の純正電源コードを購入しそれで繋ぐぎなおした。


c0145198_18313394.jpg


とは言ってもバッテリー直付けでは常時電源になるのでエーモンから出ている
ヒューズから電源を取れる商品を利用!
ジュリエッタのヒューズBOXはハンドルの下のカバーを開けると丸見えである。

c0145198_18331076.jpg


説明書にあるヒューズ図を見て、ACC連動のヒューズを見つけて、そこに接続した。
アースは近くのボルトから取って、ACCで電源が入ることを確認。

後は配線をピラーに隠しながらきれいにセットできました。

これで、もう事故しても大丈夫!!
そして自分とかかわりのないものでも決定的瞬間を撮れるようになりました!!
by eos1d3 | 2015-03-31 18:35 | 徒然に | Comments(0)
オーディオ
c0145198_2019546.jpg





今や音楽はiPhoneで聴くと言うのがおそらく主流であろう。
私の娘も息子も例外でなく、ネットでダウンロードしてはiPhoneのなかに取り込み
それを聴いている。

私は基本的に音楽を聴くときはスピーカーから現に室内の空気を震わせて
鼓膜を揺らす方法を良しとしているので旧型の化石のような「ステレオ」を使う。

もうステレオと言う言葉も死語なのかもしれない。
その昔、モノラル録音に対して左右違った音を録音するステレオ方式と言われた。
TVでもステレオ放送のときは、どうだと言わんばかりに「ステレオ放送」と表示された。

このステレオは私が大学のときだからもう20年以上も前に買ったものだ。
そこから一向に壊れない。ほとんど使わないが決して壊れない。
先日、SONYのCD,MD,TUNERが余っていたのでそれも接続してやった。

このように昔のステレオコンポと言うのは何段も組み合わせるのがカッコいいとされていた。
積めば積むほどにカッコいいのだ!!今ではハイレゾなんて1段しかなくてもいいらしい。

c0145198_20294091.jpg


新しいものが好きだったのでMDもすぐに買った。
録音できるCDだとたいそう驚いたが今は昔、今やデジタル録音するなんて簡単なことだ。


簡単に音楽を聴くことの対極にあるこのシステム。
聞くには電源だけでも何個も入れなければならない。

その通り!!昭和時代その昔は、音楽を聴くことは非日常の特別なことだったのだから。
by eos1d3 | 2015-03-30 20:32 | 徒然に | Comments(0)
ドライブレコーダー 
今日ジョーシンに行ったら何か知らんけど買うてもうた。
後で調べたらこのモデルは量販店専用モデルらしい。
しかもフルハイビジョンでは秒間10コマでしか撮れないようだ。
調べて買わなかったから仕方ない!

ついでにマイクロSDHC32GBも購入。
まぁ、僕の場合は自分から事故することはあまりないと思うけど、
何かトンでもないものが走りながら撮れたらと思い購入しました!!

c0145198_2219178.jpg
c0145198_22192923.jpg



付けた人の話によると、ほとんど使わんらしい。
とりあえずシガーライターから電源を取り、今度直付けコードで配線しなおそう。
by eos1d3 | 2015-03-29 22:20 | 徒然に | Comments(0)
突如の大叩き
c0145198_18583698.jpg




木曜日に半年振りにゴルフに行った。前に行ったのは昨年の10月で、それから練習はもちろん
クラブすら握っていなかった。

久々の1番ティーインググランドに立ちDRを構えたが、特に緊張しなかった。
左に引っ掛けて普通ならOBだが、北六甲の東は結構広いのでセーフのところが多い。
そのまま狙いが定まらないまでも7番終了まで+7とボギーペースで回っていた。

ところが8番ホールにきて、380yのPAR4、ティーショットが当り、残り130yの打ち上げが残った。
FWからだったので9Iで思い切り打てばそこそこには届くと思い渾身の力をこめてショットした!

ところが、やはり練習不足と運動不足から疲れが出始めたのか、大ダフリしてしまい、
40yしか飛ばなかったのだ。それでも、またFWにあったし、PWで軽めに打とうとしたのが、
大きく右にソケット、右側の谷に落ちて、そこからSWで出すだけ。しかし目の前にバンカーがあり
TOPして簡単に入れてしまった。

もうそうなれば、のうみそは異次元の方向に向って飛び出す!!
バンカーの中で10打ほど打っただろうか、もう思考回路もままならぬまま虚人のようになってしまった。


結局、このホール、記憶にもない18打を叩いてしまった。

大崩は得意わざであるが、ここまで大叩きはありえない!!
しかもOBは1球もなしで、実際に打った回数が18である!!

もう当分、ゴルフは止めようと誓った、苦い思いだった!
by eos1d3 | 2015-03-28 19:09 | 徒然に | Comments(2)
飛行機事故の結末
先日BLOGに書き、今もまだ原因が究明されていた飛行機事故に驚くべき事実が判明した。

それは何と事故の原因は機会や機材の故障や気候天候に関係あるのではなく、
操縦士自らが乗っている飛行機を墜落させたというものであった。

ニュースでは当初、原因をなかなか説明できずにいたが、専門家の間ではおそらく、
操縦士が自ら落としたということは考えられていたのだと予想する。
元パイロットの証言から、こういう事故は操縦士が失神や意識不明にならないと起こり得ないと
言っていたし、そうなれば2人とも同時に失神すると言う状況があったのかと疑問になる。
そうなると、考えられるのは操縦士が墜落させたといしか考えられない。


2001年の同時多発テロ以来、コックピットの出入り口の施錠はより厳しくなったらしい。
それが故に、キャプテンでさえ一度外に出て中から締められればもう二度と中には入れない
システムになっているのだという。



これは事故ではなく事件である。
それも一番信頼している者が裏切るというヒューマンエラー。
ヒューマンエラーと言うのには色々あり人為的ミスも含まれるが、
意思があり思想があり考察の出来る人であるからこそ、その人の脳の中までは見抜けない。
最終的にその人間自体がエラーであっても最悪の結末を迎えてようやく知ることになるときもあるのだ。


例えばその場面で一番信頼しているもの、いや信頼していなければ成り立たないものとして、
飛行機のパイロット、電車の運転手、バスの運転手等の命を預ける乗り物の操縦関係者。
事件警戒に当る警察官に殺されるときもあるだろう。或いは一番信じている親に殺される
子供も後を絶たない。高級レストランで食べるおいしい料理に対する料理人にも言える。
料理に毒を入れて殺害することは難しくないだろう。


しかし、こんな事を心配しては毎日生きていけない。
飲食店に入るたびに食べ物に毒が入っているか否か?
乗り物に乗るたびに運転手はまともなのか否か?
守られている警察官が本当は殺人犯か否か?


今回の飛行機事件を知って、もう飛行機には乗りたくない気分でいっぱいになった。
本当に怖ろしい。むしろ知らなかったほうが良かった最大級のニュースであった。
by eos1d3 | 2015-03-27 19:03 | 徒然に | Comments(2)
大きいタイヤ
今日ゴルフの帰り道でのこと、事故渋滞が酷くて高速に乗ってから降りるまでの
ほとんどが渋滞で、通常30分のところ約2時間近くもかかってしまったのだった。

中国道の3車線を大阪に帰っていると私は真ん中の車線を選択。
すると左の車線にそれは大きな大きなタイヤをたくさん載せたトラックが
2台見えたのでした。
ほとんど動かない渋滞の中、そのタイヤに近付きたくて頑張ってもなかなか追いつかない。
もうちょっとで追いつくと思うと、また左の車線が動いて離れて行く。


ようやく1時間経って真横に来るときがきて、そのタイヤがGOODYEARのGT-4Bという
タイヤだと分かった。しかしそれが何に使うタイヤなのかまでは分からない。
そこで、横に乗っていた父は、横に並んだときに運転手に聞くというが、なかなか運転席が
横に並ばない!!ようやく横に並んだ瞬間、聞こうとしたが運転手はトランシーバーで
話していてダメだった!!

家に帰って調べていても、一体なんのタイヤか分からない!!
新品タイヤで重機メーカーに納入するのだと思うのですが、気になって仕方が無い!

c0145198_19172286.jpg
c0145198_19173256.jpg
c0145198_1917427.jpg

by eos1d3 | 2015-03-26 19:17 | 徒然に | Comments(4)
飛行機事故
昨日TVを見ているとニュース速報が流れた。
ニュース速報はほとんどが悪いニュースであるように思っているので
また何か大きな事件か事故があったのか?といろいろ脳裏をさえぎった。


ドイツで飛行機が墜落した。


簡単な一文であるが、いつもぞーっとする。
通常飛行機が墜落したらほとんどが助からないからである。

日本人であれば我々の年代であれば1985年8月12日の日本航空123便の墜落事故を思い出すだろう。
確か、当時中学3年生だった私は親戚と一緒にお盆休みを使い隠岐の島に遊びに行っていた。
民宿で夕食をとっていると、このニュースが飛び込んできたのだった。

当時の私は飛行機に乗ったことがなかったので、あの大きなものが飛び上がることも
やはり時には大きな事故になって墜落してしまうこともあると言う事も考えることはなかった。
しかし、日本航空123便の墜落事故を目の当たりにし、やはり飛行機事故になると悲惨な結果が
覆い、ほとんどが助からないと理解したのだった。

右へ左へダッチロールしフラフラと飛んでいた絶望で満ちた飛行機の中で、遺書を書く人が
たくさんいて、その遺書がTVで公開されていた。
一体、墜ちていく過程で、どんな精神状態でどんなことを思ったであろうか??
飛行機に乗っているのだから、やはり0.001%は落ちるかもと思っていたのかもしれない。

私が初めて飛行機の乗るのはそれから9年を必要としたが、それでも最初に乗るときは
ひょっとして落ちるかもしれないと思った。そして、それから幾度となく海外旅行にも行きその度に
落ちるかもしれないと思っているが、実際には安全に目的地に達している。



今回のドイツの飛行機事故は今までの墜落映像の中でも一番悲惨な感じがする。
もう何もかもバラバラだ。あのバラバラの中に100人以上の乗客の命が亡くなっていると
思うと辛くて、悲しくて仕方が無い。

やはり飛行機は怖い。
いくら自動車より事故率は圧倒的に低いといっても、僕は怖くて仕方がないのである。
by eos1d3 | 2015-03-25 19:30 | 徒然に | Comments(0)
2015 冬ドラマ  最終回
c0145198_18413490.jpg




今クール冬のドラマの全ての最終回を見終えて感想を書きたいと思います。

月曜日
警部補杉山真太郎は難なく最終回を迎えたと言う感じであるが、元々のテーマである
家族のためにどうやって刑事を続けるかという話にようやく戻った感じがした。
長年続いたTBS月曜20時のドラマ枠もこれで終って次からはバラエティになるらしい。
子供のころから慣れ親しんだ水戸黄門もこれで永遠に見れないと思うと寂しい。


デートはやはり結論的に44歳のおっさんが見るには厳しかったといわざるを得ない。
どっちとどっちがくっついた離れたなんてよく最終回までみたものだと感心した。


火曜日
ゴーストライターは最終回前に5ptと高得点だったが、最終回は共同著者となって
本を出すとか少々考えられない展開になってしまった。しかし今クールでは一番面白かったといえる。


銭の戦争はホワイト化学は手に入らなかったけど、お金の世界からついに逃れられるかと
思ったとたん、最後にまたお金にまみれた生活に戻っているという終り方だった。
続きがあるのかないのか分からないが、少々踏ん切りの悪い終わり方だった。


水曜日
〇〇妻は先日感想を書いたので省略


木曜日
問題のあるレストランは何しろ毎回盛り上がりそうで盛り上がらない脚本だったといえる。
何もかもが中途半端だった。訴訟に踏み切った後の裁判の詳細を描いたシーンもないし、
スプーンを落とした詳細も何も分からないまま、閉店し海の近くに開店したいと言う、
無理な設定は興醒めだった。


金曜日
ウロボロスは最終的にナゾが究明されて2人が死んでしまうという結末だった。
これで良かったのか、敵を討たずにそれで満足だったのか?どうにも心残りに最後だった。


日曜日
流星ワゴンは2ptまで落としていたが最終回でようやくこのドラマのテーマが見えたような気がした。
カズの家族と、忠さんの息子を思う気持ちが、なかなかまどろこしく進まないドラマの展開に
何度も癇癪を起こしそうになったが、最後に亡くなる時に「朋輩じゃ、忠さんじゃ」と言ったときに
このドラマのすべてが凝縮されていたように思った。




さて、4月からのドラマも楽しみである!
by eos1d3 | 2015-03-24 19:01 | 徒然に | Comments(0)
懐かしい写真
c0145198_19332827.jpg





懐かしい写真を引っ張り出してきた。
この写真は2009年のPOKKA700kmでの日曜日決勝前の
ADVANトークショーの一場面である。

この頃、YOKOMAHAタイヤユーザーのチームが
GT300とGT500に分かれてトークショーを行っていた。
KONDO RacingはGT500でのYOKOMAHA ADVANタイヤユーザーなので
近藤監督や当時JPオリベイラ選手や荒選手のトークショーがあり、ずっと場所を
確保するために三角座りしながらGT300のトークショーもじっと聞いているのであった。
とにかく灼熱地獄の中、聞くも話すも非常に忍耐の入るトークショーだった記憶がある。


この年は、ダイシン アドバン Ferrariとエスロード MOLA Zの各ドライバーがトークショーにのぞんだ。
特にMOLA Zは星野・柳田コンビでこのレースを制している。
ダイシンの方は藤井・青木選手がメインの選手で、700kmレースと言う事でサードドライバーが
認められてるので3人目がこの写真に写っている。そのダイシンの3人の後ろに座っているのが
青山光司ドライバーで、今回女優の観月ありささんと結婚した方である。

長いこと写真を撮っていると、こんな写真も撮れるもんだとHDDから引っ張り出してきた!
by eos1d3 | 2015-03-23 19:48 | 徒然に | Comments(2)
救急病院 ~~丁寧だけど親切でない~~
c0145198_16493466.jpg



先日このBLOGで書いたようにどうも腹痛と吐き下しが治まらない。
木曜日からおかしいと思っていたので、既に4日間、休暇日だった昨日も
結局は1日中布団に入って眠っていた。
熱こそそんなに上がらないものの体はだるくてフラフラする。

症状を調べてみるとひょっとしてインフルエンザのB型かもしれないと思い
日曜日の救急病院に行ってみた。
大きな病院なので救急外来で来る人も多いと思いましたが、入ってみると凄い人!
受付で2時間以上はかかると言われたが、インフルエンザだと明日からの出勤にも
差し支えるので診断を受けたかった。

結局、2時間ちょうど待って、順番が回ってきた。
症状を伝えると、インフルエンザB型はワクチンを打ってないと38度は熱が上がるので
きっと風邪系の胃腸炎だと言う事だった。もらった薬もビオフェルミンだけという2時間待って
本当に良かったのか?というものだった。

まぁ、医師に観て貰ってスッとしてきっと今日寝れば明日は良くなると信じるのであったが、
私が文句を言いたいのは緊急外来の受付の対応である。

緊急なのだから、何人来るか分からないし、それなりに緊急状況だから来ることを分かっている
のだろうか??日曜出勤させられて、また外来が次から次にきてイライラするのは分かるが、
言葉と態度は丁寧であるが全く親切ではないといえるのだった。

医療に関わる仕事をしている者として、もう少し形だけでも親身になって受け付けるとか
相談に乗る姿勢がないものか?言葉っ面は丁寧を装っているが、心の中は「あ~、もう
忙しいのに、たいした病状でないのに明日近くの街医者へいけや~」と聞こえて仕方ないのである。

人間あぁなってはおしまいである。
もし、訪れた病人が自分の家族なら・・・ということを考えてもう一度最初からやり直して欲しいものである。
by eos1d3 | 2015-03-22 17:02 | 徒然に | Comments(0)